7月30日(土)

バイト先から戻り恒例の洗濯関係を処理し病院へ、昨日病室を変わったのですが同級生G子しゃん(さんとかちゃんでなくしゃんでなくてはならない)のおっかさんが同室であることが発覚し挨拶をかわしたしだいです。

バイト先では久々にRさんに会いましたが、2年間の写真がハードディスクから消滅したそうでその復旧にかかりっきりだったそうです。復旧ソフトで対応されているとのことですが、写真1枚がモザイク状でそのモザイクの大きさが色々あるようです。とにかく時間がかかるようです。単純にディレクトリの復活ではなくレコード(ファイル)はかなり複雑というか破損状況にもよりますが、よくそんなことが出来るものだとも思います。画像などは破損箇所を周りから予測計算するのではないかと想像しますがどうでしょう?。なにせソフトで画像をいじくれる時代ですから、しかし復旧したのが事実(壊れる前の状況)かどうかはわからないと思います。ただ誰もそんな違いは気にしないことでしょう。でもある意味2年間の歴史が消えたのです。

三匹の普通の大きさの蟻がいてもその大きさの違いは誰も気にしませんが、犬みたいな大きさの蟻が三匹もいたらその大きさの違いが気になるかもしれん。逆に蟻みたいな大きさの犬がいて気になったとしたら、それは大小だけで気になるのではないということは自明の理です。
今日ある写真家の方から蛙の存在を教えていただきました。雨蛙ですが私の経験では4cm程で最大級のでかさでした。今まで雨蛙は2cm弱しか見たことがありませんでした。蛙は自分が想像しているよりでかいのに自分では見つけることができませんでした。
IMG50247-s.jpg
単焦点で蛙は辛いです。

私は同級生のおっかさんかどうかわかりませんでした。一応気にはなりました。
それからレントゲンを撮ったそうですが、レントゲンの写真では誰かわかりません。手続き上の識別番号(名前)でそうだと思う訳でそこそこ間違いもあるのでしょう。このところ検査や注射の時に名前・生年月日確認が頻繁に行われるようになっています。

今朝の蓮
IMG50147-s.jpg

IMG50176-s.jpg

IMG50197-s.jpg

睡蓮
IMG50214-s.jpg


昼にカツ丼に挑戦しましたが、上部完成後ご飯がないことに気がつき(冷凍してあったと思っていた)パンでもよかったのですが一応コンビニへ行きましたが、一個だけ白ご飯がありなんとかなりました。ただ玉子が固化し過ぎ二次災害というか、ご飯がないという原因による玉子の固化し過ぎという障害が発生しました。機能的には在庫管理の機能不足ということになります。製造に当たりパート図というか手順も曖昧で事前確認が出来なかったということも重大な要因でもあります。
DSCN1186-s.jpg
ちなみに丼茶碗は家人作のはずです。

昼食を食べた後足に赤い斑点(100%ダニ)7カ所と痒い普通のブツブツ(おそらく蕁麻疹)が発見されました。ダニについては古いバルサンがあったのを思い出し煙で燻しました。蕁麻疹は一応薬を塗りましたが何にたたったかわかりません。こりゃ掃除もしないといけませんね。

踏んだり蹴ったりで
夜は親子丼を予定してましたが延期することにしました。

スポンサーサイト



今昔田舎亭
Posted by今昔田舎亭

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply