8月19日

8月になったと思ったらもう19日とにかく早いです。(出だしはこれで)

今日のトークは5:39からで愛知のMさんは、休漁されたようですが、涼しくなってあと一回だけ行ってみるとのことでした。ものすごい量のなす収穫のようです。


軍艦島
端島では、1810年頃に石炭が発見され、佐賀藩が小規模な採炭を行っていましたが、1890年三菱合資会社の経営となり、本格的な海底炭鉱として操業が開始されました。
出炭量が増加するにつれた人口も増加し、狭い島で多くの人が生活するため1916年には日本初の鉄筋コンクリート造の高層集合住宅が建設され、最盛期には約5300人もの人々が住み、当時の東京都の9倍もの人口密度にまで達しました。
エネルギー革命により、エネルギーの需要が石炭から石油に移ったことで、出炭量も人口も徐徐に減少し、1974年1月に閉山した後は、同年4月に無人島になりました。
IMGP6547-t.jpg

IMGP6594-t.jpg
右から二つ目端島病院・端島小中学校・65号棟鉱員住宅(屋上幼稚園・屋上菜園)・端島神社・職員住宅(幹部用、風呂付)

IMGP6629-t.jpg

IMGP6850-t.jpg

IMGP6731-t.jpg
30号、31号棟アパート 右の30号棟は日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造の高層アパートといわれています。鉱員住宅として建設され、中庭には吹き抜けの廊下と階段があり、地下には売店もありました。31号棟鉱員社宅には、地下には共同浴場、一階には郵便局や理髪店も設置されていました。

IMGP6852-t.jpg
日字型のは貯炭ベルトコンベアーで精選された石炭はこのベルトコンベアーによって貯炭場に蓄えられ、石炭運搬船に積み込まれました。左上は水が貴重な島においての風呂付幹部職員住宅。

IMGP6799-t.jpg
真ん中の白い灯台は無人島になってから立てられたそうです。その横の物は貯水槽です。長い建物は総合事務所、右の四角いのは、鉱山施設はほとんどが崩壊しているなかで、主力抗だった第二竪抗へ向かう桟橋への昇降階段部分です。(軍艦島パンフレットと照合)

ガイドさんの話ではこの階段を自力で降りられなかった(事故など)のは、200数名と三菱の資料にあるが、実際はもっとおられたのではないかと。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://konjakuinakatei.blog43.fc2.com/tb.php/1667-fa09b68c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ