2月26日(日)

あまり良い天気ではなく気温はあがりませんでした。

T先生のところに本の拡散お願いに行ってきましたが、ちょうど四国八十八箇所巡りから帰られたところで、なんと二回目突入の最初とのことで、一回目の御朱印帳を見せてもらいました。今回のは、ややでかい御朱印帳で各札所のお堂が描かれていました。さらに白衣の御朱印用にも今回は、なんか一番の値打ちなのは巻物状のもので「あら家宝にしよらすごたるばい」と言われていました。それから「御朱印帳は代えずに何度も使われマッカッかの人もおられるもんね」と。
きっかけは娘さんが高松に学生でおられたからということで、それじゃ私もと、2011年ゆるきゃらグランプリ2位のところに住んでいたので・・格好からさんや袋でも・・。
確か、本の弟さんは走って回られたのか、屋久島の時のガイドさんが走って回られたのか、いや両方とも歩いてだったのか忘れましたが、結構体験者の方がおられるようです。


日曜日美術館 1954年55年にカメラメーカーと雑誌社の依頼で訪れた木村伊兵衛のパリでの足跡を、千住明さんと緒川たまきさんがたどります。ASA10という開発途上のカラーフィルムで実験的に撮られたそうです。
「木村伊兵衛天然色でパリを撮る」

木村伊兵衛のパリ
DSCF2052-S.jpg

DSCF2054-S.jpg

百華百彩 (ちなみにISO3200)
IMG54378-S.jpg

IMG54375-S.jpg

IMG54346-S.jpg

IMG54401-S.jpg


スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply