10月17日(月)・18日(火)

iOSを5.0にした、というよりわけもわからずVupしました。
とりあえず、iPodがミュージックになり使いやすくなった気がします(カテゴリーが常時表示され遷移がわかりやすい)。
iCloudも登録はしたものの今のところなにもしていない状況です。

PCよりタブレットに触る時間のほうが長く、何かをしながらニュース・天気予報・TV番組表などながらマルチタスクでの利用です。ただ本を長時間読むにはなんらかの工夫がいるかもしれません。

こうなると、すでに骨董に近いセコハン携帯もと思いながらも、さきだつものがさきゆきふとうめいという状況と、人は機械のマルチタスクのようにはいかず限界があるという認識がかろうじて技術革新追従(単なる物欲)をおしとどめています。
また、千葉在住のN氏は両手には余るスマートホンと机上には余りあるPCがあり、加齢による忘却(二十歳ですでに始まっている?)症候群と多メールアドレスによる情報伝達不全症という症状が出ているらしいという噂を聞くにつけ、躊躇する理由の最有力と位置付けているのです。

その関係性を示すと
複数の機械化<機械の多機能化<マルチJOB<マルチタスク(プロセス)<マルチスレッド
となりコントロールの難易度は高くなり私たち老人の及ぶところではないと思うしだいであります。
分かりやすく複雑に述べますと
パチンコ玉を1つ盤面に発射しますとその行き先は目で追う事ができますが、そのパチンコ玉が増えていくにつれその行き先を追従することが出来なくなるということになり、結果オーライというまさに出たとこ勝負になるのです(それぞれの玉はお互いに関係なく動いているという条件のもと(質量にともなう引力は無視してよい))。
さらに私には、金鎚一本で確率をコントロールしたり、マルチスレッドにもかかわらず一本の釘めがけて何千発も玉を打ち続けることもできません・・・・。

Appleのデザインの素晴らしさはともかく、整理と潔さと繋ぎ(大は小を兼ねるでなく適材適所でありながら一貫性がある)がたくみであると私は思うのです。
iシリーズでそろえると老人でも使えますといってるのではありませんが、他では難しいかもねといってるだけです。(爆)


R0013364-s.jpg

R0013360-s_20111018081035.jpg

病院の待ち時間「研ナオコ」を聴いてました。ピュアオーディオより聴いてる時間は圧倒的にディジタル(PC)系が多い昨今です。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply