風邪

何年振りかに風邪をひいてしまったのでありまて、ここ数日ボ~ッとしております。そんな訳でクラッシュしかけのデスクトップパソコンのHDの避難を試みてみたりしたのです。しかし、思考力のない状態ではデータ整理をしてからの方がいいのか、避難後のデータ整理がいいのか判断がつかず(ボチボチ壊れそうではあるがいつ壊れるかわからないので判断が難しい)、データを眺めていましたが決断しました。これは判断ではなく決断する事なのであると・・・・。
結果的にその決断とは、今は思考力ゼロであるからしてパソコンの電源を入れっぱなしにし、思考力回復までの時間稼ぎをする事。すなわち課題の先送りであります。

2005.08.17のデータ
DSC_7291-s.jpg
新穂高から「カミオカンデにいってみるか」と神岡へ

小柴さんは当然なんですが、戸塚洋二さんWikipediaしてみました。
引用-->
1997年からは東京大学宇宙線研究所長。翌1998年、スーパーカミオカンデでニュートリノ振動を確認し、ニュートリノの質量がゼロでないことを世界で初めて示した。2001年に起きたスーパーカミオカンデの光電子増倍管の70%を損失する大規模破損事故の責任を取る形で東京大学を辞職することになるが、翌2002年には高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所教授となった。2003年より2006年まで同機構長。
2007年、アメリカ合衆国版ノーベル賞ともいわれるベンジャミン・フランクリン・メダル(物理学部門)を受賞。
2008年7月10日、直腸ガンのため逝去(66歳没)。
2002年のノーベル物理学賞受賞者であった小柴昌俊の愛弟子の一人であり、ニュートリノ振動の発見により、ノーベル物理学賞の最有力候補とされていた中での惜しまれる逝去となった。彼があと3ヶ月生きていたら、2008年ノーベル物理学賞受賞者は戸塚洋二氏だったろうと言われるほど評価は高かった。
<--引用終り

2006.08.18弟撮影(道の駅「スカイドーム神岡」の模型)
abc1-s.jpg
光電子増倍管
2005年8月に行った時はスーパーカミオカンデの再建か始まってすぐのようです。この夏3ヶ月で光電子増倍管約40000本に保護ケースをはめる・・・・。2006年8月弟が行った時少し前に再開したようです。確かに一本割れると連鎖し破壊するかもしれませんねえ。

昔の写真で話が意味もなく連鎖しております。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply