アイスクリーム頭痛

連休最終日そこそこ暑うございました。

熊本県立装飾古墳館
IMG80300-s.jpg

水遊び
IMG80320-s.jpg

IMG80327-s.jpg

IMG80328-s.jpg

IMG80329-s.jpg

いきなり多量のカキ氷などを食べ頭がキューと痛くなる現象 営業時にサンプリング調査をしたところ、そうはならないと言う方も数名・・・・
引用ーー>
アイスクリームやかき氷を食べると、キーンと頭に痛みが走ることがありますが、これは神経への刺激痛で、これはのどの奥に冷たさを感じる神経と痛みを感じる神経が近づいているため、冷たいものを一気に食べるとこの部分が両方刺激されて(冷たい方だけでなく痛みの神経も刺激されるため)頭痛になります。かき氷を一気に食べるとこの状態になります。なお、この現象はアイスクリームではかき氷ほどはおこりません。これは「アイスクリームはかき氷に比べて凍結部分が少ない」「アイスクリームに含まれる脂肪の粒子や空気の泡が熱を伝えにくく、熱の吸収を妨げる」という理由により同じ温度(同じ冷凍庫に入っていた場合温度はほぼ同じになると考えられる)でもアイスクリームのほうがかき氷より冷たく感じないからです。
この頭痛は「アイスクリーム頭痛」というまるでウソのような正式名称を持っています。これは頭以外の深部痛覚の刺激が「頭痛がする」として知覚されるために起こります。つまり、「度を超えた冷たさ」を消化器表面にある末梢神経が「冷たさ・痛み」と検知するものの、その部位ではなく「頭痛」と知覚されてしまうためです。「バニラアイスなどではならない」ことはありません。かき氷同程度の「量」をかき氷を食べるのと同じくらいの早さで食べてみて下さい。やっぱりキーンとなります。
では、どうして、全然関係ないとこが痛いのでしょう。すり傷が痛いのは、傷口の末梢神経のうち痛みを検知する神経が刺激されるためです。では、頭痛は脳味噌が痛い? しかし、不思議なことに脳の中には、痛みを検知する神経どころか末梢神経はありません。脳は痛みなどを検知する場所ではなく、検知された信号を認識する場所です。その為、痛みと認識したものの、その場所が誤っていれば、痛みの原因がそこになくても、そこが痛いと認識します。
頭痛は、脳腫瘍など物理的に本当に脳の組織の異常の時もありますが、一般には脳の神経組織が「痛い」と認識するような信号を受け、認識したときに起こります。この信号源にはいろいろあります。なんとなく「キーン」がおわかりになったでしょうか。

<--引用終わり
場所の認識が誤っている、誤らない方もおられるとすると消化器表面が冷た・痛いのでしょうか?いや冷た・痛いの検知がされてないのでしょうか?

人間が作ったどんなに複雑な機械やシステムも、人間の作った人間には当然かなわないのですが、さるにも、人間と自然の作った大根、ほうれん草、人参にも稲にも(人の遺伝子の数は稲と差はなかったような)かなわないそんな想いを強くする昨今です。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply