ビル再生事業

プラザビル再生での研修会「地産地消と物産店及び商品開発等について」があり、地域再生マネージャーの 斉藤俊之さんが取り組まれた各地の事例を説明されました。
印象的な言葉は
・徒歩圏内マーケット
・物を売るのでなく事を売る
・変わらなければ負ける(すべてこれではないとも思うが、変わる方向が昔(先達の知恵など)もを含むなら納得)
・「瓢箪から駒」「怪我の功名」「思惑倒れ」・・・・金がなければ知恵と工夫を(パワー勝負で勝ち目はない)
・コンセプト、デザインはもういいから
・確信をもつ
・集積の強み
などなど。市職員(休日に)が自ブランドのトマトジュースを出すとか・・・・投資少なく結構やってます。
↑斉藤俊之の名前をクリックするとサイト(オジンギャグではない)開きます。

長谷寺 2007.07.18 (D200)
D20_3240.jpg
ずっと変わってないんだろうなあ~。

リキュールがバケツひとつで出来て注目的なことも。そういえばFさんあのリキュールまだありますか?
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply