国産紅茶

山鹿温泉祭で営業終了間際に国産紅茶を発見しました。

国産紅茶
R0012448.jpg
明治八年政府は日本初の紅茶伝習所を山鹿に設置しました。 とあります。

少し調べて見ると
引用ーー>
日本紅茶の歴史
以下の記述は、多くを文献※1により、そのほかに末尾の文献を参考にさせていただきました。

紅茶製法書
 明治維新の後、緑茶は生糸と共に数少ない日本の輸出品として、生産が奨励されていました。ところが、中国で作られた紅茶がイギリスで人気を呼び、緑茶の輸出先である米国にも進出する気配となりました。政府は上海の領事館を通じ紅茶茶種の入手、情報の収集にあたりました。明治7年に勧業寮に製茶掛を置き「紅茶製法書」と題した冊子を全国に配布しました。

九州での試作伝習
 翌年、政府は中国から二人の技術者を呼んで九州の白川県(熊本県)山鹿町と大分県木浦の二カ所で中国式の紅茶を試作紅茶製造の伝習がスタートしました。(※4では明治7年となっています)

多田元吉の登用
 同年、政府は中国に専門の技術者を調査目的で派遣すべく、静岡在住の多田元吉を勧業寮に登用。元吉は年末から翌年にかけ中国を踏査、調査を実施しています。更に、インドでの蒸気機関による紅茶製造法を調査すべく機械技術者と共に渡印を敢行。よく10年に大量の茶の種子、製茶機械設計図、研究書などを携えて帰国しています。

高知での試作
 明治10年3月前年中国人の指導によって紅茶の生産が行われた高知県の安丸村にて元吉指導で紅茶の試作が行われました。自生の山茶を使った紅茶は、英国公使館では香りの不足を指摘されるも、横浜の外国商社では中国産の紅茶より優れているという評価で、「5000斤(3トン)を輸出」(※2)

各地に紅茶伝習所を開設
 政府は明治11年の茶のシーズンから、東京、福岡、鹿児島、静岡の各府県に紅茶伝習所を開き、本格的に生産を開始。「三井物産、大倉組を通じて輸出」(※2)。又インドから持ち帰った種子は東京、愛知、三重、静岡、滋賀、京都、高知の各府県の試験園(※2では新宿、京都、兵庫、三重、静岡、千葉、愛知、志賀、高知)に播種、13年には早くも収穫が始まっています。明治19年には三重県産の紅茶が銀座で販売されました。(※2)

日本紅茶の興隆
 その後の国産紅茶の生産の状況を、鹿児島県の統計で見ると「1889(明治22)年に0.5トンの生産。1955(昭和30)年以降急増、66年には704.2トンとピークに達し」(※3)この年は鹿児島県の生産が全国の5割との事ですから、1400トン程度の紅茶が作られていた事になります。この時、しかしその後は下り坂に転じ、「1971年の輸入自由化によりそれまで少量でも生産されていた国産紅茶はほとんど市場より姿を消し、事実上国産紅茶はなくなりした。」(※4)鹿児島県の統計でも「73年の欄は空白となっている」(※3)そうです。

参考文献
※1 歴史探訪14号    「茶道楽」
※2 国産紅茶のお話し 高木び氏 
※3 平成茶考紅茶への夢 南日本新聞 
※4 国産紅茶の歴史 自然空間イートハーブ 
    国産紅茶の歴史と展望 山田新一氏 
    <--引用おわり

試作伝習所とありますから、役割機能として研究所のようなものでしょうか?とりあえずふぅん~です。
貴少品かどうかわかりませんが未だ飲んでいません、山鹿温泉祭での新発見でした。

それから白川県も
 熊本県の「熊本」は古くは「隈本」と書かれていました。最も古い記録では1352(文和元)年の古文書の中に見ることができます。この「隈本」の名は加藤清正(きよまさ)が熊本城を築く1607(慶長12)年まで用いられています。「隈本」を「熊本」と改めたのは加藤清正が隈の文字がこざとへんに畏(おそれる)と書くので,畏の字をきらって「熊」と改めたと伝えられます。江戸時代には,熊本藩とよばれ明治維新を迎えました。1871(明治4)年の廃藩置県’(はいはんちけん)により,熊本藩領を引き継ぐ「熊本県」と人吉(ひとよし)藩領地を引き継ぐ「人吉県」が生まれました。長崎県から編入された天草地方を含め,人吉県はその後新設された「八代(やつしろ)県」に入りました。また,「熊本県」は明治5年に県庁が白川の近くに移転したことにより「白川県」と名前を変えました。さらに,明治6年には八代県を合わせて「白川県」となりました。この時点で現在の熊本県と同じ県域となっています。その後県庁を再び熊本城下に移し(熊本城内古城),県名も再び「熊本県」となり,現在にいたっています。
知りませんでした。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply