初詣

昼をはるかに過ぎてから今年初めての初詣に遅ればせながらでかけました。お袋さんが長い距離を歩けないので、なるべく拝殿の近くに駐車場のある近場のお宮に行ったのですが満車で、それならと一宮の阿蘇神社まで足を伸ばしたしだいです。

阿蘇神社
IMG76752.jpg

IMG76757.jpg

IMG76765.jpg

IMG76773.jpg

私だけかもわかりませんが、三日となると何か不明ですがどうも神聖な雰囲気が希薄になっている気がするのです。
そこで電子手帳(Papyrus)俳句歳時記 初詣の解説を覗いてみると
元日に、氏神またはその年の恵方(えほう)に当たる方角の神社仏閣にお参りすること。年頭、身も心もすがすがしい思いで森厳な社殿にぬかずくのは、信仰の有無にかかわらず快い。しかい、近年は各地の有名神社に参拝するのが人気。押すな押すなの人出で、神前に到達してお賽銭(さいせん)を上げるのが精一杯である。
とあり・・・・元日でない、社殿にぬかずいていない、押すな押すなの人出で賽銭を上げるのが精一杯と神聖ならざる条件のキーワードがならんでいて、それらが重なりやはりと思ったしだいです。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply