風鎮祭

二百十日より前に選挙に引っかからずということで本日は風鎮祭(風を鎮め五穀豊穣、家内安全を願う神事(祭り))でした。

IMGP0524-t.jpg

IMGP0534-t.jpg

風鎮祭、八朔祭、防災の日は、主体がどこかと、観念的と実践的、事前と事後、呼び方などなどが違うだけで基本概念はどうも同じようで、あとはやり方が違うだけでしょうか。結果、同じようで違う、違うようで同じという事だと言えると思います。(爆)

居住地近辺では居住地だけが風鎮祭をやっているように思え、あとは結果の秋祭り(五穀豊穣(収穫祭的))の祭りが多い気がしています。
歴史的に居住地域は長年に渡り洪水に見舞われ、苦しめられてきた来たことによる行事、神事の変遷を見ることができるのかもしれません。結果ではどうにもならん、事前にやることはやった、後は神のみぞ知る風鎮祭りなのでしょう。またほどほどの洪水は肥沃な大地を生むということも認識し、ほどほど(風雨順調)に神に祈ったのでしょう。たぶん。

八朔祭は、デカイ作り物でビックリさせ風鎮?させる強引さみたいな物が・・・・たぶん違うでしょうが。

防災の日は、仮面ライダーディケード、シンケンジャー、レスキューファイブ・・・・的でしょう。

私は地震除けもプラスお願いしました。
酔っ払って醒めました。

P,S;この間、ためしてガッテンで「率先避難」ということを言ってました。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply