10月14日

愛知のMさんと愛知の私は3:15からTALK。(黒文字は愛知のMさん)
台風はどこに行ったのって感じですね。

寒くなりましたが、普段の朝のようです。

風の強い冬の朝という感じですね。

長芋成功品です。約1mです。
IMG_5063-m.jpg

マグロのやまかけ食べたいですね。


昨日(13日)Fさんと共に雨にもマケズ
知多四国巡礼

一番 曹源寺
GR005695-m.jpg

二番 極楽寺
GR005697-m.jpg

三番 普門寺
GR005698-m.jpg

四番 延命寺
GR005699-m.jpg

凄く降り出し弘法堂で一時足止め
IMG_5056-m.jpg

六番 常福寺
GR005700-m.jpg

五番 地蔵寺
写真とりそこないました。

以前にFさんにあったときに付き合うよとのことで歩きで計画していましたが、雨で車でまわりました。
まず最初ですから一番でなにかと身支度を整えてということで六番まで回りました。


台風一過の今日、昼過ぎからMさんお勧めの一色お魚広場へ
IMG_5062-m.jpg

うな丼
IMG_5061-m.jpg
たいへんおいしゅうございました。

引用ーー>
うなぎ日本一の町、一色町について。
おだやかな三河湾に面し、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた愛知県西尾市一色町では、明治37年頃から本格的にうなぎの養殖が始められ、大正、昭和の時代を通し、様々な困難を懸命な努力で乗り越えながら発展してきました。
■うなぎ日本一の町!
現在、一色町は日本の生産量の約4分の1を出荷し、市町村単位では一色町が昭和58年から現在まで、全国一位を誇っています。
うなぎ町単位生産量No.1
■しらすから育てる!
一色町では、しらすと呼ばれる稚魚のうちから生育するため、生育条件や情報なども確実に把握できる安心性の高さが特徴です。(トレーサビリティー)
■着実に伸びています!
シラス投入量に左右されますが、効率化を進めた経営により生産量は着実に成長を続けています。又、減少する資源の保護のため、人工ふ化や親うなぎの放流事業などにも取り組んでいます。
<--引用終わり

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://konjakuinakatei.blog43.fc2.com/tb.php/2009-a31bb6b1

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ