12月26日(水)

昨日のことです
R0013001-S.jpg
娘達が送ってきました。

昨日の夜間餅を
R0012996-S.jpg
つきました。

緩和ケア病棟
セデーション
R0012999-S.jpg
することに同意しました。

緩和三種(ステロイド、(デュロテップパッチ、レスキュー・ドーズ)、セデーション(最終兵器))
引用ーー>
Sedation。鎮静。
薬を使って意識を意図的に落とすことで、苦痛を感じなくさせる治療を指す。ここでいう苦痛とは、身体的苦痛だけでなく、心理的苦痛も含めたものである。
セデーションは以下の2つに分類される。
(1)一時的セデーション(temporary sedation)
睡眠を確保させる、手術時の不安や恐怖感を鎮静薬などを用いて落ち着かせる、などの場合に採用される。QOL(Quality Of Life)が低い状態から一時的に退避させ、セデーション後のQOL(Quality Of Life)改善を見込んで行う。
(2)最終的セデーション(permanent sedation)
死に至るまで持続的に意識レベルを下げること。死に伴う痛みを避ける措置として採られる。QOL(Quality Of Life)の低下を阻止する手段が他にない場合にとられる最終的な処置である。
セデーションはあくまでも苦痛を取り除くために行う医療行為であり、死を目的とした安楽死とは一線を画するものである。ただ、最終的セデーションは安楽死と変わらない、という議論もあり、倫理的に難しい問題である。
終末期におけるセデーションの採用は、患者と家族、医療従事者の間で十分な話し合いを持ったうえで、患者と家族のコンセンサスを取っておく必要がある。

<--引用終わり

スポンサーサイト

12月25日(火)

緩和ケア病棟

R0012985-S.jpg

様子見だった腎蠟交換が行われました。
R0012986-S.jpg

看護師さんが言われていたリンゴ牛乳を探しに行きました、ピントが合いません某所クリスマスツリー。
R0012990-S.jpg
ここではリンゴ牛乳は見つかりませんでした。

fkk12110202100000-p1-S.jpg
引用ーー>
リンゴ牛乳年内で生産中止 福岡・大牟田オーム乳業
2012.11.2 02:10
■「経営強化、やむを得ず」
福岡県大牟田市で半世紀に渡り、市民に親しまれてきたご当地飲料「リンゴ牛乳」が年内で生産中止となる。地元では生産継続を望む声も上がっているが、製造する乳製品会社「オーム乳業」(福岡県大牟田市)は「経営強化のためやむを得なかった。私たちも愛着が強い商品なので残念…」としている。
リンゴ牛乳は通称で、正式には「オームリンゴ」。果汁の甘酸っぱさが効いた牛乳で、北は福岡県筑後市から南は熊本県荒尾市にかけて、スーパーなどで販売されている。他地域ではそれほど知られていないが、特に大牟田市での知名度は抜群で、「全国区の飲み物」と思い込んでいる市民も多い。
昭和38年に販売開始。20年前は1日約2千本(1リットル換算)を売っていたが、現在は1日千本程度に減った。同社は、市販製品の生産を大幅縮小し、業務用製品に力を注ぐ方針で、リンゴ牛乳の生産も取りやめることになった。
同社によると、生産中止を知った市民から「何とか続けてほしい」というメールや電話が頻繁に寄せられているという。担当者は「私たちの思いも同じなのですが…。今まで飲んでいただき、感謝しています」と話している。

<--引用終わり

12月24日(月)

緩和ケア病棟

R0012963-S.jpg

R0012966-S.jpg


クリスマスイブ
R0012981-S.jpg

R0012974-S.jpg

12月23日(日)

緩和ケア病棟

R0012960a-S.jpg
熱は下がりましたが、食欲は全然ありません。


12月22日(土)

緩和ケア病棟

三日ほどは調子がよかったのですが、今日は39度以上の熱がありグッタリとしていました。


昼食
R0012953-S.jpg

夕方 注文していた中井精也さんの「ゆる鉄」カレンダーが
R0012957-S.jpg
届きました。

12月21日(金)

緩和ケア病棟

約一時間ほどのクリスマス会が
IMG57491-S.jpg

IMG57527-S.jpg

IMG57580-S.jpg
催されました。

12月20日(木)

緩和ケア病棟

R0012945-S.jpg

R0012943-S.jpg

R0012952-S.jpg
今日は痛みが和らいでいたのか久々に院内散歩をしました。
久々の笑顔を見た気がします。

12月19日(水)

緩和ケア病棟

フェルメール風の光?
R0012927-S.jpg

スターチス
R0012933-S.jpg

12月18日(火)

緩和ケア病棟
昨晩も熱がでましたが、今日少しだけやりとりが出来ました。

東京タワー
IMG_0310.jpg
Google Maps 出たようですが マップはどうなるのでしょう? (噂だった東京タワー)。

巷ではクリスマス
IMG_0312.jpg
でしょうか。

12月17日(月)

緩和ケア病棟

39.5度の発熱、酸素濃度の低下と予断を許さない状況です。

今日の昼食
R0012919-S.jpg

12月16日(日)

昨日の雨からうって変わり穏やかな日でした。

空には熱気球が
R0012880-S.jpg
病院駐車場より、トリミングしています。

緩和ケア病棟
R0012887-S.jpg
フェルメールの光は意識していませんが、左からの光が。
今日は言葉のやりとりが少しだけ出来ましたが、少し起きましたが食事はままなりません。


さざんか
R0012912-S.jpg

久々に山もみじで遅い昼食
R0012900-S.jpg

12月15日(土)

朝は広範囲に霧がとても深い、濃い、むせんで、包まれていました。

緩和ケア病棟
R0012879-S.jpg
レスキューで眠り落ち着いたので昼前にはもどってきました。その後はひさびさに終日ボッ~トとした雨の一日でした。
誰かは解っているのですが会話は成立しない状況で、一昨日は痛みがあったのではないと思うのですが、「はよ(早く)、はよ、はよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・死んだ。」と言いました。

12月14日(金)

緩和ケア病棟

入浴用ベッドへ移動、入浴するまでぶつぶつ言っていましたが、
R0012872-S_20121214181438.jpg
入浴後はすっきりした様子でした。

R0012877-S.jpg
言葉による相互やりとりはあまりできませんし、食事も少なくなりました。

めずらしく外ランチ
R0012871-S.jpg

R0012869-S.jpg
荒尾(竹原)



12月13日(木)

今朝は睡蓮鉢に氷がはっていました。

R0012849-S.jpg

緩和ケア病棟
R0012857-S.jpg
なかなか血管が見つからず針をさせませんし、させても針と皮膚の間からたまった体液がモレ出ています。

機械的機構が凄い
R0012865-S.jpg
車椅子です。

病棟での昼食
R0012863-S.jpg
木曜日は水辺プラザのです。

12月12日(水)

緩和ケア病棟

R0012845-S.jpg

病棟での昼食
R0012843-S_20121212195001.jpg



12月11日(火)

緩和ケア病棟

昨日、夜家人が帰熊しました。状況や医学界?(マンガより)のことまでを一方的に話まくりました・・・・。

入浴へ向かいます
R0012839-S.jpg
なかなか強い反応がありませんが。

12月10日(月)

病院で何かと看護師さんから「疲れてませんか?大丈夫ですか?」と声をかけていただきましたが、かなりへばっているように見えたかもしれません。
いつどうなってもおかしくない状況で、私としては手におえないどうにもならない、焦燥感のようなものが出ているのかもしれませんが、人と話していないとなにか不安定状況に入り込む気がしています。

そこで、プロの経験者にお任せし見るだけにして撤退しました。

気分転換に、バイト先Tさんが先だって「また夜明茶屋行きましたよ」と言われていたので、急遽Eさんに電話して夜明茶屋の海鮮丼を食べに行きました。

R0012829.jpg

R0012831.jpg
いわゆる系統としては上乗せ品目丼縁たらし系ですね。上乗せ品目が時期によりそれぞれですが、烏賊はいかがだったでしょうか?忘れた。

どうでもいいことですがクリスマスではありませんがちょっと
クニマスの標本(文化遺産) http://bunka4.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=140597
引用ーー>
クニマス絶滅
1940年、電力供給増加のために田沢湖の湖水を利用した水力発電所(生保内発電所)が建設された。田沢湖から流出する湖水を賄うため、1940年1月20日より玉川の水を導入したが、玉川毒水と呼ばれる塩酸を含む強酸性の水が大量に流入したため、1948年の調査では表層付近の pHが4.8前後と急速に酸性化し、1948年にはクニマスの捕獲数はゼロになり絶滅した。現在ならば環境問題として大きく取り上げられるところであるが、当時は国家を挙げての戦時体制の真っ只中であり、この固有種の存在などが顧みられる事は全くなかった。また、1965年の水質調査でも、湖の全域でpH 4.5程度であった。
しかし、それ以前に人工孵化の実験をするため、1935年に本栖湖、西湖、他にも琵琶湖や、詳しい場所は不明だが長野県、山梨県、富山県に発眼卵を送ったという記録があったため、田沢湖町観光協会では1995年11月に100万円、1997年4月から1998年12月まで500万円の懸賞金を懸けてクニマスを捜し、全国から14尾が寄せられたが、鑑定の結果いずれも「クニマス」とは認定されず、発見には至らなかった。
田沢湖での絶滅の根本的な原因は強酸性水の流入であるが、浮上稚魚期のヒメマスはサケ科魚類の中でも酸性の水に極めて弱い特性を持っているとされている。
田沢湖での「絶滅」以後も、標本が残っていることからDNAによる復活も期待されて分析を行ったが、ホルマリンによりDNAそのものが切断されていることが判明し、復活は絶望視されていた。


サカナくんの貢献
2010年には、"田沢湖で絶滅した"と思われていたクニマスの再発見に貢献した。詳しくはクニマスの項を参照。2010年12月22日に、翌日の天皇誕生日を控えて行われた今上天皇の記者会見で、同じ魚類学者であるさかなクンらの名を挙げて「この度のクニマス発見に東京海洋大学客員准教授さかなクン始め多くの人々が関わり、協力したことをうれしく思います」と述べたことについて、別途行われた記者会見で「感慨無量です」とのコメントをしている。

クニマス発見
2010年、山梨県の西湖にて生存個体が発見された。きっかけは、京都大学教授の中坊徹次がタレント・イラストレーターで東京海洋大学客員准教授のさかなクンにクニマスのイラスト執筆を依頼したことであった。さかなクンはイラストの参考のために日本全国から近縁種の「ヒメマス」を取り寄せた。このとき、西湖から届いたものの中にクニマスに似た特徴をもつ個体があったため、さかなクンは中坊に「クニマスではないか」としてこの個体を見せ、中坊の研究グループは解剖や遺伝子解析を行なった。その結果、西湖の個体はクニマスであることが判明したとし、根拠となる学術論文の出版を待たずして、12月15日にマスコミを通して公式に発表された。1935年、田沢湖から西湖に送られたクニマスの受精卵10万個を孵化後放流したものが、繁殖を繰り返して現在に至ったと考えられている。文字色
<--引用終わり

海鮮丼にこれまでサーモンはいつものっていました。


12月09日(日)

今日は雪がちらつきました。

去年の写真(2012.12.02)
IMG53006a.jpg
光明禅寺(大宰府)

昔の写真(2004.12.05)
L1030089.jpg
光明寺(京都)

昔の紅葉を光明つながりで・・・・。

12月08日(土)

緩和ケア病棟

R0012824-S.jpg

R0012827-S.jpg

昨日は痛みを抑えるため計五度のレスキュー・ドーズを飲みました。また発熱があることもありほとんど眠り続けています。一応抗生剤の点滴をしました。手足の弱くなった皮膚の傷から液体が漏れていて、尿の量が絶望的な量しかありません。
意外と冷静なのは、今回は特別ながら何度もこのようなことを繰り返して復活しているのと、Tさんの持ってこられたミッキーを顔の前に持っていくとニヤーッと笑う事からかもしれません。さらに、どこかで痛み苦しむのももう・・・・と思ってしまうことかもしれません。

昨日はブラックジャックによろしくの臨場感を思ったのですが、ERではなくとも現実は目の前の対応でそれどころではなく、会議室と現場のリアル感の違いがあるような気もします。

先入れ先出しの順序性の説得力と納得のようなものもさえも意味ありげに酔った勢いでどうしたものか?


12月07日(金)

緩和ケア病棟

水槽のメンテナンスに来られていましたが、
R0012820-S_20121207193214.jpg
企業秘密があるとなんなのでこそっと・・・・。

R0012821-S_20121207193215.jpg
今日はボランティアの方がこられ花を、母親はこれをえらんでいました。

午前中に入浴し、その後痛みが続き二度のレスキュー・ドーズで何とか2時頃には車椅子で散歩ができましたが、昼食は食べずでその後4時にはまたまた痛みが出て、これはエチゾラム(抗不安薬、睡眠導入剤)での対応となりました。痛みからくる欝状態で「先生助けてください」を連発しだしますので分かる気がします。
また「リスパザール」など痛みとは別の薬の適合を試している状況です。

最近ブラックジャックによろしくを病院で読んでますが、実対応とかは別にかなり臨場感があります。宗教はともかく大袈裟ですが、哲学を学ぶではなく哲学をしているつもりにもなります。

12月06日(木)

緩和ケア病棟

R0012807v-S.jpg
アルブミン不足で浮腫となり、皮膚も弱くなっていて水が出てきますので両足を包帯でまいています。しかし違和感があるので無意識の内にとろうとします。

R0012808-S.jpg

R0012810-S.jpg

帰ってTVを点けるとやっていましたが、
R0012811-S.jpg
十三参りがでてきました。行った記憶があったので さて・・・・
引用ーー>
十三詣り
十三参り(じゅうさんまいり)は、旧暦の3月13日(現在では月遅れで新暦の4月13日)の間、男女とも数え年13歳の身祝いで、子供の多福、開運を祈って、古くから各地でさまざまな形で行なわれる。 特に京都嵯峨の虚空蔵菩薩へ4月13日の「十三参り」は有名である。これに因み別名、知恵詣り、または、智恵もらいとも云う。 七五三ほど一般的ではない。
概要
初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着るが、肩上げを必ずする。この時期にそろえた着物をおりあるごとに着せて、着物になじませ自然に立居振舞を身につけさせるはじめとする。
また、半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆でしたため供え、ご祈祷を受けて、帰りにはお守り・お供物を頂いて帰り親に感謝を述べる。お守りは身につけるようにする。
参詣の帰路、本殿を出たあと、後ろを振り返ると、せっかく授かった智恵を返さなければならないという伝承があって、狭い長い石段を降リ切った鳥居をくぐるまでは、または渡月橋を渡り終わるまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通す習俗がある(なお、お参りの前に子に教えておくことをすすめる)。
空海がそれによって飛躍的に記憶力を増大させたと言われる虚空蔵求聞持法に由来する。また、13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承された。
関西では七五三よりも、こちらの方が盛んで、中でも、京都嵐山の法輪寺・大阪の太平寺 (大阪市)・奈良の弘仁寺が有名である。 
関東では村松山虚空蔵堂がある茨城県那珂郡東海村を含む茨城県北部地域で盛んなくらいであったが、最近では他の地域でも徐々に盛んになりつつあり、浅草寺では3~5月にかけて上記と同様の参拝客が目に付くようになった。
<--引用終わり
この番組はすべてはみませんでしたので内容は?です。

12月05日(水)

昨日、昼夜逆転の改善の為に昼間は車椅子で起きていたのですが、あまりにも眠そうなので午後4:00頃にはベッドで寝せました。結果的に今日の朝は4時には起きてテンションが高く物を投げてたようです。

緩和ケア病棟

私が行った時には部屋に戻り頭の左右にミッキーが
R0012792-S.jpg
いました。

その後、予約していた車の点検に出かけたのですが、わけも解らず昼食はBECK流通団地点で、
R0012797-S.jpg
ご飯、スープはお代わり自由ということで食べ過ぎました。(ガーリックライスのカレーをたっぷり)

点検が終わり病院へ戻ると談話室でTVを見ていましたが、
R0012799-S.jpg
病室に戻り「何をしていた?」と聞いてもまったくわかりませんでした。
この一週間ほど、なにごとも全く記憶には残らないような感じです。

12月04日(火)

緩和ケア病棟

クリスマスのグッズが
R0012785-S.jpg

R0012775-S.jpg

12月03日(月)

緩和ケア病棟

今日の飲み物
R0012773.jpg

R0012768.jpg
寒く暖房のせいかとにかく喉が渇きます。

12月01日(土)

寒いです、いよいよ師走になりました。

朝食の前菜
R0012752-S.jpg
この後7・11のサンドウィチでした。

緩和ケア病棟後、私の病院に行きました。先月は休みとかなにも考えずに行って、病院の入り口で祭日と気がつくありさまで、今日は一般的な土曜日であると充分過ぎる確認をとり出かけたしだいです。
ところが、愛知からMさんの畑からのメールが届くのと同時くらいに、高速ETC出口が糞詰まっているのが目に入り動揺したしだいです。結果的に普段になく血圧が高く、その結果を看護師さんに聞くにつけ今度はさらに高くなりました。実は医学に対しいまだにガラスの心臓です。

実はブラックジャックによろしく(まんが全巻無料)を読み出しました。研修医一日十六時間労働月給3万8千円とか!私大では10万円以下が7割とかありましたぜ。
また24万人の医師これは先進諸国に引けをとらない、だが病院の数が圧倒的に多い、病院あたりの医師の数が少ない・・・・農業ににているような。

母親の方へは私が風邪気味でここ数日短時間しか病院に行かなかったのもので、今日は熱帯魚水槽の魚を「これが息子たい」といってまして、認知が進んだように思えます。

今日の鹿本富士と雲海
R0012757-S.jpg

夕食
R0012764-S.jpg
家人の友人のMさんが差し入れして下さいました。ゴッツアンです。

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ