あいたたたぁー

バイト先から帰り、眼鏡屋さんから電話が「○○日に○○で眼鏡や補聴器の展示、メンテナンス相談会を行いますのでよろしかったらおいで下さい」「はいはいどうもどうも」。
その後しばらくして用事があり出かけようとしたら眼鏡がないではありませんか。バイトから戻って立ち寄った場所をことごとく探したつもりですが、発見には至らず予備(ウン十年前の)眼鏡で出かけました。

古い6年前5月17日の
L101073520100517.jpg

だいたい行方不明になるつど紐をつけておこうと思うのですが、短時間で発見できるので思うだけになっていました。今回は未だに発見されてません。

日に日にこのような事が多くなってきています。当然眼鏡が悔しいというより忘れるというのが悔しいので、カウントして管理しようかとも思っています。しかし周りの環境は「あの人」「そうそうあの人」「だれだったっけあの人」「あの人よあの人」「そうあの人」「うんあの人」・・・・と、結局あの人は名前で特定されず通じる状況なのです。おそらく。日本人だけだろうか?印鑑社会の弊害??

あいたたたぁーしかし眼鏡はいずこ?
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply