4月11日(月)

弁当配達の場所の確認のために菊鹿方面へ、途中「この辺に円筒分水工」があるばいと言ったらM氏がどこね見てみようかと・・・・。昨年の夏に通潤用水小笹円形分水を見て以来分水工は興味深いものの一つです。

御宇田井手の扇形分水(おうだいでのおおぎがたぶんすい)
IMG57798-M.jpg
円筒分水ドット・コム<--クリックで飛びます。
引用ーー>
井手、井路は水路を意味する言葉である。
内田川の水を締め切った御宇田堰から右岸側へ用水を導くが、この扇形分水によって引き込んだ水の一部を御宇田堰下流の内田川へ戻している。
水を取り過ぎないように配慮する施設だ。
内田川の下流には他の取水堰もあるので、川の水をここで全て使い切ってしまってはならないのだ。上流優先の原則はあるものの互譲の精神で水争いを避ける。この扇形分水には円筒分水の魂が込められているのだ。

<--引用終わり 円筒分水ドット・コムより


枝雀
IMG57803-M.jpg
おお昔米朝にはまってましたが、最近たまたま初回枝雀を490円で買ってはまりかけ、5回枝雀1190円も買ってしまいました。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply