駅弁当

博多駅九州新幹線開業に向け工事中で、弁当の吟味があまりできませんでした。「九州味めぐり」の存続未確認のまま、そのコンセプトに覚えのあった季節限定「冬弁当」を入手しました。

季節限定「冬弁当」と「秋弁当」
img7D1234-abc-1.jpg
「冬弁当」2009.12.08
原材料名:白ご飯、昆布とホタテご飯、厚焼き玉子、カニ風味シューマイ、鱈塩焼き、いわし黒ゴマフライ、大根田舎煮、椎茸煮、鶏から揚げ、うぐいす豆、有色辛子明太子、小梅漬け、調味料(アミノ酸等)、エキス(カニ、ポーク、チキン)、醤油、砂糖、食塩、みりん、清酒、還元水飴、でん粉、pH調整剤、コーンスターチ、粉末状植物性たん白、ぶどう糖、たん白加水分解物、香辛料、イーストフード、豆腐用凝固剤、ナイアシン、米発酵調味料、醸造酢、保存料(パラオキシン安息香酸)、甘味料(サッカリンNa、甘草、ステビア)、日持向上(グリシン)、防止剤(V.C)、酸味料(クエン酸、酢酸Na,V,B1)、(トレハロースソルビット)、着色料(紅麹、カロチノイド、ラック色素、黄4、黄5、アカ102、赤3、青1)、酸味料(クエン酸、DL-リンゴ酸Na,V,B1)、漂白剤(次亜硫酸Na)、酸化防止剤(V.C)、発色剤(亜硝酸Na)、製造用剤(ソルビートル)、(原材料の一部に大豆、小麦、卵、豚肉、鶏肉、カニを含む)

「秋弁当」2008.10.22
原材料名:御飯、松茸御飯、さんま塩焼、蓮根ときのこの甘辛炒め、葱入り出し巻卵、子持ちいか、鰯フライ、味付け松茸スライス、きのこ柚ポン生酢、さつま芋煮(レモン風味)、辛子明太子、あわかんもみじ、梅干漬、調味料(アッミノ酸等)、かつおだし、昆布だし、チキンだし、酵母エキス、ポークエキス、菜種油、レモン果汁、香料、ぶどう糖果糖液糖、醸造酢、食用植物油脂、米発酵調味液、植物性たん白加水分解物、増粘剤、ソルビトール、ナイアシン、発色剤(亜硝酸Na)、酸化防止剤(V.C)、酸味料(クエン酸、酢酸Na,V,B1)、甘味料(トレハロースソルビット)、着色料(カロチン、カラメル色素、赤2、赤3、赤102、黄4、黄5)、保存料(グリシン、リン酸塩Na、酢酸Na)、カゼインNa、コハク酸Na、(原材料の一部に小麦大豆、卵、ゼラチン、豚肉、鶏肉、イカ、松茸を含む)

フォーマットは同じで中身の見え方も似通ったものがあります。つまみですが、基本的に白ご飯用につぶしのきく有色辛子明太子と他に一品確保し、残りはすべてつまみ候補で充分だと思います。ビールを堪能しやがて小倉に到着です。
添加物は変わっているものや表現の違う物が、相変わらず原材料より記載が多く何を食べているやら?ですね。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply