吉松

真幸・吉松間にある全長650メートルの山神第二トンネルには悲しいお話が残されています。昭和20年8月、多くの復員兵を乗せた列車が山神第二トンネルで勾配を登りきれず停車してしまいました。蒸気機関車に牽引されていた列車だったため、トンネルの中はたちまち煙で充満しました。暑さと苦しさのためトンネルお外に出ようとでたくさんの乗客が列車から降り線路沿いに歩き始めたその時、列車を降りた乗客がトンネルを歩いているいることを知らない運転士が列車をバックさせたのです。結果、この事故により50人もの犠牲者が出てしまいました。十七回忌の1961年(昭和36年)地元婦人会の働きかけで、慰霊碑が建ち毎年8月22日には、欠かさずその供養が行われています。<--肥薩線・くま川鉄道の旅より

第二山神トンネル内の悲惨時(山神第二か第二山神かわかりません)
IMGP6871-y.jpg

吉松駅展示のC55
IMGP6865-y.jpg

IMGP6864-y.jpg

IMGP6857-y.jpg

IMGP6854-y.jpg

汽笛まんじゅう
IMGP6988-y.jpg石炭をかたどった、揚げまんじゅうで中は白あんです。(蒸気機関車、石炭、鉄とかで味は想像して下さい・・・・無理)
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply