5月2日(月)

数週間前から歯が痛みどうしようもない時は鎮痛剤を服用していました。その結果胃もおかしくなりこれは医者に行かなければと覚悟を決め出向いたしだいです。
連休中のことでもあり応急処置として、おそらくですが杵と臼の関係が天接点になっているのを上下(杵・臼)を削り面接点に変更し衝撃をおさえ、化膿しているための消毒と化膿止めの薬で連休を乗り切り、本格的復旧工事は連休明けからとなりました。
ここからが本題でして、鎮痛剤は腰痛の時にもらったものを飲んでいましたが、それがまだあるということで歯医者さんからは頂きませんでした。そして以前にも書いたことがあるのですが、鎮痛剤はどこに効くのか、痛みはどこで感じているのかです。
アイスクリーム頭痛は、たしか喉の冷たさを頭が痛いと勘違いするとのことで、この場合正しく喉がという情報が伝わって脳が勘違いしたのか、すでに喉ではなく痛いのは頭だと誤った情報が伝わったのかはわかりません(喉と頭が近いので)。
内服薬で頭痛薬は聞きますが、腰痛の湿布薬はありますが鎮痛剤はまだ聞いたことがありません。局部麻酔は湿布薬で全身麻酔が鎮痛剤の内服薬のようなものと思われます。要するに肉体的と精神的の違いまさにそれかもしれませんね。

有田陶器市
IMG58355-t.jpg

IMG58423-t.jpg

IMG58365-t.jpg

IMG58421-t.jpg

IMG58429-t.jpg

IMG58375-t.jpg



スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply