この近辺の桜も終わり4月13日になりました。

愛知のMさんと愛知の私は6:08からTALK。
この頃のTALKは鼻水、クシャミ、目の痒みと花粉症の現状とその対応の事が大半をしめているほど、お互い酷いことになっています。
scottieのCASHMEREを教えてもらい利用していますが、眼鏡を拭くのにもすこぶるいいような気がしております。

硬券
IMG_3319.jpg
引用ーー>
硬券(こうけん)は硬い厚紙で作られた乗車券のことで、鉄道などの乗車券として古くから用いられた。
あらかじめ発駅と着駅とが印刷された券を準備しなければならず、非常に沢山の種類の券を準備する必要があった。需要がそれほど見込めない駅に対してはいくつかの着駅を券面に予め印刷しておき、その駅の直下部を切り落として発券する、準常備式乗車券もあった。
きっぷは着駅ごとに1枚ずつ順番に番号をふり、番号順に発券した。日付は駅の出札口に置かれた印字機を通して打ち込まれた。残っている券の一番若い番号を調べ、前日の番号と対比することで発券枚数を把握した。
1836年、イギリスのニューカッスル・アンド・カーライル鉄道のミルトン駅駅長であったトーマス・エドモンソンが上記の発売方式とともに考案した。当時は合理的な方式であり、1840年代からイギリスを始めヨーロッパに普及していった。
ロール紙に印字する自動券売機の普及により殆どが廃れたが、その後も記念乗車券・入場券などにおいて稀に用いられ、鉄道ファンに珍重されている。また、地方の私鉄では現在でも日常的に用いられている例もある。
日本ではサイズは通常はA型、B型、C型、D型の4種類である。
<--引用終わり

2012年に再販されていたのを偶然見つけ
GR003198.jpg
何度となく読んでいます。創世記機械は特に好きですね。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://konjakuinakatei.blog43.fc2.com/tb.php/1864-b5d1314b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ