10月02日(日)

お宮さんの掃除がが終わって朝食後、バイト先の Tさんと 宗不旱(そう ふかん)の歌碑を訪ねました。
きっかけはなにかとありますが「近代の山鹿を築いた偉人たちシリーズ」(山鹿市教育委員会 教育部 文化課)に出会ったからです。
また、Tさんを誘ったのは2ヶ月に一度は台湾、中国、韓国など東アジアを彷徨われることと少しは関係があります。

近代の山鹿を築いた偉人たちシリーズ 009
soufukan01-s.jpg
http://inakatei.web.fc2.com/fukan.pdf<--一応PDF(8ページ)をあげておきます。

鹿本総合支所あたりだろうと出かけたのですが、うろうろした後鹿本総合支所横のひだまり(図書館他建物)で「宗不旱の歌碑はどこですか?」「家はそこですが」
IMG51490-s.jpg
「歌碑は分からんので清浦記念館で聞いてください」と清浦記念館へ「勉強せんといかんとですが分からんとですよ」「この大銀杏のそばになにかありますね(地図上)、ここはどぎゃん行くとですか?」「来民のH銀行のコギャン・コギャンです」「はい行ってみます」と・・・・H銀行で駐車しとりあえず昼ご飯でもと卑弥呼へ
IMG51491-s.jpg

IMG51498-s.jpg
ここで宗不旱の歌碑と大銀杏の場所を聞いてもわからず歩いて探索

樹齢350年以上 加藤清正朝鮮出兵戦○祈願植樹?天然記念物大銀杏
IMG51500-s.jpg

大きな家
IMG51503-s.jpg

旧鹿本町郵便局
IMG51502-s.jpg
など興味深いものを発見しながら・・・・
5人の方々に聞いたのですが「人の名ですか?わからんですねえ」としかたなくH銀行駐車場に戻ると、Tさんがそこにあった来民の地図看板を見て「ここ、ここ鹿本総合支所」と・・・・

鹿本総合支所の横にありました
IMG51504-s.jpg
家を教えてくれた方の所のそばに・・・・目の前にあるにもかかわらず見てないとわらないものですね。
鹿本総合支所で聞けばよかったのですがあいにくの日曜日でしたので、しかし大銀杏他なにかと発見できました。
聞けばよけいにわからくなる場合もありますが・・・・。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 2

There are no comments yet.

eri  

どこへいかれましたか?

旭志にある歌碑は、なかなか風情ある場所にあったような?
そんなところになぜあの不旱の碑があるのか??と思った記憶がありますが。行ってみてください。

2011/10/02 (Sun) 22:58

田舎亭主  

旭志の歌碑と

歌碑からしばらく進み
徒歩で山を約800m下り終焉の地にも行ってきました。

明日書きたいと思います。

あと三箇所あるようです。

歌と画で違いますが、青木繁と人間像がダブってきます。

2011/10/02 (Sun) 23:43

Leave a reply