令和元年5月1日

昨日ウォーキングの時になんとなく(新時代) R1001790_s.jpg 写しました。


今日は昨日より1時間ほど早く熱田神宮に行ってきました。

着いた時は人出は比較的少なかったのですが

R1001850_s.jpg

着時       帰るころ
R1001793_s.jpg R1001843_s.jpg <--いずれもクリックすると大きくなります。



熱田神宮舞楽神事 振鉾(えんぶ)
R1001834_s.jpg <--クリックすると長~くなります。 

神楽と思ってましたが舞楽その原型か亜種かわかりません。
熱田神宮舞楽神事の解説が配られましたが平安時代の初期には行われていたと・・・・・・いつの日か載せたいと思います。

振鉾(えんぶ)
舞楽を奏でるときは、国家の安泰・雅音成就を祈り、舞台を祓い清めるために最初にこの曲を舞います。
周の武王が天地の神々に戦勝を祈ったさまをかたどったものといわれてます。
舞人は鳥甲を被り、襲装束(左方は赤色・右方は萌黄)を著け、袍の右肩を袒ぎ、鉾をもって舞台に昇ります。
舞は初節・中節・後節に分かれ、初節を左方の舞人が、次に中節を右方の舞人が、後節は合鉾といって左右の舞人が同時に舞います。
楽は、初節に小乱声・新楽乱声を、中節には高麗小乱声・高麗乱声、後節には新楽乱声と高麗乱声を同時に奏でます。

写真は中節の最中ですが後節の前に離脱しました。


令和元年5月1日
R1001878_s.jpg
昨日と同じ普通版で限定版ではありませんが

R1001854_s.jpg <--クリックすると大きくなります。

戻るころには東門から授与所までならび足らずに逆方向から東門まで折り返してならんでおられました。(写真右端の東門の鳥居をくぐると神宮の外です)

keidaai.jpg
(案内図の赤線の所)

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply