ポカポカ天気

アチコチ引用ーー>
節分といえば、「鬼は外!福は内!」といいながら豆まきをしたり、恵方を向いて長い太巻きの「恵方巻」を食べたり、立春前日にあたる節分を年越しと考えて、前の年の邪気を払う「節分そば」を食べたりしますが、その他にも「節分イワシ」・「厄除け鰯」というものがあるそうで、

「鬼は外!福は内!」
使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆 (炒り豆) である。北海道・東北・北陸・南九州では 落花生をまく(大豆よりも回収し易く、殻ごと撒くため地面に落ちても食べられる、等の利点がある)。
豆を撒く際には掛け声をかける。掛け声は通常「鬼は外、福は内」であるが、地域や神社によってバリエーションがある。鬼を祭神または神の使いとしている神社、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としている[1]。家庭内での豆まきで、「鬼」の付く姓(比較的少数だが「鬼塚」、「鬼頭」など)の家庭もしくは鬼が付く地名の地域では「鬼は内」の掛け声が多いという。炒った豆を神棚に供えてから撒く地方もある。
<--アチコチ引用終わり

バイト先に鬼○さんという方がおられるので過去の状況を含め(私は節分はスカンとか?)聞いてみましょう。
北海道・東北・北陸・南九州では 落花生をまくとありますが、たしかに豆まき用落花生がスーパーに並んでいましたがこの分布はどうなんでしょうか?
年明けに母親が「年明けうどん」を食べましたが「節分そば」は知りませんでした。
「節分イワシ」はイワシの頭も・・・・は知ってましたが節分がらみとは?で・・・・なんやかやと面白いというかなんというか理由付けしてまでが、逆転(大切な物(食物)だったのが、なんでも手に入る(食物))利用され本来の意味も解らなくなって、本来の意味や輸入食べ物を気にするのはおかしいでしょうか。

ポカポカ天気にさそわれ和水町の民家村へ

IMG55728-M.jpg

IMGP2649-M.jpg

IMGP2704-M.jpg

IMG55715-M.jpg

IMGP2707-M.jpg

IMGP2720-M.jpg

IMG55739-M.jpg
これでもかというほど長々失礼いたしました。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply