身からでた錆

物が壊れる時(壊す含む)は不思議と時期的に重なるような気がします。今日は眼鏡をフンピシャイデ(踏んで破壊したので)入院(眼鏡が)したのです。眼鏡なしで少し車にのったのですが、前の車が急に接近する感覚、やたら重い荷物を積んでブレーキの効きが悪い感覚、そんな感じでした。誰かに視力と運転感覚の関係を解き明かしてほしいですが、慣れの部分が多いのでしょうか。見えすぎても困るのでしょうが(なんかの宣伝?)、見えないのは危険です。

最近ではiPodの液晶がぐちゃぐちゃに(偶発的故障)なり、部屋の豆電球切れ、耕運機の不発、PCの爆発的遅速(原因不明調査中)、歯の仮詰め物の欠落、ゴキブリの出現、悪戯電話、頻度の高い電話でのセールス・・・・などなど。これが日常なのでしょうが後ろ向きに捉えると、苦脳の連鎖または同期ともとれます。あくまでも冗談です。

なんも重なって起こらんでも、できるなら起こらんでもええのんちゃうのん!。
しかしながら不注意、保守、点検 因果応報、悪因悪果、善因善果、自業自得、身から出た錆ですね。

ついに新 nano DA
R0012924.jpg

R0012904.jpg
これを撮ったコンデジのUSBインターフェースも不調(接続できません)です。

PS iPodにソースは非圧縮で入れているので16G満員ですが、音が新鮮市場です。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply