4月19日(火)

今日はみょーな天気でしかも寒かったのです。

石人山古墳 築造は5世紀前半代の終わり頃(古墳時代中期)
IMG57887-M.jpg

石人山古墳の名の起こりとなった武装石人(1.8m)
IMG57888-M.jpg
俗信により痛いところと同じ石人の部分をさすると治るということから、そこが傷んだ原因とされていますが、ただ腰の部分は今日なお丹彩の痕跡をとどめています(赤い部分)。

石室は「竪穴系横口式石室」で
石棺は阿蘇凝灰岩製の「妻入り横口式家形石棺」
IMG57889-M.jpg
長辺の上段に縦の凸帯で5区に分割しています。この5区の中央に重圏文(二重丸の文様)を連接して浮き彫りして、この5個の重圏文に対応する同じ構図の直弧文(直線と帯状の弧線が組み合わされた文様)が、連接して浮き彫りされています。特に弧帯は流麗なラインと起伏で立体的に表現されています。
パンフレットより

やはり、石棺の装飾文様をみてスラスラと説明がでてくるのは、デュアルとかクアッドコアなんかよりやたらとカッコイイ気がしています。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply