窯場

小鹿田焼
IMG77883_m.jpg

IMG77886_m.jpg

IMG77889_m.jpg

IMG77892_m.jpg

IMG77898_m.jpg
私は結構気に入ってる窯場で(原料粉砕、成形、乾燥、焼成までがよくわかる意味も含め)気が向いた時何度となく訪れています。そして「残したい日本の音風景100選」にも選ばれています。

残したい日本の音風景100選より  引用ーー>
山間に唐臼の音がこだまする民陶の里,小鹿田皿山の唐臼。ここでは三百年近い伝統ある小鹿田焼が匠たちの手で作り出されている。皿山の唐臼は,竿と杵と臼からできており,竿は根元をくり抜き,水流を受けて先端の杵を動かして臼の中の陶土をつく。「ギィー……,ゴトン」と響きわたるのどかな唐臼の音は,里の中央を流れる大浦川のせせらぎと調和して,静かな山里の自然の中で心をなごませる風物詩であり,音のご馳走だ。
唐臼は全国でも珍しい水力を利用した陶土粉砕機で,3~4基連なったものが多く,現在は36基が動いている。自然乾燥された原土は,この唐臼で細かく粉砕され,陶土として利用される。
 <--引用終わり
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply