昔の写真で出ていますよ

ハードディスクの断捨離中にありましたので温故・・・・断捨離進まずにネタにします。

引用ーー>
フェドカップ(Fed Cup)は、1963年から開催されている女子テニスの国別対抗戦である。男子のデビスカップに相当する。1963年の国際テニス連盟(International Tennis Federation)設立50周年を記念して、第1回大会が行われた。最初の名称は「連盟」の名前を取って「フェデレーション・カップ」(Federation Cup)といったが、1995年から現在の名称「フェドカップ」に変更された。男子同様、BNPパリバ・フェドカップ(Fed Cup by BNP Paribas)として開催されている。
<--引用終わり

1985年フェデレーション・カップ
ハナ・マンドリコワ
imag123-M.jpg
引用ーー>
ハナ・マンドリコワ(Hana Mandlíková, 1962年2月19日 - )は、チェコスロバキア・プラハ出身の元女子プロテニス選手。1980年代に活躍し、4大大会女子シングルス「4勝」を挙げた名選手である。自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス7位。WTAツアーでシングルス27勝、ダブルス19勝を挙げた。当時の女子テニス界の2巨頭であったクリス・エバートとマルチナ・ナブラチロワの壁に挑み続けた選手の筆頭に位置している。
<--引用終わり

クリス・エバートとマルチナ・ナブラチロワ
imag132-M.jpg
引用ーー>
1978年にプロ入りし、その年にWTAツアーで2勝を挙げる。1980年の全豪オープン決勝戦でウェンディ・ターンブル(オーストラリア)を 6-0, 7-5 で破り、4大大会初優勝を飾った。翌1981年は全仏オープンで初優勝を果たし、シルビア・ハニカ(当時西ドイツ)を 6-2, 6-4 で圧倒したが、ウィンブルドン決勝でクリス・エバート・ロイドに 2-6, 2-6 で完敗した。全米オープンは最初、1980年と1982年の2度準優勝で止まり、どちらも決勝でエバート・ロイドに敗れていた。
1985年の全米オープンで、マンドリコワは同大会3度目の決勝進出でついに初優勝を果たし、同国の先輩選手であるマルチナ・ナブラチロワを 7-6, 1-6, 7-6 で破った。本人の言葉によれば「私は12歳からマルチナのボールガール(球拾い)をやった」ほどの身近な憧れだったが、1986年のウィンブルドンでは5年ぶり2度目の決勝進出で、そのナブラチロワに 6-7, 3-6 で敗れた。1987年の全豪オープン決勝でもナブラチロワと対戦し、マンドリコワが 7-5, 7-6 で勝ち、7年ぶり2度目の全豪優勝で4大大会「4勝目」を飾った。これがマンドリコワの最後の4大大会優勝になる。この年に西ドイツのシュテフィ・グラフが世界ランキング1位に躍進し、女子テニス界は新たな世代交代期を迎えた。
1988年にマンドリコワはオーストラリア市民権を取得する。1990年のウィンブルドン2回戦敗退を最後に、28歳で現役を引退した後、チェコの後輩選手であるヤナ・ノボトナのコーチを9年間務めた。1994年に国際テニス殿堂入りを果たしている。
<--引用終わり

テニスの殿堂
imag122-M.jpg

Wikipedia引用 多謝。

そして1985年の「Wilson ULTRA2」と「Wilson PRO STAFF」が埃をがぶっていますが断捨離できません。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply