3月10日(木)

あることから三戒壇が気になって昼から行ってきました。

引用ーー>
戒壇(かいだん)とは仏教用語で、戒律を授ける(授戒)ための場所を指す。
戒壇は戒律を受けるための結界が常に整った場所であり、授戒を受けることで出家者が正式な僧尼として認められることになる。

戒壇院(かいだんいん)は、福岡県太宰府市にある臨済宗の寺院である。奈良時代において、出家者が正式の僧尼となるために必要な戒律を授けるために設置された施設であり、「筑紫戒壇院」(ちくしかいだんいん)と呼ばれることもある。
古くは観世音寺の一部としてあり、ともに天下の三戒壇と呼び習わされた中央戒壇(東大寺)と東戒壇(下野薬師寺)に対して、西戒壇(さいかいだん)とも呼ばれた。

<--引用終わり

清水山観世音寺
IMG57168-M.jpg

IMG57219-M.jpg
収蔵庫の十数体の仏像

聖観音坐像 像高3.2メートル。治暦2年(1066年)の作。
馬頭観音立像 像高5メートルを超える平安後期の大作。
不空羂索観音立像 像高5.2メートル。貞応元年(1222年)に復興したもの。
十一面観音立像 像高5メートル。延久元年(1069年)の作。
十一面観音立像 像高3メートル。仁治3年(1242年)の作。
阿弥陀如来坐像 平安時代。
十一面観音立像 平安時代。
四天王立像 平安時代。
大黒天立像 平安時代。
吉祥天立像 平安時代。
兜跋毘沙門天立像 平安時代。
地蔵菩薩立像 平安時代。
地蔵菩薩半跏像 平安時代。

を手に触れられる距離で見、圧倒されました。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply