続 「緑響く」の池

夏から紅葉の時期にかけ何かないかと探しているとたまたま
『約485種の苔に包まれた神秘的な原生林「苔の森」八千穂高原「白駒池」・横谷渓谷「乙女滝」・「御射鹿池」なる長いタイトルの日帰りバスツアーを発見し、連休初日の9月16日に行ってきました。


御射鹿池
E9165185_m.jpg

絵のイメージから青みを追加しました
E9165246_m.jpg <--クリックすると大きくなります。

E9165238a_m.jpg <--クリックすると大きくなります。

E9165211_m.jpg <--クリックすると大きくなります。



御射鹿池は特に気になりましたし、白駒池は1998年9月12日に行ってまして思い出すように応募したしだいです。

白駒池 1998.9.12
FH010007_m.jpg FH010009_m.jpg FH010010_m.jpg

白駒池 2017.09.16
E9165321_m.jpg E9165305_m.jpg E9165304_m.jpg

池より苔の森の方が人気があるようでした。

「日本の貴重なコケの森」
八ヶ岳白駒池周辺の原生林(2008年8月30日認定)
所在地:長野県南佐久郡佐久穂町及び小海町
範囲:八ヶ岳白駒池
所有・管理者:国有林(八ヶ岳中信高原国定公園,北八ヶ岳自然休養林)
認定理由:白駒池周辺はコメツガやシラビソなどの亜高山性針葉樹林に被われており、林床にはコケ植物の旺盛な生育が見られる。その景観は規模と美しさの点で優れ,「日本の貴重なコケの森」として選定し保護すべきものと考える。
とありました。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply