もう50年

数日前に家人が孫に「何が食べたい?」と聞いたところその答えが「白米が食べたい」と
ありゃ~それではと精米にいきました。

そして昼も近くなりましたので念願のスガキヤのラーメン(320円)を
IMG_1621-m.jpg
たべました。美味い。


N○Kなどで特集が組まれてましたが
IMG_1619-m.jpg
50年になるのですね。(中日新聞)

当時
IMG_1622-m.jpg

IMG_1613-m.jpg

何事にもあきやすく長続きはしないのですが
以前に熊本で発見されたもので引越しにもかかわらず持ってきてました・・・・・・50年・・物がたまるはずです。

スポンサーサイト

蓮の花

体調不良と天候不良でこのところ行ってなかった愛知健康の森に行ってみました。

愛知健康の森
IMG_1611-m.jpg IMG_1610-m.jpg

蓮の花が咲きだしていました。
DSC_4138-m.jpg

DSC_4140-m.jpg

DSC_4130-m.jpg


DSC_4135-m_201606281952152b5.jpg <--クリックすると大きくなります。

DSC_4131-m.jpg <--クリックすると大きくなります。


花が遠いのでこれだという花(手を合わせたくなるような花)をなかなか探し出せませんでした。
例えば
DSC_5630-m.jpg
(昨年の6月27日熊本にて)

蒲郡

久々の更新です。大したことではありませんがちょっとばかりねおっとりました。

あまりの天気に急遽蒲郡に行ってきました。
P6270160-m.jpg

P6270166a-m.jpg <--クリックすると大きくなります。
丘の上は昔の蒲プリです。


竹島水族館
P6270150-m.jpg
オオムガイ(いきた化石) B&Wにノーチラスというスピーカーがありましたが2本で500万円ほどでしたか?水族館の入場料は500円(大人)でした。

アメリカズカップに参戦したニッポン・チャレンジのヨット
P6270032-m.jpg

そして
「アジア初! 福岡で開催決定! 迫力満点の世界最高峰ヨットレース 「アメリカズカップ」を見に行こう!」(2016年11月18日~20日)のようですね。予選。

知多八十八箇所 日間賀島 (6月17日)

日間賀島
IMG_1524-m.jpg

P6170011-m.jpg

P6170008-m.jpg P6170012-m.jpg

P6170017-m.jpg


大牟田のSさんが送ってくれました。
ラピュタの道
IMG_1532-m.jpg

震災前最後のラピュタの道(2016.03.20)
P3200058-m.jpg P3200062-m.jpg P3200057-m.jpg P3200072-m.jpg 
野焼きで黒々してましたがあえて。

深度合成

AA SEDAN CAR MOUSEを父の日ということでもらいました。

そこで手持ちで深度合成を試してみましたが
AA SEDAN CAR MOUSE (実寸約12cm)
P6180055-m.jpg
合成の深度幅が足りてません。

GOLF7 USB (実寸約5cm)
P6180133-m.jpg
暗いです。

いずれもトリミングしています。
ピントをずらしながら何枚かとり合成するのですが思考錯語です。三脚で撮らないといかんですね。

知多八十八箇所

昨夜の雨も朝にはどうにか上がり今日は12ヶ寺をまわりました。

36番:遍照寺 (師崎~日間賀(船)) 37番:大光院 (日間賀~篠島(船)) 39番:医徳院 番外:西方寺 38番:法禅寺
(篠島~師崎(船))  番外:浄土寺 40番:影向寺 41番:西方寺  42番:天龍寺 43番:岩屋寺 番外:岩屋寺奥の院
28番:永寿寺

早朝、愛知のMさんの畑集合
IMG_1520-m.jpg

36番:遍照寺を回り
船で日間賀島へ
IMG_1521-m.jpg

37番:大光院を回り
P6170009-m.jpg


船で篠島へ
39番:医徳院・他を回り
P6170025-m.jpg


船で師崎に戻り
番外:岩屋寺奥の院
P6170053-m.jpg

P6170060-m.jpg


移動は車と船で歩行距離は5Kmほどでした。

ちょうどよい

暑くなると風が吹きわりと過ごしやすい日でしたが動くと汗タラタラになります。

IMG_1494-m.jpg

IMG_1496-m.jpg

IMG_1497-m.jpg

IMG_1499-m.jpg

IMG_1502-m.jpg

IMG_1506-m.jpg
見えるのは至学館大学で私がウォーキングする頃にはトレーニングでか学生が走っていてわりと挨拶をします。歩く励みにもなります。

今朝(15日)朝の新聞に記事が
IMG_1491-m.jpg


2016061501a-m.jpg

ああー海鮮丼

午前中スーパーのゲーム場に付き合っていました。
午後から小雨になりやがて雨は上がりました。

愛知健康の森
だいたいほぼ定点観測
IMG_1478-S.jpg

IMG_1473-S.jpg

IMG_1479-S.jpg

IMG_1470-m.jpg

IMG_1471-m.jpg

ネジ花が
IMG_1481-m.jpg
ありました。

2016061301a-S.jpg



海鮮丼 わたくしの標準原器(既出柳川 夜明け茶屋 )
IMGP2216-s-m.jpg
 
6月の海鮮丼
IMG_1313-m.jpg IMG_1468-S.jpg
です。

焼肉が世代的衰退傾向にあるなか、暑くなると気分は鰻へと流れがちになるのですが、海のそばでの対鰻海鮮丼3杯のコストパフォーマンスにもなかなかのものがあります。

ところで
昔は上乗せ品目丼縁たらし系の盛り付けが意外とありましたが、最近はどこもあまり上乗せ品目丼縁たらし系を見なくなり残念ではあります。

上乗せ品目丼縁たらし系の盛り付品種例 (季節的上乗せ品目によるのでしょうかね)
R0012831_20160614053939353.jpg IMG80030-s_20160614053937f4d.jpg

二宮尊徳

市内のある小学校に行きましたが家人が二宮金次郎の像があると驚いてました。

カメラが顔認識した人宮金次郎
IMG_1461-S.jpg



私はわりと見ていた気がするので記憶をたどりましたが出てきたのは上色見小学校で
IMGP3210-S.jpg <--クリックすると大きくなります。

中央の下の方に
IMGP5105-S.jpg

IMGP3214-S.jpg
2003年に統廃合により幕を閉じた小学校です。

昔から小学校には二宮金次郎がずっといたような気がしてたのですが、検索してみると歩きながらスマホを助長するので撤去したとか、座った像にしたとか なんのこっちゃという対応が見られました。


我が家のバジルはまだ利用できるほど育ってませんが
IMG_1457-S.jpg
熊本からバジルが届きましたので

さっそく
IMG_1465-S.jpg
利用した次第です。美味かった。

生八つ橋

娘が京都出張で午前中孫の学校行事に行きました(授業参観のある祭り)。

参観がおわりそれこそナンヤカありまして
ペタンク
IMG_1432-S.jpg
をやってみました。単純で面白いというかゲーム構成要素として昔のラムネん玉(ビー玉)が思い出されました。


午後愛知健康の森へ
定点観測
IMG_1438-S.jpg <--クリックすると大きくなります。

IMG_1437-S.jpg

IMG_1440-S.jpg

IMG_1443-S_20160612070728b72.jpg

IMG_1445-S.jpg
ボチボチ蓮の花芽が出ていました。

2016061101b-S.jpg
昨日より少しはましでしたが暑かったのです。



娘からの土産で
IMG_1451-S.jpg
なんとソーダ味の生八つ橋が・・・・・・以外に美味い・・・・・・生八つ橋赤城乳業化(ガリガリ君)

アッツ

現状で(まだ体がなじんでない)30度超えると暑いです。

昼過ぎから風が出て過ごしやすくなり夕方ウォーキングしました。
P6100021-S.jpg <--クリックすると大きくなります。

P6100040-S.jpg

池を渡る風が心地よかったのです。

2016061001a-S.jpg
計測を止めるのを忘れてました。

雨歩き

少し雨が降って少し涼しいので少し歩きました。

iPhone6+で
IMG_1397-S.jpg <--クリックすると大きくなります。

IMG_1382-S.jpg

IMG_1391-S.jpg

IMG_1400-S.jpg

IMG_1404-S.jpg



普通の4/3のカメラ
P6090012-S.jpg <--クリックすると大きくなります。

P6090001-S.jpg

P6090004-S.jpg

P6090009-S.jpg


2016060901a-S.jpg

歩くと暑くて途中スーパーでノンアルコールビールと茹でうどんを調達家に戻りました。美味かった!

カメラユニット交換

さほどスマホでは写真を写さないだろうと一年間ほどほったらかしにしてましたが、愛知のMさんの6に比べるとピントが気になってカメラ交換してもらいました。

kamera.jpg


交換前
IMG_1366-S_20160608211145679.jpg <--クリックすると大きくなります。

IMG_1367-S.jpg


交換後
IMG_1368-S.jpg <--クリックすると大きくなります。

IMG_1370-S.jpg

同一条件ではありませんので
あまり違いがわかりませんがよくなった気がします。ウデのせい及び先入観がおおきですかね。


普通の4/3のカメラ
P6080010-S.jpg <--クリックすると大きくなります。

P6080015-S.jpg

筍をもらい(捕獲)に行ってきました。

IMG_1361-S.jpg IMG_1362-S.jpg 
家に戻り速攻で茹でました。

戻る途中で「花かつみ」を見て帰りました。
DSC_4123-S.jpg

DSC_4125-S.jpg <--クリックすると大きくなります。
まだ満開(花数が多い状態)ではありませんが小ぶりでなんとなく品がある花です。

花かつみ <--クリックすると飛びます。
http://www.kamoltd.co.jp/kakegawa/nagata.htm <--クリックすると飛びます。




昨日いただいた玉ねぎで
IMG_1344-S.jpg IMG_1345-S.jpg IMG_1346-S_20160607162034c4c.jpg IMG_1351-S.jpg IMG_1353-S.jpg
何になったのでしょう。
明日スマホの内蔵カメラの取り換えを予約していますので試し撮りをした次第です。

購入後すぐに不具合で取り換え対象のロットになりましたが、そんなにスマホで写真を撮ることはなかろうと一年間ほどほっておきました。しかしながら結構枚数的にはスマホで写すのが中心になり気分も写真もスッキリしないので交換することにし交換プログラムを申し込んだ次第です。友人の6と比べると私の6+は違うんですよね。

野菜

このところなにかと野菜をいただいています。
IMG_1249-S_2016060505501162e.jpg IMG_1316-S_20160605055012803.jpg

我が家でもコンテーナ菜園を始め、古い腐葉土を整理し新しい腐葉土を入れバジルをを少し植えました。
土のローテーションや上げ降ろしやがなかなか厄介でボチボチ小規模でスタートです。


アーケードゲームに付き合ったついでにスガキヤのラーメンを食べようか思いましたが結構人が多くてこちらになりました。
IMG_1321-S.jpg
鶴亀堂 <--クリックで飛びます。
体調にもよるかと思いますがチョット堪えましたので、夕食はトコロテン、モズク、納豆にしたしだいです。
スガキヤ <--クリックで飛びます。

同じ愛知の会社で歴史や店舗形式(独立店舗とテナント)が違うのでしょうが、当たり前といえば当たり前で顧客層(好み)がわかれますね。私も加齢とともにシフトしている昨今でしょうか。

続 知多八十八箇所

とあるお寺の本尊を

P6020023-S.jpg <--クリックすると大きくなります。

初めて気が付きましたが
P6020016-S.jpg

引用ーー>
太子信仰と多様な聖徳太子像
聖徳太子は用明天皇の皇子として生れ、厩戸皇子とか豊聡耳皇子と呼ばれたように、幼い頃からたいへん聡明な少年であったと伝えられています。
 とくに、太子の青年期には父用明天皇の早世、蘇我氏と物部氏の二大豪族による激烈な対立、叔父の崇峻天皇が蘇我馬子に暗殺されるという前代未聞の悲劇などを目の当たりにされたことが、その後の太子の人間形成に大きな影響をおよぼしたと思われます。
 やがて推古天皇の皇太子となった太子は、「十七条憲法」や「十二冠位」の制定をはじめ、遣隋使の派遣などを推し進め日本国家の礎を築かれました。
 そのような優れた才能に恵まれた太子でありましたが、ついに皇位につくことはありませんでした。やがて太子の率いる上宮王家の人々は飛鳥の地を離れて斑鳩へ移りすむこととなりました。しかし、それはけっして飛鳥の都からの逃避ではありません。むしろ太子自らの理想を実現する拠点とするために斑鳩へ進出されました。
 太子は斑鳩宮において理想郷の実現を目指すかたわら、高句麗の慧慈法師の指導のもとに仏教をまなび「勝鬘経」「維摩経」「法華経」の註釈書を著わしたり、法隆寺などの寺院を建立して、積極的に仏教の興隆に尽力されました。
 しかし、その太子の身に覆いかぶさるかのように暗雲が押し寄せました。まず太子の母、穴穂部間人皇后が推古29年(621)の12月に薨去されました。その直後から太子も発病され、つづいて最愛の妃であった膳部菩岐々美郎女が看病疲れのせいか、太子に先立って亡くなっています。その翌日に太子も斑鳩の宮殿で薨去されました。ときに推古20年(622)2月22日、太子49歳でありました。
 悲嘆にくれた妃や皇子たちが太子の薨去を悼み「釈迦三尊像」や「天寿国曼荼羅繍帳」を造って追慕したことはよく知られています。
 釈迦三尊像は、太子が薨去された翌年の推古21年に太子をモデルとして造ったものであり「釈迦三尊像=太子の姿」と考えられています。それは釈迦三尊像の光背裏に彫られた銘文に「当に釈像の尺寸王見なるを造るべし」と記されることによります。
 また、太子等身と伝えられている救世観音像をはじめ、太子が赴かれたとされる浄土の様子を想像して刺繍した、天寿国曼荼羅に見られる男性の姿は、太子として追慕したものと考えられています。
やがてそのような太子追慕の気運を背景として、太子は7世紀の後半から、さらに多くの人々から尊崇されるようになり、斑鳩宮の旧跡が、太子の聖蹟として復興されることになりました。
 天平年間に行信という高僧によって太子を供養する寺院として建立されたのが「上宮王院」(夢殿)で、その本尊には太子と等身の救世観音像を安置しました。そこには太子の遺品をはじめとし、命日を意識して奉納された多くの宝物類も納められるようになりました。その中心の建物である八角円堂夢殿の前では、太子を供養する法要である「聖霊会」が執り行われるようになりました。
 この上宮王院を中心として太子信仰が盛んになりました。太子の五百回忌に相当する保安2年(1121)に法隆寺における太子の供養堂としての聖霊院が建立され、その本尊として「勝鬘経講讃像(摂政像)」が安置されました。それに先立って延久元年(1069)には太子の一代の絵伝を描くとともに、それを奉安する絵殿が建立されました。
 大治元年(1126)には、太子が講讃された「勝鬘」「維摩」「法華」の三経の研鑚道場である三経院、承久2年(1220)には、太子の掌中から出現したと伝えられる舎利を奉安する舎利殿などの造立が相次ぎ、それらの殿堂では太子を供養する法要が行われました。これらの殿堂の建立とともに、その本尊となる太子像も多く造顕されました。
聖徳太子には実に多様な肖像があります。2歳の春、合掌して「南無仏」と称えた姿を現した「南無仏太子像」。父、用明天皇の病気平癒を祈る姿の「孝養像」。冕冠をいただき、経机の前に坐して勝鬘経を講じる「勝鬘経講讃像」。巾子冠をいただき、緋袍を着し、執笏、 佩刀する「摂政像」。さらに、座り方、服装や持ち物、脇侍像や背景の違いなどによるバリエーションを加えると、その種類は多岐にわたります。
 鎌倉時代になると、西大寺の叡尊や法隆寺の顕真、浄土真宗の開祖である親鸞らの鼓吹によって、太子信仰は大きな広がりをみせ、それに伴って太子伝の伝説化が進み、太子像の造立も爆発的に増加しました。また、太子像は太子伝の特定の記述と結びつき、さまざまの姿を異にしたものが造顕されてきました。
<--引用終わり

そして
もうひとつの太子信仰は
聖徳太子は大工道具として欠かせないモノサシ、曲尺の使用を日本に広めた人物とされ、ここから大工や木工職人の守り神となっていったのです。
このような信仰は室町時代末からはじまり、江戸時代には大工、木工、さらには左官、桶、鍛冶といった職人たちが「太子講」を営みました。講とは信仰を媒介にした結社、組合のようなものです。
太子講で拝まれる聖徳太子像は、上記の「太子孝養像」によく似ています。「孝養像」では太子が両手に香炉を捧げ持っていますが、太子講の像は香炉が曲尺に置き換えられています。
この2系統の太子信仰が、いつしかないまぜになって、空海をあがめる「大師信仰」などと同様に、現世利益をもとめる庶民信仰の代表格になっていったのが、聖徳太子信仰というものだと考えればよいかと思います。

ほっほーー お札の肖像になったのは現世利益をもとめる庶民信仰なんでしょうか?

煩悩まるだししてます。

知多八十八箇所

同行の方の田植えとかサミットとかあり間があきましたが、今日は弘法参りをしました。

35番:成願寺 30番:医王寺 31番:利生院 32番:宝乗院 33番:北室院 34番:性慶院 29番:正法寺
27番:誓海寺 開山所:禅林堂 48番:良参寺 49番:吉祥寺 の十一ケ寺です。

弘法大師上陸像
P6020049-S.jpg

引用ーー>
弘法大師が諸国行脚の途中、弘仁5年(814年)に三河から船で上陸したところ。大井港を望む聖崎の双子島に、昭和59年建立されました。双子島の周りは海。離れたところから見ると、海にそびえ立つ弘法大師像。年に1度、大潮の時に双子島まで歩いて渡れる道ができるので、その機会に掃除をしています。
<--引用終わり


道中
P6020010-S.jpg

P6020005-S.jpg

P6020055-S.jpg

P6020054-S.jpg


歩行距離 8kmほどでしょうか
2016060201a-S.jpg
これは片道です。
疲れは別に、カラッとして風があり爽やかに歩けました。

金星

熊本城がライトアップされたとか。

金星 
DSC_4089-S.jpg
2016.06.01の間違いです。トリミングあり。


抹茶好きの孫が修学旅行から戻ってきました
IMG_1297-S.jpg
すべて抹茶含有です。今時木刀は買えないみたいです。

2008年6月1日

速い6月になりました。

2008.6.1 豊後森機関庫
IMGP0255a1-S.jpg <--クリックすると大きくなります。


2016.5.31
IMG_1279-S.jpg

IMG_1281-S.jpg

IMG_1282-S.jpg

2016053101a-S.jpg

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ