今年の蓮

13日(土)からは、七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」が始まります。
キレイな水ではなく、泥の中でも美しい花を咲かせ、気高く清らかな姿に、古代の人達は極楽浄土を見たといいます。
また、仏教では、慈悲の象徴とされています。
そんな蓮の花ですが、実は限られた時間帯しか見ることが出来ません。
開花時間は早朝、特に見頃は午前7時〜9時頃のようです。
とウェザーニュースにありました。
個人的には日の出とともにの方がいいと思いますが、でも現実としてとりあえず。


例年のようには咲いてはいませんが、週一度定点観測をしています(長年の習慣が週間化しています)。
愛知のMさんはこの時期の長年の習慣(ハゼ釣り)を一昨年断ち切られました。


DSCF1652-T.jpg

DSCF1681-T.jpg <--クリックすると大きくなります。



写真を撮っている方はほぼおられませんしたまに一人来られても滞留時間は短い状況です。
この状況で写真を撮りに行ってもなあ~とは思いますが、晴れの日になんとか一枚でもと・・・・・・記録としてあと何年行けるか分かりませんから。

スポンサーサイト
今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply