あらためて

夕食時TVでやっていました。

御飯の友 フタバ<--クリックで飛びます。
R0012782.jpg
あらためて 御飯の友考察のきっかけになりました。

引用ーー>
◆ふりかけの元祖 御飯の友
御飯の友は全国ふりかけ協会が公認しているふりかけ元祖です。
この御飯の友が熊本で作られたのは大正初期。
薬剤師の吉丸末吉氏によって考案されました。
当時、食糧不足の時代背景の中で、日本人にはカルシウムが不足しており、それを補う方法として、「魚の骨を粉にして御飯にかけて食べる」という発想にたどりつきました。
そこで、小魚を乾燥させ、粉末にして調味し、青のり・ごまなどを加えておいしく食べられるように加工しました。これを、乾燥を防ぐために口の狭いビンに入れてコルクの栓をして蝋で固着。
これが最初のふりかけ、御飯の友です。
戦時体制下では栄養食品であるふりかけの軍納は強制であり、
御飯の友も貴重な軍納品でもありました。
昭和初期には、「三度の食事を四度食べる」という宣伝文句でおいしいカルシウム源として親しまれ、飽食の時代となった今日でも、魚が嫌いな子供でもおいしくカルシウムを取れるふりかけとしてたくさんの方からご支持頂いております。
大正初期、吉丸末吉氏がふりかけを考案した当時の「健康によりよいもの」という想いを引き継ぎ、守りながらフタバは御飯の友の製造を続けています。
<--引用終り 上記リンク先より   

全国ふりかけ協会なるなるものの存在、御飯の友がそこ公認のふりかけ元祖。そういえば随分昔からあった気がしますし、のりたまは随分あとからでなんだか高級なイメージでした。ですから私としてはふりかけといえば御飯の友で、ほぼかかすことなく食卓にはあります。
弟などは帰省した時などたくさんもって帰るのですが、TVによると関西、関東でも流通しているとか全国区になったのでしょうか?です。
私としては御飯とか餅に食パンもいいのですが、液状のものとの統合攪拌も捨てがたいものがあります。漬物系もためして見たいところです。



一昨日また同級生の訃報が届きました。
                                  合掌
壁が厚いしばらく哲学?します。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply