9月24日

愛知のMさんと愛知の私は4:36からTALK。(黒文字は愛知のMさん)
ぐっすりでした。

今日はハゼは49匹でした。

軽く太田川を回る予定でいます。
雨模様なので病院で検査結果を聞いて戻ります。


尿素窒素とクレアチニンが高く腎機能低下の可能性があるが、脱水症状からではないか、熊本に戻り過去データと比較するようにで、斑点が出来るような血液状態ではないようだ。とのことで擦れたりしたことではないかとなりました。

なんか難しそうですね。
でも大変な事態では無いようで安心しました。


腎機能の灸を一発やっときます。

そうですね、、

Mさんから送っていただいた指圧体系
首、腰の痛み対策 指圧
【1】合谷(ごうこく)
🔴万能ツボ
○目:近視などの屈折異常、眼病全般に効果
○頭:頭痛、蓄膿症、難聴、耳鳴り、歯痛、口のただれ、腫れ物、ニキビ、吹き出物、アトピー
○精神:神経過敏、精神不安、入眠困難、めまい、物忘れ、無気力
○首・肩:肩こり、喉の痛み、いびき、風邪、五十肩
○大腸:便秘や下痢
○冷え性
🔵手の親指と人差し指の付け根の窪み。
🙆全身の痛みが和らぐ
①合谷を押すと、鈍い痛みの刺激が脳に伝わる
②脳内にエンドルフィンという、モルヒネに似た物質が大量分泌され、これが、脳が感じていた痛みを麻痺させる
🔵3〜5秒押して、1秒休む
【2】腰腿点(ようたいてん)
🔴腰痛
🔵中指と人差し指の間の骨が交わった所
🔵薬指と小指の付け根の骨を手首の方にたどっていき、かすかな窪みがある所
🔵痛みを感じる程度に強めに押す
【3】三陰交(さんいんこう)
🔴女性にとって一番大切なツボ
○「婦人の三里」「女三里」冷え性だけでなく全ての女性疾患の特効穴。いわゆる婦人病(月経不順、月経困難症、更年期障害)は、脾経、腎経、肝経のいずれかの陰経の異常から起こることが多い。三陰交は、それら3つの陰経を一度に調整できるツボ
🔴体内を走る気血の通り道(経絡)のうち、「脾経」は消化吸収を調節、「腎経」は代謝、生殖や老化などに関与、「肝経」は精神活動と関係し、血液の調整などを行う
🔵内くるぶしの最も高い部分から上へ3寸(約9cm:指4本分)、脛骨(すねの骨)の内側
🔵左右の親指で少し痛いくらいに押す
【4】照海(しょうかい)
🔴腰痛、腎疾患、花粉症、冷え性、不眠症、咽痛、耳疾患
🔵足の内側のくるぶしの下(指一本ぐらい)
✨腰を後屈させて痛む時
【5】太衝(たいしょう)
🔴足の痛み、足先の冷え、泌尿器や生殖器の不調、イライラ等
🔵足の親指と人差し指の間を指で足首の方にたどり、親指の骨と人差し指の骨がくっついた部分の手前の凹んだ所
【6】内庭(ないてい)
🔴胃痛、食あたり、胃熱を引く作用や鎮痛作用
🔵足の人差し指と中指の間の付け根で、人差し指側の骨側にある
【7】帯脈(たいみゃく)
🔴腰痛、月経痛、月経不順、下腹部痛
🔵脇腹ウェストライン中央
✨身体をひねって痛む時
【8】風市(ふういち)
🔴腰痛、高血圧、冷え性、痺れ、脚やせ
🔵両腕を脇に垂らしてまっすぐに立った時、中指の先が触れる所
🔵椅子に座った状態でコリをほぐすように押しながら揉む
【9】曲泉(きょくせん)
🔴大腿神経痛、膝関節炎、リウマチ、月経痛、月経不順、不妊症
🔵膝の内側の窪み
✨腰を前屈させて痛む時
【10】委中(いちゅう)
🔴腰痛、座骨神経痛、膝痛
🔵膝の裏の中央
🔵あまり力をいれず、さする、なぜる
【11】足三里(あしさんり)
🔴足の疲労、腰痛改善、下半身の疲労の万能のツボ
🔵脛の骨の外側、筋肉の盛り上がりの上、少し窪んでいる所
🔵親指で強めに押す
【12】天柱(てんちゅう)
🔴肩こり
🔵後頭部から首筋にかけての中央の窪んだ所の横で、縦に走る筋肉の外側
(ぼんのくぼ)
🙆12〜14は、強い刺激を与えるのは避け、気長に指圧するのがコツ
強く押すと筋肉が緊張してよけいに肩が凝る
【13】風池(ふうち)
🔴肩こり
🔵天柱の左右で、髪の生え際にある窪み
【14】肩井(けんせい)
🔴肩こり
🔵肩の上で、乳頭線(乳首から垂直に引いた線)と交わる所
🔵中指で前後にしごくように揉む
【15】曲池(きょくち)
🔴肩こり、風邪の熱、喉や歯の痛み、疲れ目
🔵肘を曲げた時に、肘にシワができる。そのシワの先端
【16】手三里(てさんり)
🔴肩こり、歯痛、全身の疲れ、くしゃみ鼻水
🔵曲池から親指の方に約3cm下がった所

✨腰を前屈させて痛む時は、曲泉
✨腰を後屈させて痛む時は、照海
✨身体をひねって痛む時は、帯脈
以前にも送っていただきましたが、ありがとうございます。


矢勝川堤の彼岸花へ
(南吉がよく散策した矢勝川の堤。秋になると東西約」1.5kmにわたって200万本を超す彼岸花が咲き誇ります)
NDF_5329-s.jpg

NDF_5326-s.jpg

NDF_5305-s.jpg

NDF_5296-s.jpg

NDF_5313-s.jpg
少し遅かったようです。

そして、新美南吉記念館(半地下構造)へ
NDF_5337-s.jpg
「南吉と良寛」という企画展をやっていましたが、新美南吉について名前とごんきつねくらいしかしりませんでした。

NDF_5341-s.jpg
そこで家に戻り処女出版「良寛物語 手毬と鉢の子」を注文しましたが手に入るかはわかりません。

帰りに以前Mさんに教えていただいたパン屋さんに
パンのトラ <--クリックで飛びます。
近頃こんなに美味いパンは食べたことがないと思うほど美味しく食しました・・・・あくまでも個人の感想ですが。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://konjakuinakatei.blog43.fc2.com/tb.php/1995-a84d7096

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ