AYU

今年の8月も今日でおわりですが、K先生の所へ不調パソコンの調査へ、未解決のまま帰宅したところしばらくして「魚ばとりいくぞ」とTEL、断る理由もなくI氏と飛んでいきました。「獲るっかどぎゃんかわからんばってん」とのことでしたが、30匹以上の鮎が獲れたしだいです。

鮎甘露煮
R0011521-s.jpg
夜、胃袋におさまりました。(実に美味かったのです)
川に入ったのは何十年振りでしょうか?収穫があったからでしょうが、野生がよみがえりヨッシャ~!という気分でした。
無論、こちらからは「魚を獲りに行きましょう」とは言いにくいので、手が足りない時は「いつでもお声掛け下さい」と・・・・有難うございました。(はまるかも)

8月 少年時代でした。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 1

There are no comments yet.

田舎亭主  

愛知のNKさん

ご来店有難うございます。(拍手の方でしたがCommentのほうで)

今年から始められたのですか、鮎釣りは難しそうですね。

ついていったのはセバリです。川の中につかり竹で水面を叩き鮎の追い込み係りでした。

セバリは新たな許可書はもう出さないそうで、継続のみのようです。(それほど効率的(一網打尽))

2008/09/01 (Mon) 23:28

Leave a reply