ゆきあたりばったり

DACとラインアンプのラックを作りのせて見ました。

昨日朝方給油に行きその足でホームセンターに回り板を入手し本日製造しました。
5年に一度位では手では板が真っすぐきれません。
冶具とか電動ツールがあればいいのですが5年に一度では準備するのも贅沢です。

P1070493_t.jpg

DACの電源がプッシュスイッチで押すとDACが後ろに移動するのでずれないようにフェルトを貼りました。


孫の部屋に時計をつけるためコンクリート用のドリルの歯を見に行きましたが時計より高価でした。
今後コンクリートに穴をあけることはほぼないと思いますので、時計の取り付けはコンクリートの所はあきらめてボードの所に付けました。



加齢とともにゆきあたりたりばったり(どうするかという方針を初めからは立てずその時の様子や成行きに任せ適当にすること)、出たとこ勝負(計画的でなく、その場その場の成り行き次第で事を決めること)・・・・・・なるようになる(新明解国語辞典第7版、スーパ大辞林3にはない) 感が加速されてきております。

スポンサーサイト
今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply