知多四国八十八ケ所 9月4日

愛知のMさんと愛知の私は4:42からTALK。(黒文字は愛知のMさん)
稲刈り好機ですね。
ボチボチ出ます。富貴まで行き半田まで上れるか、とりあえず目標は19番まで。


超早出ですね。あまり早いと朱印押してくれないのでは?

ですかねえ。

7時からではなかったかなあ?
6時からでした。もうやってますね。


よかった。

10月から2月までが7時でした。

暗いうちからやってますね。
鶏はすでに起きてますね。

もう鳴いてますね。


(同行二人)Mさんは稲刈りでした。
IMG_8670-M.jpg



25番から19番を目指しました。
DSC01123-M.jpg

25番 円観地
DSC01121-M.jpg
お寺の写真すでになんども掲載してますので時々に

武豊の みそ・たまりロード?小路
DSC01135-M.jpg

武豊停車場跡地
引用ーー>
1886年(明治19年)3月に開業した旧・武豊駅である。同駅は、関東地方と関西地方を結ぶ幹線鉄道への資材運搬線として建設された武豊線の起点であり、駅には約140m・幅約5.5mの木製桟橋が建設され、資材の陸揚げ基地とされていた。1892年6月に武豊駅は現在地である武豊町字金下へと移転するが、移転前の旧駅も引き続き武豊駅の構内として処理された。
<--引用終わり
転車台
DSC01146-M.jpg
引用ーー>
駅の跡地は、現在の国道247号・里中交差点付近である。交差点南東角には「武豊停車場跡地」の記念碑があり、駅で使用されていた転車台が保存されている。転車台は2009年(平成21年)1月、国の登録有形文化財に登録された。
駅の転車台は当初木製であったが、1927年(昭和2年)に2基の鉄製転車台に交換された。保存されている転車台はそのうちの1基で、駅の廃止後は放置され土砂に埋まっていたが1998年(平成10年)にこの遺構を当時の小学生2名が発見し、彼らをはじめ保存の声が相次いだことから町が修復工事に着手し2002年(平成14年)10月に修復工事が完了した。2008年(平成20年)2月には「回転ポッポ台」という愛称がつけられている。台上で線路が直角に交差するタイプのこの転車台は、日本で唯一現存するものである。
<--引用終わり

亀・亀・亀・亀・亀・亀・鯉・鯉・鯉・亀・亀・亀・亀・亀・亀
IMG_8646-M.jpg


IMG_8640-M.jpg

IMG_8669-M.jpg  15090401a-M.jpg15090401b-M.jpg15090401c-M.jpg=13.5km
でした。

昼には家に
IMG_8658-M.jpg
戻りました。プッファ~~
IMG_8659-M.jpg
たまりませんです。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://konjakuinakatei.blog43.fc2.com/tb.php/2213-f6ce4648

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ