8月31日(金)

なんとはやい8月も終わります。

腎盂炎などでぐったりとなった後はいろいろな物語ができるようです。午前中は誰かが来てどうのこうの、午後はタマネギがどうのこうのと、謎解きをしながら話さなければなりません。

車椅子で談話室へ
R0011555-S.jpg
ここでアイスココアを飲むのが日課です。

引用ーー>
主治医の若先生は心臓の情けなさばかり指摘して肺についてはなにも言わなかったけれど、かつて測定した肺活量のまずしさは、胸の奥に、それこそ幼少時からまだ吐き出し切れていない空気が残っているのではないかと怖くなるほどのものだった。
もう一度、身体の芯をあたためよう。重い腰をあげてキッチンに立つと、蕗子さんはミルクパンに軟水のミネラルウォーターを少量入れて火にかけた。沸騰したところでアッサムの葉を入れ、弱火にしてよく葉を開かせ、ミルクを加える。いつも帰りに立ち寄るコンビニには低音殺菌牛乳が置かれていないので、なんだかしやびしゃびしたふつうのミルクで我慢する。沸騰する直前に火を止め、蓋をして数分蒸らした。そして、ティーストレーナー越しに、お湯であたためたマグカップへと、香り立つ液体をたっぷり注いだ。

<--引用終わり(めぐらし屋)


日中に歩きましたが、
x01a-S_20120831205830.jpg

R0011558-S.jpg
8Km地点で自販機もあるので、もうやめようと思いAQUARIUS Vitamin Guardを買って一口のみましたが、胃の周囲15cmあたりまで、水に墨を落とした時のように酸味のようなものが拡がり、それで糞暑いのに10Km越えることができました。

そして今夜の豆腐は
R0011562-S.jpg
です。

スポンサーサイト

8月30日(木)

成分輸血の効果か顔色も言葉数も復活し、午後には腎盂カテーテルの交換も無事すみました。

R0011539-S.jpg

雨でというより疲れて中断
x01a-S_20120830184932.jpg

R0011544-S.jpg
5km止まりです。

そして今夜の豆腐は
R0011553-S.jpg
昭和スタイル復刻版です。

またまた堀江敏幸です
R0011552-S.jpg



8月29日(水)

昨晩から嘔吐し血中酸素濃度が低く酸素吸入が使われていますが、ぐったりから喋る元気はできています。

午前中と午後で
x01-S_20120829202757.jpg x01a-S.jpg
2時間20分31秒 10.3Kmで今日も10Km越えました。

照明が点くほどになりましたが、
R0011532-S.jpg
まだ歩かれています。

そして今夜の豆腐は
R0011536-S.jpg
ケンちゃんです。

8月28日(火)

食欲なく点滴となり午前中は言葉もでませんでしたが、抗生剤の点滴で発熱もおさまり夕方にはなんとか言葉がでていました。

台風の影響で曇り空で昼のウォークとなりましたが・・・・10km超えました。
x01-S_20120828175044.jpg
約二時間時速5kmですね。7Kmあたりからバテまして腰ほかあっちこっちが痛くなり苦行になりました。

TVで三州街道を見ていたら「岡崎から飯田まで五里」と聞こえました。そしたらその半分歩いた?そんなはずはないだろうと、どう考えても100km以上はあるはずですね。そして、幽霊がでると言われていた伊勢神トンネルなどを思い出しました。聞きなおしてみますと「岡崎から飯田までを行く」でした。10km歩きで耳に疲れがでてます。

そして夜は豆腐
R0011518-S.jpg
おつかれちゃんです。

8月27日(月)

今日は散歩しようと車椅子に座ってすぐに痛みがで、病室に戻り薬を飲んでほとんど寝ていました。
午後遅くには、なんとか声も出るようになったので病院を撤退しました。

台風の影響で風があったので、
x01-S_20120827185505.jpg
日中に歩きました。
風はあるものの日差しは強く、ペットボトルの生暖かい水を少しだけ口に含むと水の味がよくわかりました。普段は冷たい水を味も気にせずゴクゴクのむのですが、暑さで体がぐったりしていると水位センサーの感度も高くなるようで、ゴクゴクと多量には飲めません。


IMG_0109-S.jpg

8月26日(日)

病院へ行く前に「レイアウトを変更したのでネットワーク機器を見て」と、バイト先へ

そして、今年、最初で最後の二輪だけ咲いていた終盤の蓮を
DSC_0281-S.jpg

DSC_0272-S.jpg
撮りました。


新しいウォーキング拠点を探して民家村周辺へ
x01-S_20120826183715.jpg
やはり低血糖か?フラフラしたのでリタイアしましたが、目安となる一周2Kmでした。

帰りに夕食にと
R0011504-S.jpg
なめらかさは男前同様で若干の柚子の風味がしました。一人なのでこれでちょうどいいのです。

8月25日(土)

今日は大変暑かったのです。
痛みがあり痛み止めをのんだにもかかわらず、午前も午後もほとんど寝たままでした。

よくよく見ると不動岩
DSC_0247-S.jpg
仏様が後ろを向いたような岩が・・・・岩の質感が伝わります。

朝はそうめんで昼は
R0011495-S.jpg
トマト一個まるまる使ったスープパスタ(7・11)、私は、チーズの味が強く感じられ美味しいのですがもういいかでした。

今年初だそうで、K先生に鮎を頂きました
R0011496-S.jpg
明日煮ます(甘露煮?)。

今日はなんとか
x01-S_20120825222322.jpg
歩き出す前は、ひょっとしたら10Kmと思ってしまうのですが5Kmどまりでした。


堀江敏幸さんの↓本ですが表現が美しく優しくそしてなにより情景がうかぶのです。

それにしてもへんなことばかり思い出す日だ、とため息をつきながら食器棚を探ってインスタントコーヒーの壜を見つけ出すと、ひと口しかないコンロで湯を沸かした。壜には、四分の一ほど飲んだ形跡がある。開封してからまだあまり日が経っていなかったのだろう、こんな湿気の多い日でも茶色い粉はさらさらと乾いていて、時間の粒のようにスプーンからなめらかにこぼれ落ちた。
・・・・・・
気持ちを落ち着けるためにコーヒーでも飲もうとお湯を沸かしたとき、蛇口から水が出てくるまでの何拍かの間があって、たったそれだけのことがなんだか妙にこたえた。旅行や出張で何日か家を空け、誰もいない部屋に帰ってきたときの感覚である。つっかえるようなその水音は、慣れ親しんだ日々にもどってきたというより、ひとつの不在をはっきりと伝える合図のように響いた。

はまってます。

8月24日(金)

朝・晩の病院以外で古いPCを触りだしたら時間が結構かかっていますが、洗濯も二人で日に二回はどうにもこうにも時間の使い方がうまくない状況です。

DSC_0236-S.jpg

8月23日(木)No2

午前中は車椅子で、午後は歩行器で窓からの風景を見に、そしてアイスココアを飲みます。

また堀江敏幸読んでます。
R0011488-m.jpg

R0010467-m.jpg


今日はおそらく低血糖だろうと思いますがふらふらで途中棄権しました。
x01-S_20120823204137.jpg
三日坊主これで終わりか?

8月23日(木)

病院で見た緊急車両です。

はて?はしご車
R0011481-S.jpg

R0011485-S.jpg

カルチャースポーツセンターでは
DSC_0222-S.jpg

このあと雨で、傘をさして
x01-S_20120822201023.jpg

8月22日(水)

昨日、病院からの帰りにカルチャースポーツセンターにより少し歩きました。

雲がいいです
R0011472-S.jpg

少しだけ
x01-S.jpg


こんな感じのようです
画像 019a-S
道路標識の部分100%
画像 019-S
ピントは手前ですが

8月21日(火)

今回は鹿児島から熊本へ向かっています。

引用ーー>
今の肥薩線は明治42年(1909)年から昭和2年までの20年近く、鹿児島本線の一部だった。
八代駅から八代海沿いを南下して鹿児島駅に至る鉄路が全通した昭和2年、八代~隼人間は鹿児島本線から肥薩線に改称している。
肥薩線の前身である鹿児島本線は、球磨川沿いを進み、人吉駅を経由し、難所・矢岳を越えて隼人駅に出て鹿児島を目指していた。戦中、戦闘態勢時の艦砲射撃から鉄路を守る目的もあり、急峻な山越えを選んだのだ。難工事で部分開業を重ねた末、当時鉄道院総裁であった後藤新平の肝煎り、明治42年11月1日に全通した。
今日、開業100年を越え、ほぼ当時の形をとどめている駅舎が幾つか残っている。なかでも大隈横川駅、嘉例川駅はいずれも国の登録有形文化財となっており、知名度は高い。JR九州は、肥薩線を美しい車窓風景と貴重な鉄道遺産の宝庫であるという理由で、意匠を凝らした観光列車を走らせており好評だ。見学時間を考慮して大隈横川駅と嘉例川駅で数分間停車する。女性の客室乗務員が駅の歴史・特徴を丁寧に解説してくれるのも嬉しい。

<--引用終わり 鉄道絶景の旅(肥薩線)

矢岳駅を頂点とする険しい山越え区間で、昔から「日本三大車窓」の一つに数えられてきた。
IMG56801a-m.jpg

矢岳駅
IMG56810-m.jpg

右手眼下に大畑駅とスイッチバックの折り返し線を見下ろす。
IMG56821-m.jpg

大きなループ線を下り折り返し線で止まり、逆に進み大畑駅へ
IMG56826a-m.jpg

IMG56830-m.jpg
開業当初から残る木造の駅舎はJRの「青春18きっぷ」の宣伝モデルにもなった。今では、観光客らが張っていった名刺が(名刺を張れば出世できる」と言われている)、駅舎の壁一面を覆っている。

R0011463-m.jpg

8月20日(月)

嘉例川駅
R0011454-m.jpg

IMG56768a-m.jpg

IMG56770-m.jpg

R0011445-m.jpg

引用ーー>
駅弁
かれい川弁当
2004年の特急「はやとの風」運転開始後、土・日・祝日に限り、霧島市にある「森の弁当やまだ屋」という業者が製造する『百年の旅物語かれい川』(通称「かれい川弁当」)が発売開始されている。土曜日と日曜日に駅舎内で発売している。
特急「はやとの風」の車内でも販売を行っているが事前予約が必要である。なお、2010年3月現在、「はやとの風2号」のみ鹿児島中央 - 隼人間では販売を行っていない。
内容物は概ね竹の子ご飯(たけのこ、しいたけ、サヤエンドウ)、春巻、なます(大根、人参)、コロッケ、田楽(ナス、かぼちゃ)、がね(天ぷらの一種)で構成されている。
県内外問わず人気が高く、JR九州主催の「九州の駅弁ランキング」では2008年より3年連続で第1位に輝いている。

<--引用終わり

8月10日金曜日「はやとの風2号」隼人ー嘉例川間にて数量限定?にて

8月19日(日)

鹿児島ラーメン
引用-->
主にスープは豚骨ベースで、鶏ガラや野菜に加え煮干や昆布や干し椎茸などの乾物も使う半濁スープであるとされる。地理的・歴史的な要因から九州のラーメンの中では唯一久留米ラーメンの影響を受けていないと言われ、麺はかんすいを使わない白い直流の中太麺が多い。また他のご当地ラーメンに比べ、横並びにパターン化しておらず店ごとに麺の仕様やスープの体裁などのスタイルが大きく異なるのも特徴と言える。また、九州では珍しく古くから「味噌ラーメン」をメニューに加える店も多く、メニューの目玉にする店や専門店が多く存在するのも特色と言える。その姿は定番の札幌味噌ラーメンとは大きく異なり、独自のスタイルで土着化した言わば「鹿児島流味噌ラーメン」といえるものも登場した。ラーメンには関係ないが、注文すると漬物(多くは、甘酢大根の千枚漬け)が出されるという特徴がある。
<--引用終わり ↓右上に少し甘酢大根が・・・・でこれが鹿児島ラーメンという特徴はありませんが、ここのは野菜がたくさんはいっていました。
IMG56378-m.jpg
チョイト一杯(生100円)
IMG56384-m.jpg

嘉例川駅
IMG56735-m_20120819222441.jpg

IMG56730-m.jpg
引用抄ーー>
駅舎は開業当初からの木造建築で、鹿児島県内の駅本屋としては大隅横川駅駅舎と並び最古の存在。旧・隼人町が保護のため買収し、2006年(平成18年)には登録有形文化財に登録されている。駅舎は地元のボランティアによって整備・清掃される。駅ノートが置いてある。
2004年(平成16年)3月13日開業の九州新幹線の経済的な波及効果を高めるために運転される特急列車「はやとの風」が停車する。はやとの風は当駅に約5分間停車するため、停車時間内に駅舎の見学や記念撮影などが可能である。
九州新幹線開業後にメディアなどでも報道され知名度を上げた。名誉駅長委嘱駅である。忌野清志郎のシングル曲『Oh! RADIO』のプロモーションビデオの撮影場所でもある。

<--引用終わり



8月18日(金)

朝と夕方の病院行きの間に孫と二人で乗鉄に。

A列車で行こう
DSC_0145-S_20120818212310.jpg

ではありませんでしたが
DSC_0161-S.jpg

ちょいと三角まで
DSC_0180-S_20120818212309.jpg
この後、孫はほぼ眠った状態でどういうわけか大牟田まで、その後引き返し午後3時の朝食となりました。

熱中症ではありませんが、
DSC_0133-S.jpg
有効利用でしょうか?クーラーも入ってます。

8月16日(木)

夜雨が降っています。

見ているだけでも汗が滴り落ちますが、
画像 029-m
ひたすら、有難うございます、お疲れ様ですとしかいいようがありません。

試しに、
画像 064-m
写真はともかく、等倍ではスタンド観客席の一人一人がわかります。

普通では見えないものが見えることが凄いです、単純にあっけにとられています。

8月15日(水)

灯篭踊りの奉納に行きましたが、初めてのことで勝手がわかりませんでした。

IMG56929-m.jpg

IMG56926-m.jpg

IMG56947-m.jpg
この奉納の踊りで山鹿灯篭祭りの始まりとなるようです。

花火
IMG57216-m.jpg
久々にまじかで見ましたが、おぉ~!と声がでました。

8月14日(月)

なんじゃこらという写真ですが説明をつけると意味がありますが、でも、なんじゃこらです。

8月9日PM8:00頃の鹿児島指宿でのバスの中からの夜景
IMG56567-m_20120814221214.jpg
運転手さんの説明によると「GK福元美穂さんは↑ここの出身」だそうで、8月10日の早朝は一層応援に力が・・・・でした。

8月13日(月)

前菜
・さつま芋黒砂糖煮
・きびなご芋焼酎仕込み
・山芋豆腐おくら梅あん
IMG56537-m.jpg

造り
 地魚三種盛り
IMG56536-m.jpg

砂蒸し
 さつま揚げ健康黒酢
IMG56540-m.jpg

食事
 お宿に丼
吸物
 鱧の水晶煮
IMG56557-m.jpg
野菜、肉味噌を適量丼に移し、温泉玉子をかけ食しますが、
IMG56560-m.jpg
いけます。

8月12日(日)

鉄板焼き②
鮑の白ワイン蒸し(さつま芋 にがごり)
IMG56553-m.jpg

8月11日(土)

鉄板焼き①
六白黒豚ステーキ
IMG56550-m.jpg

引用ーー>
黒豚といっても鹿児島の黒豚は真っ黒ではありません。
4本の足先、鼻先、尾の先の計6ヶ所が白く、これを「六白(ろっぱく)」と言います。
奄美で飼われてきた島豚がルーツと言われ、鹿児島の本土に持ち込まれてから400年以上の歴史を持っています。
明治になって英国バークシャー種を導入し、島豚をベースとした在来の黒豚と掛け合わせて改良を重ね、現在の“鹿児島黒豚”が誕生しました。
ちまたで「ろっぱく(六白)」と言えば鹿児島黒豚のことをさして言います。

鹿児島が誇る六白
黒豚の産地である鹿児島は、黒豚の研究においても、世界でも他に類を見ないスケールと内容を誇っています。
研究は、鹿児島県畜産試験場で主に行われているわけですが、他県から見学、勉強に訪れるほど、鹿児島黒豚の美味しさの背景には、常にそれに関する研究の姿勢があるというわけです。
昭和47年から続けられた系統造成による鹿児島黒豚の品種改良は、昭和57年に系統豚「サツマ」を完成。
発育を良くし、赤肉と脂肪のバランスを良くする事、モモの肉量を増やすことを目標に改良した結果、個体のバラツキが小さく、斉一性も繁殖能力も産肉能力も高い黒豚が産まれました。
また、昭和57年からイギリスバークシャーを基礎とした系統造成を開始し平成3年に「ニューサツマ」を完成。
さらに平成13年に「サツマ2001」を完成しました。
鹿児島県では、美味しい六白をお届けする努力をつねに続けています。

一般の白豚は約生後6ヶ月で出荷されるのに対し黒豚は8ヶ月かけて出荷されます。
「丁寧に手間隙かけて…」なんて言えば聞こえもいいのですが、実際のところ黒豚は発育が遅いのです。^^
また、白豚(ヨークシャー種等)は一回に12頭前後生まれるのに対し、黒豚は8頭前後しか産まれません。
そのため一般の白豚より、黒豚は生産コストが高くかかります。
市場価格が白豚よりも割高になるのはいなめません。
なにも黒豚が割高になるのは、生産コストだけの問題ではありません。
なんと言っても、価格に見合うだけの「旨さと食感」を、多くの方々が認めているからです。
六白のすばらしさは、研究結果から次の四つに整理できます。

1.肉の筋繊維が細く、食べた時に歯切れよく、やわらかい。
2.保水性が高く肉質がしまり、脂肪組織の水分含有量が少ない。
3.中性糖やアミノ酸含有量などの旨味成分が多い。
4.脂肪の溶解温度が高いため、脂がべとつかず、さっぱりしている。
5.豚肉特有の「臭み」がない。
簡単に言うと黒豚は
「歯切れ良し」「やわらかい」「旨い」「脂がさっぱり」「臭みなし」 です!
六白(鹿児島黒豚)の人気はこのような特徴に裏づけされています。

<--引用終わり

8月08日(水)

要介護ランクの見直し調査が行われました。

病棟の談話室より、普段は車椅子でここまできて外を眺めます。
R0011267-m.jpg

大牟田イオンモールフードコートで、
R0011263-m.jpg
都合により

8月07日(火)

腎盂(じんう)カテーテルの拡大交換が行われました。

立秋といえども暑い日でした。ただとんぼの黄昏飛翔が・・・・。

なんどでも、2007.07のちょっと涼しそうな
D20_3131b-m.jpg

8月06日(月)

援軍が帰熊してきました。
夕方少し雨がふりました。

DSC_0030b-m.jpg
PC処理不能で10%ほどまでトリミングしてしまいました。

8月05日(日)

朝。苦役の最中に病院から電話があったようで、まだ来ん、まだ来んと騒いだようです。何度も苦役だからと言っていたことなのですが忘れてたようで、「ご飯がおいしくない」と・・・・ご飯のお供(鮭フレーク)を買って昼御飯に混ぜた結果そこそこ食べまていました。なにが起こるか予想ができないです。

気分一新カメラチェックへ
DSC_0021-S.jpg

DSC_0021a-S.jpg

DSC_0026-S.jpg

DSC_0026a-S.jpg
等倍で切り出してみましたが解像しているようです。


8月04日(土)

休みの病院散策
R0011244-S.jpg

病棟より東を見る
R0011240-S.jpg


田んぼ・風が渡る
DSC_0010-S.jpg

8月03日(金)

今日は私の定例の医者行きで、恒例の超音波と胃の内視鏡検査をおこないました。
例年、前立腺肥大、脂肪肝と腎臓ポリープ・小石は観察を続けていくことになるのですが(胆のうはすでに摘出)、腸に空洞がありその中を何かが移動しているように見えると、一般的にこんな事はないようなので気になっております。
そして胃の結果は次回にということで・・・・・・あれ~。

帰りおなかがすいていたので「アジ丼」を食べました。
R0011233-S.jpg
相谷でパソコンがおかしいという事で、夕方見に行きまして夕食をご馳走なりましたが、アジとイサキのお刺身もありました。すべて大変おいしゅうございました。


泡準備しました
R0011193-S_20120803202654.jpg

8月02日(木)

少し歩いています
R0011226-S.jpg
写真は暗めにしています。

R0011225-S.jpg


繰り返しハヤシですが
R0011215-S.jpg
いけます。


8月01日(水)

我が医者耳鼻科へ、右鼻の鼻詰まりは冷房にあたると詰まるのですが、普通には鼻詰まり感はほとんどなく、ただ抗生剤を2クール行いレントゲンを撮り確認ということでして、鼻茸(引用ーー>鼻茸は慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎と関係が深い。症状としては、左右どちらか、あるいは両方が鼻づまりの状態になる。ひどくなると鼻で息が全くできなくなったり、鼻の穴から鼻茸が顔を出すこともある。また匂いを感じる神経を圧迫することで、嗅覚が鈍くなったり、匂いを全く感じなくなることもある。
症状が軽い場合は、ネブライザー法と呼ばれる、粘膜のはれを取り細菌をなくし、鼻汁を出やすくする作用のある薬液を鼻の奥に噴霧もしくは注入する方法で改善するケースがあるが、症状が重い場合、直接鼻茸に切除や縮小手術を行う。手術は全身麻酔による切除の他、ラジオ波凝固治療(高周波電気凝固治療)と呼ばれる、組織にダメージが少なく効果的に患部を凝固・縮小させる方法もある。また最近は、レーザー照射による粘膜縮小手術もあり、入院をせずに症状の改善効果を期待する方法もある。
<--引用終わり)はほとんど確認できないほどになりましたが、右副鼻腔炎(引用ーー>副鼻腔に慢性の炎症を起こす疾患のことで、俗に蓄膿症と呼ばれていた病気です。以前は、細菌感染による炎症が主な原因といわれていましたが、最近ではアレルギーを背景にした炎症が増加しています。
副鼻腔とは、鼻の中(固有鼻腔と呼ばれる)に接するように存在する、骨に囲まれたいくつかの空洞のことをいいます。具体的には上顎洞(じょうがくどう:左右の頬の部分に存在)、篩骨蜂巣(しこつほうそう:両側の眼球の間に存在し蜂の巣様の構造をしている)、前頭洞(ぜんとうどう:額の部分に存在)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう:固有鼻腔の最も深い部分に存在)から構成されていて、洞内は薄い粘膜で覆われています。われわれの日常生活では副鼻腔の働きを実感することはありませんし、副鼻腔炎になって初めてその存在を知ることが多いと思います。
それでは、副鼻腔はどんな役割があるのでしょうか。人は脳が発達している動物なので頭が大きくなるために、それを支える顔面骨は空洞があったほうが軽くなる、あるいは、顔面に外力が加わった時に脳に直接その力が伝わらなくてすむ、発声時の共鳴腔の役割をしているなどと考えられており、実際、他の動物と比較しても人の副鼻腔の容積は大きくなっています。これらの副鼻腔は自然口という小さな孔(あな)を介して固有鼻腔と狭い複雑な経路(osteomeatal complex:OMC )をたどり交通しており、副鼻腔内の分泌物・細菌などを排泄(はいせつ)しています。かぜによる鼻炎や、急性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などによって鼻腔内の粘膜が腫れたり、線毛運動が阻害されたりする、あるいは、鼻中隔彎曲(びちゅうかくわんきょく)症、肥厚(ひこう)性鼻炎により鼻腔内が狭くなると、結果的にこの交通路が遮断されてしまいます。その状態が継続することにより、副鼻腔に慢性炎症が起こります。
<--引用終わり)は完治しておらず①このままにしておく。②あと1クール抗生物質治療を行ってみる。③手術をする。との方向性が示され、②を選択し、改善されない場合は寒くなる前に③を考えてみることに、しました。

その後母親の病院へ
R0011075-m.jpg

なんと、今年は一枚も蓮の写真を撮っていませんが昨日で蓮祭りも終わりました。
台風の接近に伴い風が強くなってきましたので、家に帰り恐怖に震えながらBLOGを記していますが、そんな8月の初日です。
スーパーではたまには見ますが、最近、ディスカウントストアやドラッグストアで日清焼きそばを見ません。ディスカウントストアやドラッグストアの日清焼きそばをご存知ありませんか?。オムツを買うことが多くスーパーにはなかなかいけていませんが、そんな訳で今晩は久々に出前一丁でして、日清焼きそばではなく、さっぽろ味噌ラーメンでもありません。


台風通過?現在の空
R0011183-S.jpg

PM7:30ちょうど7・12九州北部豪雨水害のドキュメントが
R0011198-S.jpg

そんな時間の夕食(出前一丁)
R0011178-S.jpg

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ