6月はなんやかや

わたくし的6月はおとっつぁんおっかさんのおっかさんおっかさんの妹の命日月弟の誕生日。そして6月15日は娘の誕生日結婚記念日。
おおやけ的ではなんだかわからない父の日、ご当地犬子ひょうたん祭の日。
引用ーー>
毎年6月15日に八坂神社(大宮神社境内)で行われる祭りです。
 祭りの起こりは江戸末期といわれています。ある年のこと、疫病が流行し、山鹿の里人たちはあらゆる疫病退散の祈願をしても効果がないので困り果てていました。その時、祇園の神が枕元に立ち、現在の祠(ほこら)は、低地で不浄である。小高い杉山の地へ宮居を移すように」と告げられました。そこ、中村の庄屋の屋敷にあった八坂神社を現在の社地に造営し、遷座(せんざ)する事になりました。その時、どこからとともなく子犬が現れ、神輿(みこし)に供奉(ぐぶ)して離れず、無事に遷座がすむと消えてしまいました。その後、疫病は消滅。里人たちは「あの子犬たちは、祇園さんの化身か使いものに違ない」といい、子犬の姿を、祇園さんの好きな酒を入れる「ひょうたん」とともに米の粉で作り、疫病除けのお守りとして一年間部屋の隅に飾るようになりました。
 また、祇園祭の日は「初かたびら」といい、女性はこの日から浴衣を着始める習慣があります。若い女性や小さな子供が浴衣姿で訪れ、山鹿の風物詩のひとつとなっています。
 この日に小雨が降ると豊作間違いなしといわれています。
         <--引用終り

6月15日は大雨でしたが豊作は?でしょうか。

ちょうど9年前
imge177-s.jpg
家人と娘は越境していました(独逸・墺太利・瑞西)。9年後の今年は孫が入院したため病院泊まりでした。居住地の坂田祇園祭り(輪くぐり(厄払い))は是非行くことにします。
なんだか人の一生はパソコンにかるく入ってしまいそうで愕然・・・・そんなこと考えちゃいかんですね。
スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply