柿(太秋)

太秋柿<--クリックで飛びます。

↑より引用
秋の味覚に、鳴り物入りで登場 太秋柿は、比較的新しい柿で、「富有」「次郎」「晩御所」「花御所」を掛け合わせて、現代風の食感と甘みで仕上げた柿が、太秋です。大きく分類すると渋柿と甘柿にわけられますが、太秋は、甘柿に分類されます。独特の瑞々しいシャリシャリした食感が、梨を連想させ、とくに甘みが高いのが特徴です。・・・・柿の、表皮の色は、薄めで独特の輪線模様が、入っています。 引用終わり

かって一玉何百円もした太秋柿の収穫に行っていました。そもそも、もうパワー的に限界で収穫できないので応援依頼がバイト先に発せられ、数はともかく販売ルートがあることからの応援になりました。もう生産はやめられるような話も聞きました。高齢化、後継ぎなし離農が現実でしょうが、特にノウハウが途絶えるのが残念なことだと思います。

IMG74714_S.jpg

今はあまりにも野菜が安いのです。普段冷静沈着な生産者の方が興奮を押さえ冷ややかに「市場にガソリン代つこちうしてぎゃいきょるごたる」(卸市場にガソリン代を使って捨てに行ってるようだ)と言われたのが印象的でした。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply