アルコールストーブ2号機

消火用の蓋を作ろうと缶入りジュースを買いに行きましたが見つからずに缶酎ハイを買ってしまいました。

しかも暑かったので、暑さは関係ないかもしれませんが昼食時に缶酎ハイをいただき作業に入りました。

P1050730_m.jpg P1050728_m.jpg P1050738_m.jpg


二号機燃焼試験
P1050748_m.jpg

P1050750_m.jpg P1050751_m.jpg P1050753_m.jpg P1050756_m.jpg

P1050757_m.jpg


一号機燃焼
P1050760_m.jpg

P1050761_m.jpg P1050762_m.jpg P1050763_m.jpg P1050764_m.jpg

P1050767_m.jpg

P1050769_m.jpg

一号機と二号機は構造はまったくおなじですが、空き缶がビールとコーヒーの違いがあります。
一号機が14gで二号機は16gとコーヒーの缶の方が重くガッチリしてます。ホットもあるから丈夫なのかもしれません。

ほんの少しですが二次燃焼(本燃焼)に入るのが一号機の方がはやかったきがしましたが、質量の差でしょうか。


火はいいですね。
愛知のMさんは冬場にはほぼ毎日畑で焚火をされてますがうらやましいかぎりであります。

煮炊きが電気になってほぼ火を触ることがなくなりましたが、たまにはそっと火で食事を作ってみたいと考えています。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply