2月28日

年が明けアッートいうまに2月も最終日2月28日になりました。

愛知のMさんと6:02からTALK。
私も毎日「世界の車窓」を録画してます。
車窓で検索すると結構ありますね。
YouTubeで車窓を見るとすごい。5時間ものが沢山ありますね。
バックミュージックがないだけに、人が歩く音やプラットフォームのアナウンスの音などがよく聞こえます。出張を思い出します。



百華百彩も明日1日です。

NDF_0524-m.jpg


NDF_0496-m.jpg NDF_0461-m.jpg NDF_0552-m.jpg
スポンサーサイト

2月27日

年が明けアッートいうまに2月も終盤2月27日になりました。

愛知のMさんと6:02からTALK。
雨がかなり降ってます。室温が14度もあります。風呂を洗っていましたら熱くなりました。


バイ先Tさんがあれいいよということで、
NDF_0412-m.jpg
「世界の車窓から」ではなく「ヨーロッパの車窓だけ」です。

引用ーー>
この番組のメインとなるのは正真正銘"ヨーロッパを走る鉄道の車窓"だけです。 車窓だけの旅には、音楽もナレーションもありません。街やグルメの情報も一切ありません。 流れてくるのは、鉄道の車輪がレイルの継ぎ目を渡る音や、車内のアナウンスなどの状況音だけ。 ふと聞こえる乗客たちの語らいや、検札にくる車掌さんとの会話などが旅の臨場感を高めてくれます。 家に居ながらにして、ヨーロッパの鉄道から車窓を眺める―そんな贅沢な時間を提供します。
<--引用終わり

探してみました車窓(ジュネーブ~パリ)
FH000184-m.jpg

FH000183-m.jpg

ローザンヌ~ジュネーブ
FH000011-m.jpg
車窓に戦車

DB
imge108-m.jpg

2月25日

年が明けアッートいうまに2月も終盤2月25日になりました。

愛知のMさんと6:43からTALK。
今日は畑で1人焚き火をしてナンプレゲームを楽しんでます。昨日は私の家族含め5人も集まったのですが。
かなり気温が上がってます。あまり寒さを感じません。



IMG_2990-m.jpg IMG_2991-m.jpg IMG_2994-m.jpg
昨晩の夕食(さんとう菜と賞味期限の生ハム煮)いまいちでした。
今朝の朝食(白菜とアゲ煮)まずまずでした。
頂ました漬物。おいしゅうございます。

Ai Zoom-NIKKOR 35~70mm 3.5~4.5 1977年12月
NDF_0396-m.jpg

2月23日

年が明けアッートいうまに2月も終盤2月23日になりました。

愛知のMさんと7:01からTALK。飲みすぎましたか?
朝の室温は7度でした。まだ朝は寒いです。今日は穏やかな朝です。
畑の梅が4分咲きくらいになりました。


家の庭には
NDF_0342-m.jpg



大牟田のb-kunさんからTELが「阿蘇山上におりますよ」私「昼から行くけど雪はどうですか?」
そして送っていただいた
IMG_5148-2-m.jpg
七つ星の写真です。

午後から福岡Iさんと阿蘇方面へ
IMG_2985-m.jpg

NDF_0358-m.jpg

NDF_0382-m.jpg
七つ星朝食のレストランで、ランチは終わってました。
七つ星デザインのバスは列車が動けなくなった時を含め、列車を追っかけて走っているとのことでした(阿蘇駅で)。

阿蘇でこれほどの雪は見たことがありませんが、とにかく雪の話題が多かったです。

2月22日

あれやこれや・なんやかやアッートいうまに2月も終盤2月22日になりました。

愛知のMさんと5:44からTALK。
室温7度でした。外はかなり明るくなりました。春間近です。

夜中と思われますが、寒さの影響かわかりませんが、足を曲げている状態で足がつりました。

ミネラルの不足ですね。と、インターネットで見る限り。最近定期的なウォーキングしてないでしょう。

そんな指摘で
20140222a-m.jpg
少しあるきました。

そしてあらためて写しましたが、
NDF_0285-m.jpg
市外(中継)交換機に市外回線34回線、市内交換機に電話41加入とあります。
呼損率0.1で市内電話は何加入まで可能でしょうか?ただし市外通話は50%一通話3分として。昔々お世話になりましたアーラン表を思い出します。

復活イタリー亭
IMG_2973-m.jpg IMG_2975-m.jpg NDF_0304-m.jpg
で今年初めての新年会です。
ワインはロミオとジュリエットの舞台の所産とかで「Mさんがそこ行ったよ」と「Hさんがスペインの生ハムは美味い」と話も堪能しました。

2月21日

あれやこれや・なんやかやアッートいうまに2月も終盤2月21日になりました。

愛知のMさんと6:05からTALK。体調はよくなりましたか?
(私は、先だって朝、頭ガンガンで早めのパブ○○で終日寝ていました)

以前、気になる論文がありました。それは、20. ミミズ?(ミミズ自慢は恥自慢)
森林にはミミズは僅かしかいません。落ち葉で覆われていても、炭素比が高く糸状菌が主に働き、腐敗していないからです。また、長期間キノコの廃菌床で地表を厚く覆っておいても、やはりミミズは増えません。
また、土がフカフカというのは、未分解の有機物が土壌中に大量に残っているということであり、更にミミズが沢山居れば腐敗が進んでいる証拠。ミミズの好む生息環境は、腐敗しかかった有機物が、土壌中や地表に大量にある場合です。ミミズがいれば、それを餌とするモグラが増え、モグラの穴をネズミが利用し作物を荒らします。また蛇なども増えます。
ミミズにはある程度、腐敗した餌が必要で、種類により好む腐敗度が違うと言われています。有機物があっても腐敗が全くなかったり、完全に腐敗していると餌として適さずミミズはいません。ミミズは腐敗し始めた有機物を食べ、それ以上の腐敗・汚染を防ぐ掃除屋。虫や菌同様、腐敗度を表す指標。モグラやネズミも同様です。
ミミズは確かに土を耕し土作りに貢献しますが、有機物の処理工程は、一つでも少ない方が無駄がなく、ミミズのお世話にならないよう直接、微生物に与える方がより効率的に土壌改良ができます。また、ミミズコンポストや糞の製品は肥料。施肥害を起こさないよう注意が必要です。
糸状菌が速やかに有機物をガード。腐敗させず清浄な土壌環境を保てば森林同様ミミズは住むことができません。有機農法でよく聞く、「俺の畑にはミミズが沢山いる」とのミミズ自慢は、「俺の畑は腐りかけている」との恥自慢でしかありません。
この論文を見て、ガックリきました。
今まで、ミミズを養成しようとしてきたのは何だったのか?と。
この論文を見て、ガックリきました。

そこで、炭素率のことを勉強してみようと思ったわけです。


へぇ~です。


百華百彩
NDF_0167-m.jpg

NDF_0171-m.jpg

NDF_0098-m.jpg
三脚使用禁止で高ISO感度手持ち撮影です しゃきっとしません。


2月16日

年が変わりましてアッートいうまに2月16日になりました。

愛知のMさんと7:14からTALK。
室温8度でした。良い天気です。風はかなり強く吹いている感じです。

千葉のNさんは昨日中止になったCP+に行くとのことです。土産話がたのしみですが。


昨日以前のことになりますが
GR002740-m.jpg GR002741-m.jpg GR002747-m.jpg
ぱっと見わかりませんが、時系列で捉えると、それぞれにバジルの枚数や小鉢の品物に変化が見て取れる気がしています。消費税も上がるし助走でしょうか。


百華百彩(昨晩も営業寒かったです)
GR002773-m.jpg

GR002782-m.jpg


金曜日に書類の不備が伝えられましたので
GR002784-m.jpg
昨夜7・11で調達しました。
驚くことは7・11にあるということで、高齢者の多い地域のコンビニのマーケティングというか商品展開に、ビックリで便利です。

2月14日

年が変わりましてはやくも2月14日雪の朝になりました。間があきました。

愛知のMさんと6:17からTALK。
室温8度です。
4度です。
雪が降ってます。少し積もってます。


ひょんなことから発見購入しました。250円
GR002721-m.jpg
文学に見る“浮浪・人夫・野垂れ死”より 引用ーー>
高木護が挙げている人物より(『人間浮浪考―野垂れ死の系譜』、 1973 年)
木喰上人(江戸時代)住まいの小屋の脇の穴の中で死亡、冬を越して発見された。
種田山頭火(明治 15 ~昭和 15 : 58 歳)俳人: 放浪と行乞の末、草庵で亡くなる。
長谷敏男(明治 45 ~昭和 38 : 53 歳)詩人:泥酔して保護された病院で死亡。
辻潤(明治 17 ~昭和 19 : 61 歳)作家:居候先の友人宅で餓死。
尾形亀之助(明治 32 ~昭和 17 : 43 歳)詩人:下宿の一室で衰弱死。
宗不早(明治 17 ~昭和 17 : 59 歳) 歌人:阿蘇 にて 消息を絶つ。数カ月後、遺体で発見。
尾崎放哉(明治 18 ~昭和 15 : 42 歳)俳人:酒で身を持ち崩し、小豆島の寺で結核死。

高木護
1927年(昭和2年)0歳 熊本県鹿本郡山鹿町にて生まれる。2男5女の長男。
1939年(昭和14年) 12歳 父の転職などで8回ほど転校の後、山鹿町小学校を卒業。
1942年(昭和17年) 15歳 山鹿実業学校を卒業。福岡市の丸善博多店に就職。
1944年(昭和19年) 17歳 三重県鈴鹿の気象連隊を経てシンガポールに軍属で派遣。
1945年(昭和20年) 18歳 マライ州で現地入隊。その後、レンパン島で抑留生活。
1946年(昭和21年) 19歳 復員して帰国。両親は既に亡く、弟妹5人が残されていた。
1947年(昭和22年) 20歳 山の中に炭小屋を作り、そこで暮らす。その後、弟の家の居候、土方や農家の日雇取りをする。『詩と真実』の同人になる。
1949年(昭和24年) 23歳 いろいろな職業を転々とする。ガリ版詩集『裏町悲歌』を刊行。松永伍一編の『交叉点』に参加。九州の作家・詩人との出会いがある。後、短編小説、詩、童話を書くようになった。
1954年(昭和29年) 27歳 詩集『夕御飯です』を刊行。*20代は創作活動が盛んだった。
1955年(昭和30年)
28歳 放浪を始める。野宿をしながら九州一円を歩き、その後、筑豊の炭鉱住宅の廃屋に住み、ボタ山のガラを拾って暮らす。
1959年(昭和34年) 32歳 谷川雁と森崎和江のサークル村の居候をした後、翌年から八幡で「人夫」業を遍歴、北九州の労働下宿を転々とする。
1962年(昭和37年) 35歳 ノロの下敷きになり全身打撲になる。
1963年(昭和38年) 36歳 労働下宿を追い出され、浮浪者暮らしに。11月、『週刊女性自身』が「本誌が発見した放浪詩人」として特集を組む。結婚希望が殺到、その中から北九州出身で東京で看護婦をしていた女性と結婚する。⇒これが人生の転機に
1964年(昭和39年) 37歳 結婚して上京。妻に養ってもらいながら、執筆活動を始める。
1965年(昭和40年) 38歳 『放浪の唄』、詩集『夕焼け』を刊行。
*安定した生活の中で以後も次々と作品を発表。
1969年(昭和44年) 42歳 『辻潤著作集』全6巻別巻1を編集。
1980年(昭和55年) 53歳 『木賃宿に雨が降る』、詩集『天に近い一本の木』。読者から、
電話で「あんた、人夫やったことがあるかい」と説教される。
<--引用終わり

高木護 今、市の教育文化課に問い合わせてもらっています。


百華百彩(ふるさと市場出店で出向きました)
DSC_4551-m.jpg
先週↑で三脚をめぐるカメラマン同士の喧嘩があり三脚が使用禁止になっていました。なさけない。


引用ーー>
“野垂れ死”―“野垂れ死”もまた人間になる修行の一つの結果である。
・ここに宗教倫理的なものをあえて見出そうとするならば、飄々と浮浪する中で、自ら
を律していこうとする姿勢である。一人なら一人分で生きるのが人間のあるべき姿。
最後が野垂れ死に終わったとしても、人間になる修行の結果であれば、それもまた良
しと見なす。⇒人間になる主体的な生き方への「覚悟」を問いかける。
「行き倒れのほとんどが浮浪者たちで、身元不明が多いとのことである。性別に分
けると、これまたほとんどが男たちであるという。
行き倒れで死んで逝った人たちを、一概に野垂れ死だとばかりはいえないかもしれ
ないが、野垂れ死の同類には違いなかった。死んで逝くまでの理由はともあれ、自ら
「いのち」を絶たなくとも、死ぬ心構えというか、意思があったかどうかが問題であ
ろう。 / ここでは死んで逝くにしても、その心構えや意思のある者たちの死を、野垂
れ死にとしたい。」 『野垂れ死考』 ( 62 頁)
「行き倒れになるにも、野垂れ死をするにも、「時」というものがあるはずじゃ。
人間になる修行をして、人間の道を歩き、もっとも人間らしく生きた上で、しっかり
と覚悟を決めて、あの世逝きをしなければならないだろう。食えないから、病気で苦
しいから、この世が厭になったから、悪いことをしたから、淋しいから、悪いやつに
騙されたから、裏切られたから、夢をなくしてしまったから、生きて行く自信がない
から、なんとなく死にたくなったから、なんて死んで逝くやつは、理由はともあれ、
たとえ死の結果が行き倒れや野垂れ死にであったとしても、そんなのはただの死でし
かない。わしらが心に大事に仕舞い込んでいる行き倒れや野垂れ死には、ただの死で
はない。「生」の世界が差別だらけだからといって、腹いせに「死」の世界まで差別
するのではないぞ。この世に人間としてうまれてきた者なら、人間になる修行をやら
なければなるまい。これは当たり前のことじゃ。うまれつき、神様や仏様のような者
なら、いざ知らず、わしらみたいなできそこないの屑のろくでなしが、より人間であ
るためには、人間らしく生きて行くためには、心して修行をやるしかないだろう。よ
り人間になる、人間らしくなる修行をやった上での覚悟の死こそ、わしらは行き倒れ
といいたい。野垂れ死にといいたい。」 『野垂れ死考』( 107 頁)
「人間」になるという修行
<--引用おわり

2月11日

年が変わりましてはやくも2月11日になりました。

愛知のMさんと6:02からTALK。
6度です。寒い❗️風呂を洗います。

窓際では32度近くあります。部屋の中は暖房いりません。

ウォーキング終わりました。
外気温は分かりませんが、室温は12度です。ボチボチストーブをたかねば!



バイト先経由で米田健康駅伝へ
DSC_4408-m.jpg

DSC_4400-m.jpg

DSC_4444-m.jpg

2月9日

年が変わりましてはやくも2月9日になりました。

愛知のMさんと5:41からTALK。
室温は8度。外は快晴。雪は所々残ってます。道路は凍結してるかな?
今ウォーキングしながら長男の娘とSkypeで動画通信してました。今年小学校に入ります。風が強くてかなり雑音が入ったようです。
ウィルスバスターを削除し、MicrosoftSecurityEssentialsをインストールしてウィルスチェックをやりましたらトロイの木馬が見つかりました。無料のソフトで十分ですね。



百華百彩 2014.02.08
DSE23272-m.jpg

DSE23241-m.jpg

DSE23267-m.jpg

2月8日

年が変わりましてはやくも2月8日になりました。

愛知のMさんと5:28からTALK。
外は少し雪が積もってます。あたり真っ白です。まだ降ってますが音からするとみぞれのようです。
でも室温は9度ですので昨日より暖かいかな。





「宗不旱」の歌碑めぐり(水前寺公園出水神社内)
DSE23097-m.jpg
ふるさとになお身を寄する家ありて
           春辺を居れば鶯の鳴く



古今伝授の間にて
DSE23215-m.jpg

DSE23187-m.jpg

私は水前寺公園にはいつ行ったのか記憶になく初めてかもしれません。



合田さんが個展をされます
214-m.jpg

2月7日

年が変わりましてはやくも2月7日になりました。

バタバタバタと間があきました。


2013.01.31別府から
DSE22750-m.jpg

日が昇ります
IMG_2812-m.jpg

湯布院
DSE22771-m.jpg

長者原
DSE22786-m.jpg

DSE22819-m.jpg

雲海
DSE22840-m.jpg

DSE22847-m.jpg

DSE22839-m.jpg

2月3日

年が変わりましてはやくも2月3日になりました。

愛知のMさんと5:41からTALK。暖かくてよかったですね。
我が家も今日は巻き寿司です。私は鉄火巻きと沢庵巻きを作ってもらいます。
旭公園に来ました。巻き寿司持参です。


1月30日大阪南港(ATC)
DSE22648-m.jpg

DSE22635-m.jpg

DSE22665-m.jpg

DSE22737-m.jpg


イベントが続きました

百華百彩(2.1)
DSE22929-m.jpg

福祉祭り(2.2)
IMG_2856-m.jpg

恵方巻き(2.3)
IMG_2862-m.jpg

IMG_2864-m.jpg

巻き寿司の原点のような落ち着きがあり実に美味しいです。

2月1日

年が変わりましてはやくも2月1日になりました。

愛知のMさんと7:56からTALK。疲れは残っていませんか?あと敷きマットや腰痛や指圧のTALKをもろもろ。

1月30日途中で法隆寺に立ち寄りました。
DSE22621-m.jpg

DSE22503-m.jpg

DSE22512-m.jpg

DSE22530-m.jpg

夢殿
DSE22574-m.jpg


今日は百華百彩で商品の試食・モデルチェンジへのデータ収集の日でした。
DSE22936-m.jpg

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ