菜園訪問

従来ありましたホルモン会の名を改め、ASM (Agriculture Strategy Meeting) in CHITAが開催されました。場所はMさんとAさんの畑(現場二箇所)に訪問し行われ活発な議論が多岐にわたり(数々の工夫提案、最新戦略兵器の導入、新品種導入、EMぼかし、油粕事件、農地拡大など)なされきわめて健康的で有意義なものとなりました。
少なくともこちらでは、耕作地を手に入れるのも待ちがでるほどで、単なるブームで語るより、人生そのものに影響を与える状況であるといってもけっして過言ではないでしょう。定年後のライフスタイルとして組み込まれ定着し、大袈裟にいえば生き甲斐ともいえるものにまで昇華(物事がさらに高次の状態へ一段と高められること)されているのではないでしょうか。

ASM
R0010621-s.jpg
Aさんは土壌PH計も導入されていました。落花生、未来コーン、イチゴ(紅ほっぺはじめ4種)、スイカ、トマト、ミニトマト、きゅうり、人参、たまねぎ、にんにく、しょうが、ねぎ、なす、白菜、キャベツ、レタス、大根、アスパラ、豆類(ソラマメ、スナックえんどう、きぬさや、エダマメ・・・・)さつまいも、ジャガイモ(メークイン、男爵、他3種)、山芋、などなど多品目多品種つくられるのでPH計も必要かもしれません。

こだわりの栽培
R0010622-s.jpg
「ひょっとしたら学校の先生で生物担当の方では?」と聞いたら、九州出身の方で新日鉄系の企業で機械設計をされていた方だそうです。なかなか草を生かした栽培にこだわっておられます。

工夫提案
R0010624-s.jpg
栽培品目の株幅、畝幅つき定規兼畝ならし他多機能冶具とのこと、とりあえず20品目ほど記載されていました。

一番上の写真の左奥のハウス状の物、ほねは材木廃材の利用のようで高さは低くトマトが植えてありました。中に這って入って作業をしておられ、当然プロの方から見れば問題点、指摘事項は多々あるのでしょうが、まさに男の城のような雰囲気をかもし出していました。

農作業の後行かれる魚屋食堂にて
R0010616-s.jpg
お値打ち価格でした。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply