5月21日

午前5時37分愛知のMさんよりLINE(数日前から試用中です)トークが、なんと十年前から朝早く起きて写経をしているとか、胃ガンも摘出されまだ禁酒はされているようですが通常食だそうです。

今日の朝食
R0015023-T.jpg


そして
玉名山鹿線落石対策工事に伴う土地境界立会について(依頼)に出席いたしました。

熊本県鹿本地域振興局ほか
IMG_0651a-T.jpg
ところが午前の立会開始直後に、通行止め土嚢の紐に足がひっかかり約1mのところから転倒し顔面強打、外傷はとりたててなく、鼻血がドクドク飲み込むほど出たので、状況が状況だけに(公務)すぐ救急車を呼ばれたようで、生まれて初めて救急車に乗ったということです。

救急車の中
IMG_0655-T.jpg
転倒後瞬間的に意識不明になったものの、救急車で運ばれるころにはしっかりしており、各数値や受け答えはまともだったように思います。ただ目玉の動き?反応が遅いようでした。

病院ではCTを撮り脳に異常ありませんという事でしたが、一人暮らしなので経過を見るということで、ERでかどうかわかりませんが一時間ほど寝かされていました。
IMG_0657-T.jpg
この頃には冷静になりあちこち確認して鼻が痛い旨を伝えましたが、息ができないとか鼻が曲がっていやだというなら相談の上処置しますが、たいがいはほっときます。「痛み止めが必要なら」と言われましたので「家にロキソニンがあります」と言いましたところお医者さんが「私もそれを処方します」と・・・・何事もなく私もホットしましたが行政の方々もホットされたようで行政の方に家まで送ってもらいました。
よくよく思いますに1mの土嚢からまともに顔面着地ではなく、上で足がひっかかり足での着地に失敗し顔面強打をしたように思います。そのまま顔面着地ならこんなことではすまないですので・・・・。

午後の立会
IMG_0663-T.jpg

どうでもいいですが風呂に入ろうとしたら
R0015033-T.jpg
心電図の電極と思いますが体に付いていましたので記念に撮影。

あるBLOGより引用ーー>
これ、なんだかわかりますか?先日病院へ検査に行った時の忘れ物。心電図で使う全面導電性粘着ゲルタイプ Vitrodeというディスポ電極らしい。検査日の夜、風呂に入ったら脇の下の近くに貼られたままだった。意外な忘れ物に驚いた。ネットで調べると価格は\40,000(50個/箱)で1つ800円らしい。表の中心には金属の凸部分があり、裏はジェル状の接着面となっている。先日の検査は心臓に負担をかけた場合を調べるもので、自転車のペダルこぎ運動&化学物質を血管に注入して調べるRI(ラジオアイソトープ)検査2回、身体に電極を数箇所付けてランニングマシンのベルト上を走るトレッドミル運動&エコー(超音波)検査の2種類。どうやら最後のトレッドミル時の忘れ物らしい。一度使用したものは廃棄するのだろうが、病院へ行って医師に「忘れ物でした」と返したほうが良いのだろうか。それにしても、海堂さんの医療エンターテイメントにハマっている時に、こういった変わったモノを手にすることができるなんて偶然にしてもおもしろすぎる。僕の人生はマンガ的なのかもしれない。
<--引用終わり
そこそこあるのですね。

救急隊の方がはられ病院では胸は開かなかったので残ったのでしょう、救急車の中の写真で左下のモニターの電極だろうと思います。またこのさらに左に携帯があり搬送病院が決まるとデーターの送信をしているようです。

今日は自分的には色々体験できた日でした。しばらくじっとして寝ます。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply