プロトコル

鞠智城の日(10月23日)に光通信方式の実験も行われました。現地では風が強く事前の実験計画の内容も分からず何が何だかでしたが、昨日の朝刊に実験の様子が掲載されていました。

和水町の江田船山古墳と鞠智城の間22.5Kmを山腹の中継所3ケ所をつないで、午前10時半すぎに最初のRR(レシーブ・レディー)がかけられ20分後ACK(アクト・ナレッジ)が戻った模様。

「古代の”警報”白煙リレー」新聞のタイトル
R0013109-s.jpg
風が強く烽火たなびき?横に流れていましたが・・・・。

プロトコル(ISOのOSI的)
引用ーー>
「烽火(のろし)」は、古代の基本法「養老律令」(757年施行)に基ずき各地で整備された。
<--引用終り 熊日より

ゆるキャラ「くまもん」
R0013119-s.jpg
一番活発に動いていました。
チヨマツは1名から2名の介添え人が必要なような動きでそれもキャラクターでしょうか?ロボットにすれば面白いのですが。
ころう君は転んで正体があらわになった瞬間がありました。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply