7月23日

鹿央古代の森「花だより」ブログ を更新しました。(青いところをクリックすると飛びます)

今日のトークは5:30からでMさんは、iPadで映画鑑賞です。蓮の花を送付しましたが、心が洗われる、平家物語を思い出すとのことでした。

早朝の鹿央古代の森(バイト先)で

IMGP1096-t.jpg

IMGP1097-t.jpg

IMGP1198-t.jpg


引用ーー>
泥水が濃ければ濃いほど、はすの花は大輪の花を咲かせます。
泥水とは人生におきかえれば、つらいこと、悲しいこと、大変なことです。
ほとんど泥水ではなく、真水に近いようなきれいな水である場合、
蓮の花は本当に小さな花しか咲かせません。
大輪の花を咲かせるためには、ものすごく汚い泥水が必要です。
蓮の花は泥水の中からしか立ち上がってこないのです。

蓮の花とは、まさに人生の中で花を咲かせること、
そして、その花の中に実があるのが 「悟り」 です。
つらく悲しい思いがなければ、人間は悟ることがないのだ、
ということをお釈迦さまは教えたかったのだと思います。
<--引用終わり

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://konjakuinakatei.blog43.fc2.com/tb.php/1639-23ff7f59

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ