8月31日(水)

2011年8月が終わりました。
暑かった、日本一の暑さだったとか・・・・しかししつこい暑さではなく、ああもう晩夏・初秋です。

SORA ↓8/30
IMG51266-s.jpg

IMG51269-s.jpg

IMG51271-s.jpg
逆光で、撮っている時は風車には気が付いていませんでした。

スポンサーサイト

8月30日(火)

向日葵の咲く時期について
ひまわり畑ネットでは
家の近くの観光農園 花ひろば(愛知県)では見ごろが毎年6月上旬~11月中旬となっています。
一方の家の近く方保田東原(かとうだひがしばる)遺跡公園ヒマワリ畑(熊本県)では2011年8月上旬~8月16日(火)となっています。
向日葵の種類と植える時期により大袈裟ですが半年は咲かせることができるということが言えます。

たしかにここ数年夏とは言えない時期の向日葵を見ました。
2009.11.30
2010.09.24

でもやはり夏だろうと
IMG51272-s.jpg

IMG51286-s.jpg

ひばりカフェは休みでしたが
IMG51288-s.jpg
久しぶりにベーコンを買って帰りました。

8月29日(月)

介護認定審査の申請をしてきました。
「16項目のどれかがないと申請できないとありましたが?」
「あれは64歳以下の場合です」
「そうなんですか!」
少しは知らなければと思っています。

今年の1月19日(水)に頼んでいました時計のオーバーホールが出来上がりました。
DSCN1456-s.jpg
右の二つ約40年前です。

56GS(1971年4月製造)
DSCN1461-s.jpg
DSCN1468-s.jpg
修理後裏のGSバッジがなくなっています?

56KSクロノメーター(1972年3月製造)
DSCN1476-s.jpg
DSCN1480-s.jpg
引用ーー>
キングセイコー・クロノメーター、諏訪精工舎の56系機械を搭載しています。56系機械の初号機はロードマチックに搭載されたCal.5601A/5605A日付/5606A日付曜日。1968年から製造が開始された56系機械は、キングセイコー、グランドセイコーの2つのフラッグシップブランドにも搭載されました。また“公式”クロノメーターを取得した初めての国産機械です。第二精工舎の45系キングセイコー・クロノメーターも同年の規格取得となっています。
ロードマチックも準高級品の位置付けでしたので、56系は諏訪精工舎がセイコーの高級ライン向けに設計した機械だと言えます。マジックレバーを開発した諏訪精工舎ですが、56系機械の巻上げ方式はマジックレバーではなく切換車を使った歯車式を採用。新設計により機械の薄型化などを達成しています。
セイコーの高級腕時計については、グランドセイコーの機械は諏訪精工舎が担当、キングセイコーの機械は第二精工舎(亀戸)が担当と一応の住み分けはされていました。しかしブランドの共有化が進み、亀戸が設計した手巻44系、45系機械はキングセイコーと共にグランドセイコーブランドにも搭載。逆にこの56系機械は諏訪が設計し、グランド、キングの両ブランドに搭載された例となります。

56KSクロノメーターのリリースは1969年。初期モデルはワンピ-スケースで、ここで紹介する裏蓋式は後期に追加リリースされたものです。初期モデルに見られた裏蓋上の「KSバッジ」が見られます。またワンピースケースと裏蓋式とでは緩急機の構造が異なります。

「日本クロノメーター検定協会」が先の国際機関に認定、設立されたのは1968年。84年に解散するまで、国際機関から検査を公式委託されるという形で日本国内でクロノメーター検査を行いました。1968年以前に発売された国産メーカーの時計の中にも「Chronometer」表記のあるものがありますが、いずれも「国際規格」を参考に各社が独自認定したものです。これには国際機関からクレームがあったということ。なお、文字盤の「CHRONOMETER」という表記に「OFFICIAL CERTIFIED」と併記されているものは、『公式機関検定品』と考えて間違いありません(ただし公式機関の検定を受けてもOFFICIAL CERTIFIEDと明記しない製品もあります)。また、グランドセイコーなどは、ある時期よりクロノメーター規格より厳しい「GS規格」を独自に設けたことから、「CHRONOMETER」規格の取得には積極的ではなかったようです。
この「日本クロノメーター検定協会」では1968年にセイコーの製造部門「第二精工舎(亀戸)」が国産初のクロノメーター公式認定を受けています。後年「第二精工舎(亀戸)」は本場「ニューシャテル天文台」でも検定を受ける機会を得ます。ここで合格した機械を搭載した時計が45GS-V.F.A(亀戸製)として販売されました。
複数の公認検定所で行われてきた規格検定は、1973年から、現在の「スイスクロノメーター検定協会C.O.S.C(Controle Officiel Suisse des Chronometer)」に集約されはじめ現在にいたっています。これ以降はC.O.S.Cのみが同検定を実施。検定内容はムーブメントの大きさ別に姿勢差、温度差の測定を行い、規定の許容内の誤差であれば合格となり証明書が与えられます。合格した多くの時計は文字盤にChronometerの表記を入れています。ちなみに検定はケーシングされた完成品ではなく機械のみを持ち込み実施。現在は200ドル程度の検定費が必要とのこと。

バリエーションが豊富だった56KSクロノメーターの中でも、ここで紹介する7040系と言われるケース・文字盤を持ったタイプはいかにもセイコーのデザインらしく、凛々しい表情を見せてくれます。

<--引用終わり

5625-7040がそう言うことです。
そしてSPQR

ここでなんなんですが、今日は秋刀魚がやたら高くとても買えませんでしたが、こうなると是非食べたいと思ってしまいます。

8月28日(日)

3日連続午後から雨ただだんだんと雨の時刻が遅くなってきていますが、とにかく午前中はよい天気でした。

古代山城サミット山鹿・菊池大会プレイベント
平成23年8月21日(日曜日)が延期となり今日8月28日でした。
大宰府から鞠智城まで「烽火リレー」

10:15大宰府政庁跡烽火上げ
大野城跡(福岡県宇美町)
基肄城跡(佐賀県基山町)
朝日山(佐賀県鳥栖市)
十連寺公園(久留米市)
女山神籠石(福岡県みやま市)
セキアヒルズ
二城山(南関町)
米野山(山鹿市)など
約100kmをつないで
11:15?鞠智城で烽火上げ

USTREAMより
米野山(山鹿市)
n6r6s5-s.jpg

鞠智城(山鹿市)
noroshi1-s.jpg
予定より3分早く約一時間ほどでとどき時速100kmだったようで、10月7日(金)、8日(土)の古代山城サミット山鹿・菊池大会での本番に向けての予行演習でした。


秋に向けて大変気になっていますですよ



8月27日(土)

昨日と同じように午前中は夏空晩夏でした。

昨日の熊本伝統工芸館です。
IMG51223-s.jpg

IMG51213a-s.jpg

IMG51211a-s.jpg

今まで見たのは焼き締めが中心だったのですが釉薬物も何点かありました。私としては食事のお皿はつまみ系を除き焼き締めは合せずらい気がしています。特に生野菜。

8月26日(金)

午後から熊本伝統工芸館の古川さんの作陶展に行ってきました。

IMG51219-s.jpg

IMG51229-s.jpg

IMG51208-s.jpg

IMG51215-s.jpg

8月25日(木)

団体旅行計画の確認のために八女方面に出向きました。

巨峰ワイナリー
IMG51197-s.jpg

IMG51171-s.jpg

IMG51196-s.jpg

IMG51186-s.jpg

食事はしばらく待っていたのですが、限定メニューの売り切れ予想・結局待ちきれずに撤退しました。ただ他のところは休みの所が多く町まで出向くことになったしだいです。

ワイナリーの手前の建物 ↑ とJR九大本線の田主丸駅 駅舎 ↓ が似ているというより、共通点があると思うのですが
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%BB%E4%B8%B8%E9%A7%85
違いますね。



ついに

2011年8月24日
スティーブ・ジョブズからの手紙
Apple取締役会およびAppleコミュニティーの皆様
私はこれまで常々、私がAppleのCEOとして職務と期待に応えられなくなるような日が来たときは、私からまず皆様にお伝えすると申してきました。残念ながら、その日が来ました。

私はAppleのCEOを辞任いたします。もし取締役会が認めてくださるならば、取締役会会長、取締役そしてAppleの従業員として今後も務めさせていただきたいと思います。

私の後任には、継承計画を実行し、ティム・クックをAppleのCEOに任命するよう、強く薦めたいと考えています。

Appleの最も輝く、最も革新的な日々はこれからだと信じています。その成功を新しい役で見守り、また貢献したいと思っております。

私はAppleで、生涯で最高の友人と言える人たちと出会いました。長年にわたり、皆様と一緒に仕事をさせていただいことに感謝いたします。

スティーブ

8月24日(水)

まだまだ晴れると暑いですが・・・・伸びまくった草を刈りました。

夏の日の思い出
IMG50712-s.jpg
どういう訳か寒い時の写真が多い気がしますが・・・・。


またまた「夏の日の思い出」

そして「冬が来る前に」


何日か前に私の枕の詰め物のが出ましたが、SONYのミラーレス新型が出ましたが、Nikonは一眼系はなかなか出ませんが、いつ頃出るのでしょうか? なんと言っても最近外で写真を撮っていませんが・・・・ということで。

8月23日(火)

定例の医者行きでした。

DSCN1431-s.jpg

DSCN1429-s.jpg


8月22日(月)

退院後の診察でしたが予約の時刻から2時間弱の遅れ、やがて新機能(状況表示)が稼動するようですが運用が追いつくか見守りたいと思います。
現状、支払い窓口の場合は計算終了の番号表示がされても支払い実務にはタイムラグがあります。表示は計算されればコンピュターから表示されると思いますが、領収書発行や用紙の切断仕分けは人手の時間がかかるからです。

診察の場合は表示の更新は人手で進行とマッチングするのですが、多分電子カルテの更新が以前からやられていれば問題ないのですがシステム変更などあれば気になります。現状、前の方が終わられてすぐ呼ばれるので問題ないとは思いますが。まあ番号が表示されるだけでも待つ時間に何が出来るかはわかってきます。

DSCN1423-s.jpg

8月16日
IMG50715-s.jpg

IMG50752-s.jpg

8月21日(日)

この天気、夏も終ったようです。

IMG51082-s.jpg

新エネルギー覇権争奪戦を見て、スマートシティ以降のビジネスモデルで現在は電気(エネルギー)関係でデータをとり町全体をコントロールするということですが、HPは地球上センサーだらけにし何が起こっているかをつかもうとしていて(心拍数など)・・・・これ何十年も前にあった健康便器の延長だし十五年ほど前のポットや薬箱でもあるし、アイデアは新しくもなく技術が進歩し特にネットワークが進みリアルタイムで情報収集、ビジネスモデルとして考えられる状況になってきたことと、あなたはビタミンがたりませんというより、必用以上に食てませんか?とエネルギーのコントロールというベースからまずやるということでしょう。あれ以来電気も金さえ出せば何とかなる(ダアダア)というものではないと頭の中に入って来たのです。配給とか受給権とかは往き過ぎでしょうが、そうなると利用者は考えなくてはならないけど、逆にまた怪しい利権構造体に変身するか新利権構造体がでてくるのでしょう(利権構造体ビジネスモデル)。

8月20日(土)

炭水化物の多くは分子式が CmH2nOnです。
IMG50972-s.jpg

IMG50970-s.jpg

IMG50978-s.jpg

IMG50975-s.jpg

8月19日(金)

帰名した娘からの第一報が「洗濯機壊れた」でした。

蓮祭り各応募作品入賞者賞品発送でした(顔見知りの方が何人か)。
藤写真コンテスト他も計画しましょう。

16日天草
IMG50968-s.jpg

どういう訳かWindows7に挑戦しはじめました。無論OSX10.7 Lionにも挑戦中です。

8月18日(木)

本日、空から陸から帰名いたしました。

IMG51136-s.jpg

IMG51144-s.jpg

IMG51145-s.jpg

IMG51154-s.jpg

まるで火の消えたような寂しさであります(とぜんなかです)。

8月17日(水)

夕方、突然「815系のプゥン(ドアの開け閉めの直前に鳴る音)を聞きたい」とかなりマニアックなことを言い出しました。

そして熊本行きを決行しました。
IMG51108-s.jpg

IMG51111-s.jpg

そして黒(817系)に乗りたいと
IMG51124-s.jpg
それは次にしようと・・・・

帰り815から九州横断特急を見る
IMG51131-s.jpg

今回、JR東海313系からN700のぞみ、N700さくら、800系つばめとJR九州在来線には乗ってないことのなせる所業のようでした。
そしてJR東海キハ75から最新の313系電車ベースのキハ25の話をしておりましたが、ついて行けずにふぅ~んといって感心しておきました。私は国鉄キハ80系で止まっています。

8月16日(火)

イルカ・ウォチング
IMG50744-s.jpg

IMG50767-s.jpg

雨の間隙をぬって
IMG50988-s.jpg

IMG51049-s.jpg

IMG51085-s.jpg

8月15日(月)

山鹿灯篭祭り初日ですが昨日に続き時折雨が降りました。(花火は決行されました)

14日夕方焼けました
IMG50632-s.jpg

15日相谷の雨蛙(トリミング)
IMG50663-s.jpg

15日新玉名駅帰省風景
IMG50667-s.jpg

IMG50679-s.jpg

さくら弁当の容器、ドクターイエローきしめんは後ほど貼る予定です。

16日午前7:05です↑の写真の日付けは01でなく08の間違いでした。ガクッ。

さくら弁当容器、ドクターイエロー・カレー・きしめん
x10815.jpg

8月14日(日)

久々の雨爽やかではありますが、あいにく納骨堂公民館の掃除の日でした。

昨日同窓会の写真を頼まれました かってにぺったんします。
IMG50613x1a-s
私は5~6名の方しか存じ上げませんが、同じ年代でして見た目若か!という方や先生とさほど変らない方などそれぞれの年を重ねておられますです。

人生の扉


8月13日(土)

しかし暑いです。

履物に関して思うこと。滑りにくい履物でつまずきやすい床。

ここでは何度もつまずきかけましたが
DSCN1420-s.jpg
ケー○デンキの床も滑りにくい履物ではつまずきやすい床だと思います。

歩き方が悪いのでしょうか?

8月12日(金)

本日退院いたしました。
すぐに主治医の所へは行けないだろうと既往症の薬を手配して下さったのですが、届くまでに1時間30分あまり待つことに結局昼を回ってしまいました。

待つ間にこそっと
DSCN1397-s.jpg

DSCN1401-s.jpg

市役所にて
DSCN1421-s.jpg
いよいよ祭り目前です。

8月11日(木)

明日(12日)退院できることになりました。

午後の新玉名駅
DSCN1364-s.jpg

DSCN1368-s.jpg

DSCN1371-s.jpg

DSCN1380-s.jpg

8月10日(水)

しかし暑かったです。

診断書の記入を看護士詰め所に依頼にいったら受付まで行って申し込んで下さいと・・・・ある方に聞いたら「執刀された先生は通ってこられて診察されているにもかかわらず、その件は手術した病院まで行って下さい」とのことで、実務と事務方の隙間がありワンストップ・ショッピングできない状況です。方針かシステムの模索中なのかとにかく、愛想はいいけど内・外と閉鎖的で病院の機能と思える部分の患者負担と結果がでるまでに時間がかかり過ぎるようで、まあこれが普通かもしれませんが以前との落差を感じるのは私だけでしょうか。

少し遅くなったのとあまりの暑さに夜は外食(ラーメン)にしました。

昨日
DSCN1317-s.jpg

CHIRS BOTTI
DSCN1313-s.jpg

Emmanuel


8月09日(火)

ぼちぼち退院を視野に進めています。

最近メモ帳を手にしていなかったために、なんだかんだやることを忘れています。
やることが複数あると数に比例して忘れる事が当然増えます。やることをやっているとやることがどんどん増えて、連鎖的に忘れも増え結果的にマルチタスク・マルチスレッドには限界があり、この歳になるとシングルタスクかせいぜいダブルタスクぐらいにしないととんでもないことになります。多分メモではすまない領域での忘れがとんでもないことに繋がる気がしています。
料理をしながら洗濯をしながら歯を磨きながらメールを読みながら電話がかかってきて洗濯終わりのブザーを聞いたとたん電話を取りながら洗濯物を干さなければと思いながら電話はセールスだったりすると焦げています。

ラベル印刷を頼まれていたのを忘れていまして(メモしていなかった)請求の電話があり、用紙の調達からもどり夕食準備の前に少し印刷しておくかと印刷を始め、あまりにも暑いのでこの際JAZZでも聴くかと聴きながら印刷を確認していると、聴くほうに夢中になり夕食の準備を始めようかと時計を見たら9:00でした。ぶらぶら美術館で青木繁をやるので必ず見るぞと思っていたのに忘れた(録画予約もしていなかった)という残念な結果で、忘れの連鎖した。

DSCN1321-s.jpg

DSCN1339-s.jpg

DSCN1330-s.jpg


炭水化物の多くは分子式が CmH2nOnです。脂質です。
DSCN1293-s.jpg
今まで同様何の意味もございません。

8月08日(月)

資源ゴミの当番で朝早いにもかかわらず、汗ダクで一定量かくと止まりますが汗をかき過ぎる気がします。いや暑いだけか?
病院に行くと寝てなくて座っていました。「なったけ歩かなんたい」と言っております。

今日の夕食
DSCN1287-s.jpg

昨日、区役の時K先生に夕食に誘って頂きました。そして帰りにはさらに ↑ 鮎他をいただきました。

その時「昔は網から鮎ばはずすとがせからしゅーして網ごと持っていてもろたたい」そんなに獲れたらしい。
「近頃は獲れんことの多か水のようなかごたる」と・・・・。

夕方仕度をしながらTV見ていると、外来種(養殖用で輸入した物や飼いきれなくなって逃がした物が)により本来の生態系が破壊(鰻や鮎漁が成立しない)されつつある。

食べながら「奥只見 巨大イワナの棲む山(前編)」「またぎ」の方がとにかく自然の恵みで生かされ自然に感謝している昔からの姿があり、一方ではイワナは乱獲での絶滅の危機そこで開高 健らが保護活動を行った。

開高 健の白いページに 「人間が一歩前進すると、自然は二歩後退する」 と。

8月07日(日)

↓今日は同級生の母親は遠隔監視装置(脈拍・他?)をつけ同室に戻ってこられており、そして「○○さん(母親の名)な退院さしたばい」と言われていたそうです。

8月2日臼杵で
カボス麺
IMG50395-s.jpg

やせうま
IMG50394-s.jpg
です。
同行者は「べろだご」と私は「きしめんきな粉まぶし」と

8月06日(土)

同級生の母親が別の病室に移られました。先回「ちょっと水ば飲ませち」と言われるので飲ませていましたが、今日の朝は水が喉に詰まって大変なことだったらしいのです。その結果の対応と思われます。

蓮園視察の帰路(08.05)
IMG50526-s.jpg

帰ってきてホームグランドで(08.05)
IMG50580-s.jpg

IMG50584-s.jpg

IMG50585-s.jpg
起承転結(蕾からハチス手前まで)

狭いなりに繊細ですか・・・・。

8月05日(金)

「たまには、蛙井戸の外へ出る2回目」とAM3:00に起き多久の聖光寺、唐比の蓮園に出向きました。

唐比の蓮園(諫早)
IMG50490-s.jpg

IMG50487-s.jpg

IMG50495-s.jpg

IMG50463-s.jpg
広大な敷地にセンターゾーン・自然観察ゾーン・自然体験ゾーンと分けられ自然体験ゾーンに蓮園約2haが展開されています。普段はもう花は終わっているのですが、今年は水害などにより花が一ヶ月遅いそうです。
ここは広大であるがゆえおおらかに見えたのですが、お話を聞きしっかりした育成技術を感じられました。



病室の窓から
DSCN1276-s.jpg
↓今日は網戸をさけ左側を拡大。

8月04日(木)

しかし暑いです。

爺様蓮咲かそプロジェクト発足か

病室の窓から
DSCN1241-s.jpg
網戸~がしっかり写りました。左側に娘たちが生まれた病院があります。

家の窓から
DSCN1245-s.jpg
麺をゆでた後・・・・台風の影響か少し風が吹いていました。

夕食
DSCN1267-s.jpg
一応、冷やし中華でした。

8月03日(水)

一人で定例の熊本の病院行きをしましたが、「一週間寝とっと動き出すのがたいぎゃおおごつじゃけん、足ばちっとでん動かしよかなんばい」と「はぁ~ちいった歩きょらすです」。

入院先に戻ると一人暮らしの同室の方が退院されるらしく、行政の方が介護保険がらみで今後についてヒヤリングにみえていました。耳が遠い方で大声になりどうしても聞こえてしまいますが、「ケア・マネージャーの方がお話を聞きに行きますので」「ケア・マネージャーてなんな?」「今後の生活について計画をたてるのです」「この歳で一人暮らしで、何の計画のいろかい」・・・・息子が名古屋にいて「なんかちょっと帰ってくったいていよらしたばってん」・・・・話がガッテンできる人(通訳)がいないと訳がわからんですね(仕組みの説明、工程、計画立案、実施)。

臼杵 深田の蓮畑
IMG50406-s.jpg

IMG50320-s.jpg

IMG50339-s.jpg

IMG50360-s.jpg

期限切れうどんで夕食
DSCN1235-s.jpg
一人暮らしをして思うこと、ほとんど購入するものの入り数・容量・目方がなどが多すぎ、そればっかり食べ続けるとか、腐らせて捨てるとかどうもマッチしません。加工しても冷凍庫の中にたまるだけで、どうも多すぎるので最小単位で販売できないものでしょうか?。結局カット野菜とかの方が無駄がなく安く付く気がしてまして、結果外食が多くなったりするのです。
不良在庫を減らす所要量計算、購買計画など意味がなくなるのです。ようするに炊事未熟なのですが・・・・。

8月02日(火)

「たまには、蛙井戸の外へ出る」とAM3:00に起き臼杵の蓮畑に出向きました。第一印象は咲き振から管理レベルが結構高いと思ったしだいです。
大雑把な体制と栽培技術について石仏入場管理の方からお聞きすることができましが、観光客誘致や減反などの対応策立案から特に運用体制まで含め強い意志があるのではないかと思われます。おそらくいろいろな事があり試行錯誤の結果なのでしょう。

深田の蓮(臼杵)
IMG50284-s.jpg

IMG50312-s.jpg

IMG50318-s.jpg

石仏
IMG50382-s.jpg

IMG50386-s.jpg

やっと作った親子丼
DSCN1227-s.jpg

プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ