久々に

報告書の作成でしばらくの間PCの前に座り続けざるを得なかったのと、目がまわる症候群で長時間外にでることはしてませんでしたが、ひとまずレポートはひとだんらくし、JPに行く必要があり出かけました。

その時、NHKのラジオを聴いていると明日(9日)ラジオビタミンのときめきカルチャーは「安岡定子の“親子で論語”」だとかで、いわゆる「子曰く・・・・」ですね。

10日、11日と温泉祭で営業もあり体の慣らしでもするかと・・・・。

多久聖廟(たくせいびょう)
IMG79841.jpg

IMG79851.jpg

引用ーー>
聖廟(せいびょう)とは、孔子(こうし)様を祀った堂のことである。
孔子(こうし)様は中国・春秋時代(西暦紀元前771~同403頃)の思想家であり、儒教思想(儒学)の祖とされる。実に約2500年も前にご生誕なされた御方である。
国内に現存する孔子廟では足利学校(栃木県)、閑谷学校(岡山県)についで古く、なかでも最も壮麗と言われるのがここ佐賀県多久市にある「多久聖廟」である。
国指定史跡
   (大正10年3月指定)
国指定重要文化財
   (昭和25年8月指定) 
<--引用終わり

「子曰く、
   吾十有五にして学に志す。
   三十にして絶つ。
   四十にして惑わず。
   五十にして天命を知る。
   六十にして耳順(したが)う。
   七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)をこ踰(こ)えず。」               
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply