独逸

9日の緊急戦略会議の時にNさんが再度12月に独逸に行くらいしとの情報があり、行かれるなら頼み事をとも思っているのですがやめときます。またちょうどベルリンの壁崩壊20年とかで、なんか強引に独逸つながりの話題ですが、どういうわけか米国に行っているより、独逸に行っている方の話題がこの近辺には多い気がしています。

JET STREAM
 
 遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時、
 はるか雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
 たゆみない宇宙の営みを告げています。
 満天の星を頂く果てしない光の海を、豊かに流れ行く風に心を開けば、
 きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜のしじまのなんと饒舌なことでしょうか。
 光と影の境に消えていったはるかな地平線も、まぶたに浮かんでまいります。
                                                     ジェット・ストリームより

一月ほど前にネガのCD化を頼みまして再掲で申し訳ありませんです。

FH000068_t.jpg

 南ドイツの田園に思い出としておかれ、記憶の回路で繋がれた古い町町がある。
 北から、ローテンブルク、ディンケルスビュール、ネルトリンゲンと下りながら、
 三百五十年も昔の出来事に耳慣れてまう夏の旅のことだ。
 風雪になめされ崩れかけた城壁は、幾世代もの時間を抱いて、
 ついには朽ち果てる覚悟のように見えても、
 その腕のなかで赤い三角屋根をおり重ねた町なみが
 壁を思い思いのシャーベット色に染めて、
 広場から路地へ、追憶の石畳を引いているのだった。
 屋台のさくらんぼが甘い季節には、家々の窓毎のゼラニュームが、
 晴れの日の風情で旅人を迎える町であった。
                                                     ジェット・ストリームより

ローテンブルク
FH000047_t.jpg

FH000093_t.jpg

ディンケルスビュール
FH000092_t.jpg

FH000088_t.jpg

ネルトリンゲン
FH000082_t.jpg

FH000081_t.jpg

CD化は近場でネガ1本700円でしたが大量に頼んだためか、退色補正はしてあったりなかったり、やたらアンシャープマスクがかけてあったりで、アカンのは自分でやり直します。キタ○○あたりに頼んで見る手もあるかもしれません。保存がいいかげんだったのでほとんど無調整で再現されるのはないのが現状です。おそらく再現は極めて高価になるのでしょう。ネガなどないものにすればいいのですがなかなか捨てられないのが現実です。

imge295_t.jpg
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply