いよいよカニカマ

先だっての「さんまのカンズメ」比較ですが・・・ただし主観的相対比較をやると食べきれないので、主観的絶対比較(食事のつど一缶づつ)でありまして・・・結果的にどれも美味いのでした。
ここで言える事は、美味しさに対する最も寄与率の高い因子としての仮説検定の意味合いで、腹の因子設定(減っている、そうでもない、満腹)での追試が必要と思われましたが、やる意味がまったく分らなくなってきていまして、歯の治療に専念することにしました。
さんまのカンズメの開発者でもなきゃ営業でもないので、他人に説明する必要のない立場に安堵しています。(爆) 「これ美味いでっせ」だけでは売れませんけどね。

いよいよカニカマ
R0012805.jpg
練り物売り場でなく生鮮にありました。
食べた印象では、ゆでたカニを食べた時のしる(水分)がにじみ出る感しが、再現がされているところに好感を覚えました。
しかし、見かけの質感、食べた質感、味に差がなくても「生食用カニ風味肉」より「かにちゃいまっせ」の方が、ネーミングだけでリードしている気がしています。両方並んでいたら「かにちゃいまっせ」の方を買うでしょう。

鹿児島駅 2006.08.16
D20_0808a.jpg
まだあるのかわかりませんが190種の焼酎 焼酎バー。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply