方保田東原遺跡

約3300平方メートルに6千本のヒマワリを植えてあるとかでよって見みました。

方保田東原遺跡で
IMG71125.jpg

IMG71130.jpg

引用ーー>
方保田東原遺跡は、菊池川とその支流の方保田川に挟まれた台地上に広がる弥生時代後期から古墳時代前期(今から約1700~1900年前)に繁栄した大集落遺跡です。
これまでの調査の結果、幅8mの大溝をはじめとする多数の溝や100を超える住居跡、土器や鉄器を製作したと考えられる遺構が見つかっています。また、全国で唯一の石包丁形鉄器や、特殊な祭器である巴形銅器など数多くの青銅製品や鉄製品が出土しており、この遺跡の国力の強さがうかがい知れます。このほか、山陰地方や近畿地方など西日本各地から持ち込まれた土器なども出土しており、交易でも繁栄していた集落であったことが分かってきました。これらの発見から、菊池川中流域の拠点的な集落であったと考えられています。
昭和60年2月19日、熊本県を代表する重要な集落遺跡として、国の史跡として指定を受けました。現在は、一部が芝生公園として整備されています。また、方保田東原遺跡の出土品は、山鹿市立博物館のほか、隣接している山鹿市出土文化財管理センターに収蔵、展示されています。
現在のところ発掘調査をおこなった面積は、全体の1割にも達していません。今後の調査によって、皆さんをアッと言わせるような数々の発見が期待されます。
 <--引用終り
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply