あと二日

蓮祭りも後二日になりました。蓮の花はしばらくありそうな気配です。

山鉾巡行辻回し(2004.07.17)
L1020405-S.jpg
最初に祇園祭りを見たのは半世紀ほど前で、まだ市電やトロリーバスが走っていました。長い竹ざおで架線を持ち上げているイメージが浮かぶのですが、そんなものでは役に立たない気もします。はたして祇園祭だったのでしょうか?

今年弟が行ったようですが、夜店に「カメすくい」があったそうです。
20100716kamegion.jpg
たぶん日付け(年)は違ってます。山鹿灯篭祭では「カメすくい」どうでしょうか?
スポンサーサイト

今日の蓮 29

朝雨でした。好機とばかりに、ところが持って行ったレンズが間違って高倍率ズームでこりゃいかんでした。

そんな訳で
IMG82018-S.jpg

IMG82021-S.jpg

ある方が撮られたネジバナ
toyo022-S.jpg
まっきんさんもコメントされていますがネジバナ・・・・これを撮られた方は稀少植物だから「刈払機で切ってしまったらいかんですよ」と言い残されていかれたそうです。公園を管理されている方は「アッチコッチどしこでんあったい」と、確かに蓮祭り前の一斉清掃では「どしこでん」あったようです。蓮池の土手は刈払機が入り、物産館裏の土手も刈払機が入り、古墳の周りはちょっと見ただけではわかりませんでした。

引用ーー>
ネジバナ小型のラン科の多年草
生育環境
ラン科ではめずらしく、芝生や土手、都市公園等の人間の生活圏に近い所で普通に見ることができる。この為、ともすれば花の綺麗な雑草として扱われ、芝刈り機で刈ってしまわれる。他方、その花の可愛らしさから、昔から愛でられ、愛好家主催の展示即売会等で、山野草として販売される事もある。昭和の終わり頃、当時の野性ランブームの中で管状の葉や斑入りなどの変異個体を収集するのが流行したが、後述のように単独栽培や株分けによるクローン増殖が困難なこともあって、ごく一部を除いて保存されていない。
栽培に関して
庭園の芝生などに普通に見られ、サツキや他種の山野草を植えた鉢に落ちた種子から発芽した株が非常に強健に育つにもかかわらず、ネジバナ単独で鉢植え栽培をしようとすると、栽培がかなり難しい場合がある。
ネジバナの根は菌根となって菌類と共生しているが、ネジバナに共生する菌根菌として知られるもののひとつは、植物遺体を分解して生活する担子菌の Tulasmella calospora であり、これは不完全菌 Rhizoctonia の完全世代のひとつである。

<--引用終わり Wikipediaより
菌根となって菌類と共生している・・・・不完全菌の完全世代 なんだか難しそうですが雑草の中にあるからよさそうですね。

久々の雨

バイト後、溜まった用事をすませ古い本を引っ張り出しました。ネット上で誘発され再確認というか、雨の日には落ち着いて何かを思い出すためにでもあります。

IMG82011-S.jpg
1984年11月発行「装飾古墳紀行」
500mにわたって連なる高さ30mの絶壁に、118基の墓室が口を開く長岩横穴群(山鹿市志々岐長岩・小原)では、中の六基に浮き彫りがある。その代表が108号墓と、それに接した109号である。マムシに注意、とおどされながら民家の背後に迫る断崖の下にでた。黒い墓室の入り口上部に彫られた巨大な人物像。大手を広げた姿があらあらしいまでの力で迫ってくる。左側には大小二個の靱。そしてさらに、これも堂々とした二枚の盾が並ぶ。だが人物も、靱も、盾も、図像がここでは崖を横にえぐった深い溝によって、その下半分をうばわれているのである。これは江戸時代、この横穴を利用して納屋か何かを作るために崖に溝をほり、そこに廂をかけたけっかである、という。人物像の両乳の部分が深くえぐりとられているのは信仰によるものだ、とも伝えられる。・・・・略・・・・これらの横穴が築かれたのは6世紀後半から7世紀にかけてのことであった、とみられている。とすれば、それより時代のさかのぼるチブサン古墳や臼塚古墳の石室に同様の大の字形をした人物像が描かれているのと決して無縁ではないだろう。
また、長岩横穴に彫られた見事な盾などは筑後国造・磐井の墓とされる筑後の岩戸山古墳(福岡県八女市)出土の石製の盾と深い共通性がある、と指摘する意見もある。阿蘇凝灰岩から彫り出したこの石人石馬とよばれる石造物の分布は筑後から肥後、豊後にわたっている。      新潮選書「装飾古墳紀行」玉利薫 著より


1993年4月発行「現代建築の50人」
電子的多様性 情報化時代の建築とは何か
絶対零度の真空
いつのまにかわれわれの身のまわりに、不可思議な空虚感がひろがっている。それは単に虚しいとか、意味が欠如しているといったようなオプティミックスな空虚感ではない。もっとも本質的で、深刻な事態である。そこには上とか下とか横とか前後といった方向性がない。力学もない。重力も質感も、匂いも差異もない。たとえばそれは完全にプログラミングされた実験室だ。そこではすべてのことが予定通りに運んでいる。予定以外の問題は発生しないし、発生する余地がない。
そうした一切のセンチメンタリズムを不問に付してしまう強度を持った空虚、言ってみれば絶対零度の空虚とでもいうべきものが、いまやわれわれの意識に浸透し、われわれを揺さぶりつつあるのだ。
はじめもなく、終わりもない世界。もっといえば終わりを超えた「終わり」の世界が、不気味な速さで拡張しつつあるとでもいえばいいだろうか。

今日の蓮 27 とりあえず

本日はほとんど撮影していません。

これだけ
IMG81997.jpg

ところで今日は玄○竜○さんが撮影にこられていました。スポーツドリンクを購入される時に失礼ながらストラップを見てしまいましいましたが、玄○竜○さんのウエポンはC社のフルサイズでした。撮影姿をはじめやはり立ち振る舞いが、そこらの無論私を含むカメラオヤジ、カメラオバハンとは違うなあと感じましたが、姿勢のよさそしてなにかしら品がありますです。
竜のphotoroom(ryuuさんのサイト)に掲載されています。

取水口マニア(USO)の一枚
IMG82006.jpg
バイト後、T さんが例のカレー屋さん(リナックスカフェさんに紹介いただいた)に行きますか?と宇城へ、
店の名はサンジ(SANJI)で、初心者につきおすすめランチに・・・・なんとなんがでかいのです。そして食事をしていますとなんとリナックスカフェさんが登場で!なんで?・・・・中華の店が一杯でここへ・・・・なんて。
T さんの霊感が強いのか、なんぼなんでもこんなんほんとにあるんかい!?状況でした。(なんはなんかい)

その後、人吉の窯元を目指して・・・・が、見つけられませんでした。

今日の蓮 26

蓮祭りも終盤ですが、比較的近いところに美しく咲いています。

IMG81989-s.jpg

IMG81963-s.jpg

IMG81972-s.jpg

IMG81952-s.jpg

IMG81954-s.jpg

IMG81982-s.jpg

IMG81983-s.jpg

昨晩電話が・・・・「新幹線の工場に行ったよ!」「300系の運転手になったよ!」と、結構というかそうとうにはまっているらしいのです。余談ですが、この工場40年弱前に卒論がらみで私も行ったところのはずなのです。
それはともかく、帰熊するにあたり500系に乗りたいとのことで、とりあえずムーンライト長良で・・・・と計画中のようです。それで「九州の列車のような本を買っといて」「絵本程度の」「とんでもない一般の」と熱い夏になりそうです。

ハックルベリーエクスプレス<--何度でも登場ですがとても好きなコマーシャルなのです。

今日の蓮 25

めまぐるしく状況が変わっています。6時15分に店を開け8時前に撮りに行きました。

なんか変
IMG81915-s.jpg
水滴これはと思う花はやられていました。

IMG81919-s.jpg

IMG81938-s.jpg

IMG81942-s.jpg
携帯、コンデジで撮られる方のほうが、あるがままに撮られてるように思います。私は被写体そのものに手を加えるのは好きではありません。まして葉を折るなど来てもらっては困ります。
何年か前ハッセルで撮られていた方が、霧吹きと自然の水滴の違いはすぐわかると言われてましたが、確かにもっと自然の水滴を見ろと言いたいですね。安易過ぎる気がします。

小代焼岱平窯

暑くわぁ~!(危険な暑さです)

少し前に寄って見ました
IMG81841.jpg

ゼーゲル錘
IMG81837.jpg
熱電対とゼーゲル錘で温度管理ですね。
年間6回ほど窯をたかれるそうで、この日も成形されていました。登り窯は4室で一番上が素焼きに使われてるそうです。

昔読んだ本に、日本は自動販売機の数世界一、自動ドアの数世界一などありましたが、陶芸にかかわっている人が100万人とかだそうで、百人ちょっと集まれば一人はいることになりますね。

柳川3

柳川観光案内所だかにありましたセルフサービスカフェシステムです。

IMG81865-s.jpg

x120100722abc-s.jpg
時間が結構かかります。左のカップにコーヒーが抽出されるまで、一番右にあるお金の投入装置にお金を入れることができないという、きちんとしたリンクのうえに成立しています。自動販売機での豆の移動、粉の移動を人間が行う、ユーザー参加型のゆるーい装置で今のご時世ビックリいたしました。
(お金をある装置に入れ、豆を選びカップ入れミルに移します。挽いた粉をカップに入れ抽出機に移します(装置数4台))

おもわず聞いてしまいましたが。ここに導入された時は九州で4台目だったそうです。装置特許、ビジネスモデル特許などきちんと押さえられているようです。

私としましては、こんなわざわざ時間をかける装置を見るとなんだかうれしくなってしまいます。「山本譲二公認 山本譲一」もいいけどこれもいいです。柳川で二回ニンマリです。

横にはありきたりのカップの自動販売機があり、これがスピード対応でなく差の面白さを狙って置かれたのであれば最高なのですが。
二装置の味をくらべて、よくわからんけどわざわざ感が美味しく思える気がする、たぶんそんなものなのでしょう。
味は主観ですから主観の主の前書き本文後書きなどで決まるのではないのでしょうか?今日も暑く汗びっしょりビールが旨い!とコタツで鍋の時のビールが旨い!どちらが旨いか客観的には説明できないのです。客観的にはどちらも旨いはずなのです。

IMG81858_20100723190618.jpg

IMG81860_20100723190629.jpg

IMG81869_20100723190641.jpg

柳川2

ここ二日ほど気になる事(他人からみればきわめてどうでもよい話で、イライラするようなことであることに疑う余地は一切ないことは明らかであります)があり丑三つ時活動をしています。

ちっとも早くない話が DVD-RAM DVD-R DVD-R(2層) DVD-RW DVD+R DVD+R(2層) DVD+RW CD-R CD-RW ・・・・さらにブルーレイなどの、ドライブ、メディアの関係がわからないことに起因する不眠症状による、丑三つ時実験活動で、昼間が当然といえば当然ですが異常なくらいに眠いのです。

まず「2層メディアをセットしなさい」と2層に引っかかり2層メディア(正しい理解のないまま)を購入しライトするもエラーとなり、悔しさの余り今朝ドライブを購入しました。これまた選択に困り 安い、普通、高い となるとだいたい大方の予想どおり普通に落ち着くのであります。安いと不通の関係は性能的なものでなく、造作と同梱ソフトの違いで、高いのはブルーレイ対応のようでした。

丑三つ時 すこし過ぎれば 夜明け前

夜明茶屋(柳川)<--クリックで飛びます。
IMG81851.jpg

IMG81855.jpg

IMG81856.jpg

IMG81854-s.jpg
夜明茶屋で「山本譲二公認 山本譲一」このポスターを発見した時 ほくそえんでしまいました。頭に浮かんだのが「なんじゃこりゃビジネスモデル」。

このあと世界初のビジネスモデルを発見することになります。

ひょっとしたら続きます。

柳川1

T さんパソコンデスクに歪みが出たようで・・・・大川の例の家具屋さんへ・・・・道中の柳川にて

IMG81848.jpg

有明海の魚介が
IMG81863.jpg

もしかして続きます・・・・。

今日の蓮

怒涛の三連休、三連休の余波、今日は少し写真を撮れました。

IMG81795.jpg

IMG81775.jpg

IMG81807.jpg

ドンドンドドドン

働きずくめのバイト先M氏がちょいと非日常で楽しもうかと・・・・ほんならと行ってきました。

DADAN
x120100720.jpg

鼓童「打男 DADAN」 Kodo "Dadan"<--クリックで飛びます。

ホームページより公演予定を見ますと、備考に「未就学児のご入場はできません」とありまして、ようするに鼓童ですが鼓動でリズミカル雷です。雷経験が浅いと入場できないのです(実際は90分ブッツヅケで移動入退場出来ないからだとは思いますが・・・・)。
雷に勝とうとするその必死さにあきれかえり、スリコギでその辺をたたきまくりたくなる衝動にかられます。かといって終演後ゲームセンターには走りませんでしたが、PCソフトは検索してしまいました。ところで三日ほど続いた夕立、今日はまだありません。

知らなかった八千代座に冷房が入っていたので驚きました。

暑い・なにしろ暑い

真っ先に口にでるのが「暑い」になりました。
今までかなりの確立で一撃必殺であったゴキブリに逃げられ、どうも暑さに対応できてないような気もしています。
一昨年の熱中症事件のこともあり、ついに午後8時55分頃禁じ手エアコン、いやなるべく禁じ手にしていたのですが試験運転と称し電源を投入いたしました。

山鉾巡行(2004.07.17も暑かったのです)
L2101020434.jpg

霧ヶ峰
FH0400232010.jpg

午後9:00頃より、山鉾巡行から霧ヶ峰ムーブアイによる霧ヶ峰状態、しかし午後11:00には霧ヶ峰を離れました。
ちなみに今昔田舎亭では、エアコンのスイッチをONすることを「霧ヶ峰をする」「霧ヶ峰に行く」と言います。(真っ赤なUSO)

玉虫

玉虫色 解釈のしようによって、どちらとも取れるあいまいな表現。
とは違いますが、聞きようによってどちらとも聞こえるようなしゃべり方で事は起きました。後でわかった事ですが、この事は再現性があるようで、同音意義語のような似音異所?であるということであります。(業務上具体的表現はできません)

今日発見されました玉虫
IMG81752.jpg
玉虫色、玉虫厨子、平成プロジェクト、法隆寺などなどなにかとうかんできました。

今日起こった事、玉虫の発見、そして玉虫色の論理の飛躍に、加齢と最近の若干の疲労を感じざるを得ません。

天敵の鳥類から身を守るため、鳥の怖がる色の変化、金属のような光沢をしていて、死んでも色が変化しないため玉虫厨子の装飾に使われていたようです。
平成プロジェクト<--クリックで飛びます。「蘇る玉虫厨子」の映画を作っています。

後の祭り

「梅雨明けしたとみられると」と発表されたようでいよいよ祭り本番です。

引用ーー>
時機を逸して意味がないこと、手遅れなこと。今さら悔やんでも後の祭りだ!という具合に使う「後の祭り」とは何のことなのだろうか。祭りの後ではなく、後の祭りとするのは、そう呼ばれる祭りがあるから。
日本三大祭の一つに挙げられる京都・八坂神社の祇園祭。7月の約1ヶ月にわたる祭りの中でも一番盛り上がるのが17日の山鉾巡行で、豪華に飾られた山や鉾と呼ばれる山車が繰り出す、これが「前の祭り」。一方24日に行われていた山車を神社へ返す行事が「後の祭り」と呼ばれ、前の祭りと違って豪華な飾りはなく地味なもの。そこから手遅れになることを「後の祭り」という。
現在は後の祭りも山鉾巡行と同じ17日に行われ、24日には山鉾の古い形態を再現する「花傘巡行」が行われており、華やかなイベントとなっている。

<--引用終わり
後の祭りは準備不足を原因とすることを含めるとなにかと多々あります。そして後の祭り「花傘巡行」を知ることになったのは2007年7月16日宵山雨の京都でした。

自然がもたらす後の祭りはいずれ・・・・。

Chris Botti in Boston
R30012471.jpg

R30012477.jpg
本日届いてました。時間がなく、いやじっくり聴く余裕がなく一曲↓だけ聴きました。
CHRIS BOTTI IN BOSTON "Emmanuel" w/ Lucia Micarelli<--クリックで飛びます。
ヨウツベと音はちがいますが。

お盆

お盆ですが、特別に来客が予定されているわけではありませんので、定例の医者行きをしました。しかし帰宅してしばらくするとお盆のお客様がみえましたが、もう少し遅くなったらアウトでした。・・・・確か昨年もこんなシーンがあったような気がしております。

昨日のやたら雨
IMG81741.jpg

今日の夕焼け
IMG81746.jpg

なんと21時過ぎ写真集が届きました
R30012451.jpg
今日のは像の二冊(Nick brandt)ですが、アフリカ(Sebastiao Salgado)は今年の初めに入手しましたもので、今回値段をみると32k以上でビックリしました。また中古で7kから50kとなんだかよくわかりませんです。

写真はスゴイ・ビックリです。

降る降る

凄い雨が降ります。大変降るのでついつい畳語(じょうご)になり「降る降る」「ほんなこて降る降る」と表現されるほど降ります。
てなわけで担当の方が揃われたのでバイト先を切り上げてきました。


IMG816444.jpg

IMG816544.jpg
HAさんが「蜂のくっとボチボチひらくもんな、どーしわかるもねろ?」と・・・・AM7:00には完璧に開いていました。
上段はホワイトバランスをさわっています。

雨が突然降りだします
IMG81692.jpg

IMG81685.jpg

IMG81727.jpg

HAさんが「ぎゃんたはじめちみた!」
IMG81638.jpg
私「なんかおかしかばい!」

有田

Tさんが「しん窯」にと、先だってバイト後行ってきました。

有田ポーセリンパーク
IMG81479.jpg

IMG81493.jpg

しん窯(青花)<--クリックで飛びます。
IMG81507.jpg

IMG81510.jpg
しん窯さんは「何も隠しはしませんので写真も撮って結構です」とのことでした。
生地整形素焼き品の写真ですが整形方法が全然違います。上はロクロで下は型です。すなわち上は粘土、下は泥漿(粘土)を石膏型に流し込み、石膏に水分を吸わせるため時間をおき、型をはずし生地を作ります。


PS:現在速出てくる建築としての県立装飾古墳館について記載されている本です。
R30012437.jpg
「九州・沖縄を歩こう!」にはくまもとアートポリス構想の功罪というコラムもありますが、久々に近場の玉名天望館に行ってみるのもいいかもしれません。今やパワースポットでは?。

間隙をぬって

朝のお客さんの少ない時に間隙をぬって・・・・。

プロローグ
IMG81526.jpg

メインのはずが
IMG81592.jpg

IMG81546.jpg

IMG81552.jpg

IMG81551.jpg

IMG81563.jpg

エピローグ
IMG81580.jpg

早朝の何枚か

久々の天気で午前5時より様子を見に、すでに何人もの方が来ておられました。

ブレてます
IMG81410.jpg

IMG81413.jpg

IMG81419.jpg

IMG81430.jpg

IMG81467.jpg

CD

最近、音楽に接する場面がどうもネットというケースが多いのです。

CHRIS BOTTI IN BOSTON
IMG81387.jpg

CHRIS BOTTI IN BOSTON "Emmanuel" w/ Lucia Micarelli<--クリックで飛びます。
ひょっとするとはまるかもしれません。

久々にネットでCDを発注してしまいました。高ビットレートのダウンロード購入は未だ未体験であります。

今日の何枚か

バイト先、早出の方が居られましたのでちょいと撮ってきました。

IMG81308.jpg

IMG81334.jpg

IMG81337.jpg

IMG81339.jpg

今日の早朝は、天気も悪く人も少なく考えようでは出来栄えは別にして好機(いまのうちに)でした。

苦節約五週間程度

昨日バイトから戻ると「○○さんのきなはったばい」と、そして「なんべんでん電話するばってん繋がらんけん来たたい」と「また電話のおかしかっじゃろ?」・・・・。

VoIP装置のVoIPランプが消えています。電源の再投入でも復活せず、コールセンターへ電話しました。
あの~ルータもどきとVoIP装置交換していただいのですが、また電話繋がらないのですが・・・・。かくかくしかじかでARPテーブルがおかしいようにみえるのですが・・・・「すぐ伺います」「いえ出かけなければなりませんので明日で」そして今日でした。

今日バイト先に登場しました
R30012398_s.jpg
写真ではわかりにくいのですが、まるっきり柿にしか見えないトマトです。誰が見ても柿にしか見えないトマトの方は、写真を撮ろうと思った時にはすでにスライスされ、その後夕食で胃袋のなかに消えました。

短時間でバイト先から戻りキャリアCEの方を待ちました。CEさん到着後まず光レベルの測定で問題なしで、次にすべてのケーブルを引っこ抜き電源を落とし、順次立ち上げ、これで電話は復旧しました。昨日と違うのはケーブルをすべて引っこ抜く工程です。

いよいよデータ系ですが、構成はルータもどきからスイッチングHUBパソコンと繋がっています。あとルータもどきにWiFiのアクセスポイントを繋いでますが、これはVoIP装置からなるべく離した方よいそうです。

発生する状況( T社のパソコンを立ち上げていると、F社、N社、A社はネットに繋がるのですが、T社のパソコンを立ち上げていないとF社、N社、A社のパソコンは接続不能となる)を再現させ、スイッチングHUBの電源を落とし放置、電源投入するも現象がでます。よって単独接続不能パソコンをルータもどきにダイレクトに接続しネット接続を確認OKとなりました。ここでローカル(自営)設備の問題であることが確定したので、「ばかHUBの方がよかですよ」とCEさんは撤退されました。

「今時ばかHUBがありますか?」「電気屋さんにあっでっしょ!」てなわけで、何箇所かの家電量販店を探しましたがやはり今時でした。店員さんに聞いても「はぁ~?」ってな感じで、ではどうするかと、家に着くまでにはDHCPをやめる方向でと、きわめて大袈裟に考え抜いていました。

家で固定アドレスにするのはどのパソコンがよいのか?すべてのパソコンか?わからなくなり、もう一度A社(アップル)をのぞくT社、F社、N社の定義に違いがないか調査をしてました。
そしてあることに気がつきました T社のパソコンだけはシャットダウンさせてもNIC(ネットワーク・インターフェース・カード)には電源が入っている(HUBのランプは点いている(リンクビート?、ハートビート?している))ようなのです。
やはりARPテーブルの辻褄が合わなくて、ぶつかる?、届け先不明?などが起こっていたと思われます。

とにかくT社のパソコンをHUBからはずし無線でアクセスさせてみると、目論見通りの接続となりました。ただMSネットワークスのファイル共用の確認がまだとれていません。

T社のパソコンはノートですが、シャットダウンさせてもNICに電源が入っているので、電源(節電)設定をなどを見てみる必要があると思ってます。

思案思考試行中に
R30012388_s.jpg

長い間の懸案事項に具体的な先が見えた気がしております。

蓮 ほか

バイト先の蓮・ほかを久ぶりにコンデジで撮りました。まだ花は少なめです。

R0012353_s.jpg

R0012356_s.jpg

R0012358_s.jpg

R0012362_s.jpg

R0012364_s.jpg

R0012367_s.jpg

R0012374_s.jpg

たらおさ

今年も速くも半年過ぎてしまいましたが、バイト中に造形的に非常に気になっておりまして(Tさん曰くBlogねた)、ついに本日入手しました。

タラオサ(鱈の胃)
R340012350_s.jpg
霧島酒造株式会社「九州の味とともに」<--クリックで飛びます(サイト内の映像を)。

約半数の方は「なんね?こりゃ」でしたが「こら美味かたい」と認識されている方も・・・・

鱈の干物系では学校の弁当のおかずでの塩鱈でしたが、他に母親は金槌でたたいて、水に漬け柔らかくして、炊いて食べていたがこれは違うと、おそらく食べていたのは身を乾燥したほうだと思います。魚屋のおおおかみは「身の方は歯に詰まるですもん」と料理工程に金槌技を省かれているのかもしれませんが、冷凍、冷蔵の保存技術の一般化がないころの食材、食べ方なのでしょう。

そんなことでヤッホーしてみたのですが、鱈の胃日田あたりでよく食されているようです(日田地方ではお盆に各家庭の食卓に上る郷土料理)

どういうわけか急に夕方塩鱈を買ってしまいました。久々で旨かったのです。

上記ページの霧島酒造株式会社「九州故郷うまいものマップ」<--クリックで飛びます。
プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ