彼岸

彼岸篭りでした。

引用ーー>
①彼岸会法要は日本独自のものであり、現在では彼岸の仏事は浄土思想に結びつけて説明される場合が多くみられる。
②彼岸会の「彼岸」は、「日願(ひがん)」から来ているとも言える。日本に限らず古来から、太陽や祖霊信仰は原始宗教の頃からつきものなのである。仏教語の彼岸は後から結びついたものであるという説もある。
③806年(大同元年)、日本で初めて彼岸会が行われた。このとき崇道天皇(早良親王)のために諸国の国分寺の僧に命じて「七日金剛般若経を読まわしむ」と『日本後紀』に記述されている。

<--引用終わり ところどころWikpediaより

①仏事です。
②私どもはお宮に参ります(神事風)。
③↓の後のようです。

東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)2002.12.30
DSCN1676-m.jpg
752年大仏開眼供養

少なくとも私は何も知らずに役回りとして参加していましたが、②風いつまで続けられるのか疑問で、墓参りだけになっていくのではないかと思われてなりません。

仕分け対象?怒られます。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply